PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

#ウォーターサーバー|ミルク作りに使っちゃダメって本当?徹底解説します

ALLジャンル

赤ちゃんのためのミルクを作る時に、ウォーターサーバーの水は使ってはいけないと聞いたことはありませんか?

これは、ウォーターサーバーのお水が硬水で赤ちゃんに良くないというイメージや、お湯の温度が低いからミルクが作れないと思われがちなのが理由です。

軟水のウォーターサーバーや、70℃以上のお湯が出るタイプもあるんです。

つまり、ウォーターサーバーを正しく選べば、ミルク作りにも使えるということ。

今回は、ウォーターサーバーを使ったミルク作りについて、よくある誤解や選び方のポイント、注意点などを徹底的に解説していきます。

ウォーターサーバーはミルク作りNG?真相は?

ミルクを作る時のお水選びは、赤ちゃんの健康に直結する重要なポイントです。

しかし、ウォーターサーバーを利用することに不安を感じているママも多いのではないでしょうか。
ここでは、ウォーターサーバーを使ったミルク作りについての誤解を解き、安心して利用するための情報をお届けします。

よくある誤解1. ミネラルウォーター=硬水のイメージ

ミネラルウォーターと聞くと、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が多く含まれる硬水をイメージする方が少なくありません。

確かに、硬水は赤ちゃんの未発達な腎臓に負担をかける可能性があるため、ミルク作りには適していません。
しかし、ウォーターサーバーで提供されるお水が全て硬水だと思い込むのは早計です。
実は、多くのウォーターサーバーメーカーが赤ちゃんに優しい軟水を提供しているのです。

ミネラル分の含有量や硬度については、各社のホームページなどで確認することができます。

一概にミネラルウォーター=硬水とは限らないことを理解しておきましょう。

よくある誤解2. ウォーターサーバーのお湯は温度が低い

ミルク作りには70℃以上のお湯が必要とされていますが、ウォーターサーバーのお湯の温度が低いのではないかと心配する声もあります。

しかし、実際にはほとんどのウォーターサーバーが80℃以上のお湯を提供しています。

中には90℃以上まで再加熱できる機種もあるため、温度面での心配は無用です。

赤ちゃんに適した温度でミルクを作るためには、哺乳瓶に注いだお湯を人肌程度まで冷ましてから粉ミルクを溶かすことが大切です。
ウォーターサーバーのお湯は十分な温度があるため、温める時間も短縮できるというメリットがあります。

【軟水なら安心】ウォーターサーバーのお水もミルク作りに使える!

ウォーターサーバーのお水は、赤ちゃんに安心して与えられる品質が保証されていることがほとんど。

特に、クリクラやアクアクララなどの大手メーカーは、厳しい品質管理のもとで軟水を提供しています。

これらの軟水は、RO(逆浸透膜)フィルタを使用してウイルスや放射性物質などの有害物質を除去しているため、赤ちゃんの健康に影響を与える心配がありません。

また、ミネラル分の含有量も赤ちゃんに適したバランスに調整されているため、安心して利用できます。

ウォーターサーバーを選ぶ際は、軟水を提供しているメーカーを選ぶことがポイントです。

ミルク作りに適したウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーを使ってミルクを作る際には、赤ちゃんに適したお水を選ぶことが何よりも重要です。

しかし、サーバーの機能面でも、利便性や安全性を考慮したものを選びたいですよね。

ここでは、ミルク作りに最適なウォーターサーバーを選ぶためのポイントをご紹介します。

軟水を利用できるものを選ぶ

ミルク作りには軟水が適しています。
硬水に含まれる多量のミネラル分は、赤ちゃんの未発達な腎臓に負担をかける可能性があるため避けるべきです。

クリクラやアクアクララなどの大手メーカーは、赤ちゃんに優しい軟水を提供しています。

これらの軟水は、ミネラル分の含有量が赤ちゃんに適したバランスに調整されているため、安心して利用できます。
また、RO(逆浸透膜)フィルタを使用して不純物を除去しているため、赤ちゃんの健康に悪影響を与える心配がありません。

ウォーターサーバーを選ぶ際は、必ず軟水を利用できるものを選ぶようにしましょう。

70℃以上のお湯が使えるものを選ぶ

ミルク作りには70℃以上のお湯が必要とされています。

この温度は、サカザキ菌などの有害菌を死滅させるために重要な目安です。

多くのウォーターサーバーは80℃以上のお湯が出るため、温度面での心配は少ないですが、念のため確認しておくことをおすすめします。

中には、90℃以上まで再加熱できる機種もあります。

ただし、熱すぎるお湯をそのまま使うのは避けましょう。

哺乳瓶に注いだお湯を人肌程度まで冷ましてから、粉ミルクを溶かすのが正しい方法です。

お湯の温度が高ければ、有害菌も殺菌できるため安心して利用できます。

チャイルドロック機能があるものを選ぶ

赤ちゃんは好奇心旺盛で、手を伸ばせば届く範囲にあるものに興味を示します。

ウォーターサーバーも例外ではありません。

誤ってお湯を出してしまったり、サーバーを倒したりする危険性があるため、チャイルドロック機能は必須と言えます。

特に、上の子がいる家庭では、子どもによる誤操作を防ぐためにもチャイルドロックは重要な機能です。

サーバー本体やお湯の出し口にロックがかかるタイプなど、メーカーによって仕様は異なります。

自分の家庭の状況に合わせて、最適なチャイルドロック機能を備えたサーバーを選びましょう。

メンテナンスサービスが充実しているメーカーを選ぶ

衛生面での不安を解消し、安心してウォーターサーバーを利用するためには、メンテナンスサービスが充実しているメーカーを選ぶことが大切です。

定期的なサーバーの点検を行っているメーカーであれば、いつでも清潔な状態で使用できます。

ただし、メンテナンスサービスがあるからと言って、自分でのお手入れを怠ってはいけません。

ウォーターサーバーは、蛇口や周辺部分が汚れやすいので、こまめに拭き取るなどの日常的なお手入れは欠かせません。

メーカーのサポートと自分でのメンテナンスを組み合わせることで、衛生的で安心して使えるウォーターサーバーを維持できるでしょう。

【おすすめ】アクアクララ・クリクラ

ミルク作りに適したウォーターサーバーを選ぶなら、アクアクララやクリクラがおすすめです。

どちらも、赤ちゃんに優しい軟水を提供しており、ママの愛用者も多いことで知られています。

RO(逆浸透膜)フィルタを使用して不純物を除去しているため、安全性も抜群です。

また、チャイルドロック機能や、充実したメンテナンスサービスも魅力の一つ。

アクアクララは、サーバー下部の排水トレーが取り外せるため、お手入れがしやすいと評判です。

一方、クリクラは、業界唯一の卓上型サーバーを提供しており、省スペースで使えると好評です。

それぞれの特徴を比較して、自分の家庭に最適なウォーターサーバーを選んでみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーを使ったミルク作りの注意点

ウォーターサーバーを使ってミルクを作るのは、多くの育児中のママにとって便利な選択肢です。

しかし、赤ちゃんの健康を守るためには、いくつかの注意点を守ることが不可欠です。

ここでは、ウォーターサーバーを使ったミルク作りの際に気をつけるべきポイントを詳しく解説していきます。

哺乳瓶やウォーターサーバーは清潔に保つ

ミルクを作る際に使用する哺乳瓶やウォーターサーバーは、常に清潔に保つことが大切です。

哺乳瓶は使用後、すぐに洗浄し、熱湯消毒を行いましょう。

乳首やキャップ、哺乳瓶の内側に残ったミルクが腐敗し、赤ちゃんの健康を脅かす原因となる可能性があるためです。

また、ウォーターサーバーも定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

サーバーの蛇口周りや、ボトルを置くトレイ部分は、こまめに拭き取りを行いましょう。

細菌やカビの繁殖を防ぐためにも、清潔な状態を保つことが重要です。

メーカーによっては、専門スタッフによる定期的な点検や、無料の交換サービスを提供しているところもあります。

衛生面で不安を感じる場合は、そのようなサービスが充実しているメーカーを選ぶのも一つの方法です。

ただし、日常的なお手入れは自分で行う必要があるので、怠らないようにしましょう。

冷水でミルクを作らない

先ほども解説した通り、ミルクを作る際は、必ず70℃以上のお湯を使うようにしましょう。

この温度が重要なのは、サカザキ菌などの有害な細菌を死滅させるためです。

サカザキ菌は、低温で増殖しやすく、赤ちゃんに感染すると重篤な症状を引き起こす可能性があります。

ウォーターサーバーの温水は、通常80℃以上に設定されているので、温水を使ってミルク作りを行うようにしましょう。

サーバーによっては、90℃以上まで再加熱できるものもあるので、より安心して使用できます。

一方、自分でお湯を沸かして作る場合は、沸騰したお湯を冷ますのに時間がかかり、温度が下がりすぎてしまうこともあるでしょう。

その点、ウォーターサーバーなら、温水と冷水を簡単に操作できるので、ミルク作りがスムーズに行えます。

調乳から2時間以上経過したら廃棄する

ミルクは、調乳してから2時間以内に使い切るようにしましょう。

これは、厚生労働省が示している基準です。

調乳後、時間が経過するとミルクに含まれる栄養素が失われたり、雑菌が繁殖したりするリスクが高まるためです。

赤ちゃんが飲み残したミルクも、同様に廃棄するのが原則です。

哺乳瓶の乳首に赤ちゃんの唾液が付着することで、雑菌が増殖しやすくなります。

もし飲み残しが多い場合は、作るミルクの量を調整するなどの工夫が必要でしょう。

ウォーターサーバーで作ったミルクも、自分でお湯を沸かして作ったミルクも、扱い方は同じです。

衛生面に十分配慮し、安全なミルクを赤ちゃんに与えるようにしましょう。

まとめ

今回は、ウォーターサーバーはミルク作りに使えるのかについて解説しました。

ウォーターサーバーのお水は、軟水であれば赤ちゃんのミルク作りにも安心して使えます。

特にクリクラやアクアクララは、RO(逆浸透膜)フィルタを使用してウイルスや放射性物質を除去しているため、品質管理が徹底されていると言えるでしょう。

ミルク作りに適したウォーターサーバーを選ぶポイントとしては、軟水を利用できるもの、70℃以上のお湯が使えるもの、チャイルドロック機能があるもの、メンテナンスサービスが充実しているメーカーを選ぶことが大切ですね。

ウォーターサーバーを使ってミルクを作る際は、哺乳瓶やウォーターサーバーの清潔さに気をつけ、必ず70℃以上のお湯を使うようにしましょう。

また、調乳から2時間以上経過したミルクは廃棄するのが原則です。

このように、ウォーターサーバーを正しく選んで適切に使えば、ミルク作りにも活用できます。

当サイトでは、妊娠中のプレママから子育て中のママまで、様々な情報を発信しています。

ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました