PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【母乳育児を頑張るママへ】産後ダイエットで痩せない時に見直すべきこと

ALLジャンル

赤ちゃんのお世話に奮闘する毎日、なかなか思うように体重が落ちなくて悩んでいませんか。

産後ダイエットの成果が出ない場合、理由があるんです。

でも、ちょっとした工夫で状況は変えられます。

今回は、産後ダイエットで痩せない時に見直すべきポイントと、母乳育児中のママに優しいダイエットのコツをご紹介します。

健康的に、そして赤ちゃんにも影響を与えずに産後の体型を戻す方法を一緒に見ていきましょう。

母乳育児中のママが産後ダイエットで痩せないのはなぜ?

産後ダイエットに励んでいるのに、なかなか体重が減らない。そんな経験をしたママは多いのではないでしょうか。

母乳育児中のママが痩せにくい理由には、いくつかの要因が関係しています。

ここでは、その主な原因について詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスの変化

出産後の体は、ホルモンバランスが大きく変化します。

特に、母乳の分泌を促すプロラクチンや、女性ホルモンであるエストロゲンの変動が顕著です。

これらのホルモンの変化は、体の代謝にも影響を与えるため、ダイエットの効果が出にくくなる一因となります。

また、ホルモンバランスの乱れは体温調整機能にも影響し、体が冷えやすくなることがあります。

体が冷えると代謝が低下し、脂肪が燃焼しにくくなるのです。

産後のママは、この時期特有のホルモンの変化を理解し、焦らずに体調管理に努めることが大切です。

睡眠不足とストレスによる代謝の低下

新生児の世話は24時間体制。

夜中の授乳や寝かしつけで、十分な睡眠が取れないママがほとんどです。

この睡眠不足は、体の代謝に大きな影響を与えます。

さらに、慣れない育児によるストレスも重なり、コルチゾールというホルモンの分泌が促進されます。

コルチゾールは、ストレス時に分泌されるホルモンで、過剰に分泌されると代謝を低下させる作用があるのです。

結果として、体重が減りにくくなってしまいます。

できる限り睡眠時間を確保し、リラックスする時間を作ることが、産後ダイエットの成功につながります。

周囲の協力を得て、少しでも休息を取る工夫をしましょう。

食事量の増加

母乳育児中のママは、通常以上におなかがすきやすくなります。

これは、母乳の生成にエネルギーを使うためです。

空腹感から食欲が増し、ついつい食べる量が増えてしまうことがあります。

また、上の子どもがいる場合、その子の食べ残しを何気なく口にしてしまうこともあるでしょう。

これらの習慣が積み重なると、知らず知らずのうちにカロリーオーバーになってしまいます。

食事の量や内容に気を付けつつ、おやつは低カロリーで栄養価の高いものを選ぶなど、工夫が必要です。

母乳育児中は栄養バランスも重要なので、単に食事量を減らすのではなく、質の良い食事を心がけることが大切です。

活動量の減少

小さな赤ちゃんがいると、外出する機会が減り、家にいる時間が長くなります。

特に産後しばらくは、体力的にも精神的にも外出が億劍になることがあるでしょう。

この生活パターンの変化により、必然的に活動量が減少します。

運動不足は代謝の低下につながり、体重が減りにくくなる要因となります。

赤ちゃんと一緒にできる軽い運動や、ベビーカーでの散歩など、無理のない範囲で活動量を増やす工夫をしてみましょう。

徐々に体を動かす機会を増やすことで、代謝アップにつながります。

出産による骨盤の開き

出産時に開いた骨盤は、すぐには元の状態に戻りません。

骨盤の開きは、見た目の体型だけでなく、体重にも影響を与えます。

骨盤が開いたままだと、内臓が下がってお腹周りがぽっこり見えたり、実際の体重以上に太って見えたりすることがあります。

また、骨盤の開きは姿勢にも影響し、正しい姿勢を保つことが難しくなります。

これにより、体の筋肉がうまく使えず、代謝が低下することも。

骨盤底筋を鍛える運動や、骨盤矯正のストレッチなどを取り入れることで、徐々に骨盤を正常な位置に戻すことができます。

産後ダイエットで見直すべきポイント

産後ダイエットを成功させるためには、いくつかの重要なポイントがあります。

ここでは、母乳育児中のママが特に気を付けるべき点について詳しく解説します。

適切な方法で取り組むことで、健康的に体重を落とすことができるでしょう。

バランスの良い食事は摂れている?

母乳育児中のママは、通常よりも多くのエネルギーを必要とします。

具体的には、1日約350kcal多く摂取することが推奨されています。

しかし、単にカロリーを増やせばいいというわけではありません。

栄養バランスを考えた食事が重要です。

特に気を付けたい栄養素は、たんぱく質、カルシウム、鉄分です。

たんぱく質は母乳の質を高め、カルシウムは骨の健康を維持し、鉄分は貧血を予防します。

これらの栄養素を意識的に摂取するために、鶏むね肉や豆腐、小松菜、ヨーグルトなどを積極的に食事に取り入れましょう。

また、バランスの良い食事は空腹感を抑え、過食を防ぐ効果もあります。

三食きちんと食べ、間食も適度に取り入れることで、安定した栄養摂取が可能になります。

適度な運動はできている?

産後のダイエットにおいて、適度な運動は非常に重要です。

ただし、出産直後からハードな運動を始めるのは避けましょう。

一般的に、産後2-3ヶ月頃から軽い運動を始めるのがおすすめです。

最初は、ウォーキングや骨盤底筋体操など、負担の少ない運動から始めるのが良いでしょう。

これらの運動は、代謝を上げるだけでなく、骨盤の引き締めにも効果があります。

徐々に運動強度を上げていき、体力が戻ってきたら、有酸素運動や軽い筋トレを取り入れてみましょう。

運動は毎日決まった時間に行うことで習慣化しやすくなります。

赤ちゃんが昼寝している間や、家族に赤ちゃんを見てもらっている時間を利用するのがおすすめ。

生活リズムに合わせて運動時間を設定すると継続しやすいでしょう。

水分補給は十分にできている?

母乳育児中のママは、通常以上に水分を必要とします。

母乳の生成には多くの水分が使われるため、十分な水分補給が欠かせません。

また、適切な水分摂取は代謝を高め、老廃物の排出を促進します。

これはダイエットにも良い影響を与えます。

水分補給は、普段の食事だけでなく、意識的に水やお茶を飲むことが大切です。

ただし、カフェインを含む飲み物は控えめにしましょう。

カフェインは母乳を通じて赤ちゃんに影響を与える可能性があります。

代わりに、水やノンカフェインのお茶、スープなどを中心に水分を摂取しましょう。

特に授乳の前後や運動時には、積極的に水分を補給することが重要です。

こまめな水分補給は、便秘の予防にも効果があり、体重管理にも役立ちます。

【母乳育児を頑張るママ必見】産後ダイエット成功のコツ

産後ダイエットに悩むママは少なくありません。

母乳育児をしながら体型を戻したいと思っても、なかなか思うように進まないものです。

ここでは、母乳育児中のママが無理なく実践できる産後ダイエットのコツをご紹介します。

急激なダイエットは避ける

産後ダイエットを成功させるためには、急激な体重減少は避けるべきです。

健康的な減量のペースは1週間に0.5kg程度とされています。

それ以上のペースで体重を落とそうとすると、母乳の質と量に悪影響を及ぼす可能性があります。

母乳育児中のママにとって、赤ちゃんの健康は何よりも大切です。

極端な食事制限は母乳の分泌量を減少させる原因にもなるため、注意が必要です。

むしろ、バランスの取れた食事を心がけ、適度な運動を取り入れることで、ゆっくりと確実に体重を落としていくことが重要です。

まずは、1日3食きちんと食べるようにしましょう。

その上で、間食を控えめにする、または果物や低脂肪のヨーグルトなどヘルシーな食品に変更するといった工夫から始めてみましょう。

また、赤ちゃんと一緒にウォーキングをするなど、無理のない範囲で運動を取り入れることも効果的です。

「産後太り」を受け入れる

産後の体型変化に戸惑う気持ちはよくわかります。

しかし、「産後太り」は決して恥ずかしいことではありません。

むしろ、新しい命を育んだ証であり、誇るべき変化なのです。

産後のダイエットでは、焦らずに赤ちゃんの成長とともにゆっくりと進めることが大切です。

体重が戻るまでには個人差があり、通常6〜12ヶ月程度かかると言われています。

この期間を目安に、自分のペースでダイエットを進めていきましょう。

また、産後の体型変化を受け入れることで、心にも余裕が生まれます。

自分の体を責めるのではなく、「赤ちゃんを産んだ素晴らしい体」として大切にケアしていく姿勢が重要です。

ストレッチやマッサージなどのセルフケアを取り入れて、心身ともにリラックスする時間を作ることも効果的です。

周囲のサポートを得る

産後のダイエットを成功させるためには、周囲のサポートも重要な要素です。

特に、産後うつの予防や改善には、家族や友人のサポートが欠かせません。

例えば、パートナーや家族に育児や家事を手伝ってもらうことで、ママの睡眠時間や自分の時間を確保することができます。

十分な睡眠は代謝を上げ、ダイエット効果を高めます。

また、ストレス解消にもつながり、食べ過ぎを防ぐ効果も期待できます。

友人や同じ境遇のママ友とのおしゃべりも、ストレス解消に効果的です。

悩みを共有したり、励まし合ったりすることで、前向きな気持ちでダイエットに取り組むことができます。

産後サポートサービスの利用も検討してみましょう。

ベビーシッターや家事代行サービスなどを上手に活用することで、ママの負担を軽減し、ダイエットに取り組む時間と気力を確保することができます。

周囲のサポートを得ることで、ママはより健康的に、そして幸せにダイエットに取り組むことができるのです。

遠慮せずに、周りの人に協力を求めてみてください。

まとめ

母乳育児中のママが産後ダイエットで思うように痩せないのには、ホルモンバランスの変化や睡眠不足、食事量の増加など様々な理由があります。

産後ダイエットを成功させるには、バランスの良い食事や適度な運動、十分な水分補給が大切です。

特に、たんぱく質やカルシウム、鉄分を積極的に摂取することがおすすめですね。

急激なダイエットは避け、1週間に0.5kg程度の減少を目指すのが健康的といえるでしょう。

産後の体型変化を受け入れ、赤ちゃんの成長とともにゆっくりと進めていくことが重要なポイントです。

また、家族や友人のサポートを得ることで、ストレスを軽減し、産後うつの予防にもつながります。

ママの心と体の健康が何より大切なのです。

当サイトでは、他にも妊娠中のプレママや子育て中のママを応援する記事をたくさんご用意しています。

ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね。
\妊娠中の運動はこちらをチェック/
\産後太りにはこちらをチェック/

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<
タイトルとURLをコピーしました