PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

授乳中に避けたい!ママが知っておくべき注意点

ALLジャンル

新たな命を授かり、母乳で育てることに決めたあなた。

心から赤ちゃんを思うからこそ、授乳中の生活は慎重になりますよね。

特に飲食物や薬の摂取は、母乳を通じて赤ちゃんに影響を与えるため、気をつけたいポイントです。

しかし、何をどれだけ控えれば良いのか、具体的にどうすればいいのか、不安に思うことも多いでしょう。

この記事では、そんなママたちの不安を少しでも解消するため、授乳中に避けたい飲食物や薬の摂取について、私の経験をもとに詳しく解説していきます。

一緒に、安心して授乳生活を送るための知識を深めていきましょう。

授乳中に避けるべき飲み物

「お母さん、あなたの体は赤ちゃんの食事のすべてを提供しているんですよ!」ということを忘れないでくださいね。

授乳中の飲み物選びは、赤ちゃんの成長と健康に直接影響します。

それでは、どんな飲み物を避けた方が良いのでしょうか?

アルコールは控えめに

「あ、ちょっと一杯くらいなら大丈夫だよね?」

と思ってしまうかもしれませんが、実は授乳中の飲酒は注意が必要なんです。

飲酒量が多いと、母乳の分泌量が低下することがあるんですよ。

さらに、母乳を介して赤ちゃんもアルコールを摂取してしまう可能性があるんです。

母乳を介して赤ちゃんにアルコールが届いてしまうなんて、考えただけでも恐ろしいですよね?

カフェインの摂取に注意

「でも、コーヒーくらい大丈夫でしょ?」

と思うかもしれませんが、カフェインも注意が必要です。

カフェインは赤ちゃんに影響を与える可能性があるんですよ。

赤ちゃんの体はカフェインを分解するのに時間がかかります。

そのため、カフェインが体内に長くとどまり、赤ちゃんの睡眠を妨げることもあるんです。

なるべくカフェインの少ない飲み物を選ぶようにしましょう。

ノンアルコール飲料でお酒の気分を味わう

「でも、お酒の気分を味わいたい!」というママたちにおすすめなのがノンアルコール飲料です。

最近では、ノンアルコールビールやワイン、カクテルなど、本物そっくりの味わいを楽しめる商品が増えています。

これなら安心して飲むことができますね。

でも、飲み過ぎには注意しましょう。

糖分が多い飲み物も体には良くないですからね。

授乳中の食事で気をつけること

新しい命を育てる授乳期。

母乳は赤ちゃんにとって最初の食事ですよね。

そんな大切な授乳期の食事、何を気をつければいいのでしょうか?そのポイントを一緒に見ていきましょう!

糖質と脂質が多い食品を控える

「甘いもの、美味しいですよね~」と思うあなた!授乳中は特に、糖質や脂質が多い食品を控えることが大切です。

例えば、ファストフードやインスタント食品。

美味しいけれど、糖質・脂質が多く、栄養バランスが偏りがち。

それに、母乳の質にも影響する可能性があるんです。

驚きですよね!?

インスタント食品に注意

「でも、忙しいからついついインスタント食品に頼ってしまう・・・」というママも多いと思います。

でも、授乳中のママには特に注意が必要です。

なぜなら、インスタント食品は添加物が多く、赤ちゃんの体に影響を与える可能性があるからなんです。

それに、栄養価も低いものが多いですよね。

なるべく自炊を心がけて、栄養バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

サプリメントは医師に相談

「サプリメントで補えばいいじゃん!」と思うかもしれませんが、授乳中のサプリメント摂取は慎重に行うべきです。

何故なら、サプリメントは栄養補給の一助とはいえ、過剰摂取や不適切な摂取は健康を害する可能性もあるからです。

「でも、どれを選んだらいいかわからない・・・」そんな時は、医師に相談するのがベストですよ!あなたの体調や食生活を考慮して、適切なサプリメントを選んでくれますよ。

授乳中の薬の服用について

ママたち、こんにちは!今日は授乳中の薬の服用についてお話ししたいと思います。

授乳中のママが薬を飲む際には、特別な注意が必要なんですよ。

医師に相談することが重要

まず大切なことは、何でも自己判断せずに必ず医師に相談すること!これ、本当に重要です。

なぜなら、ママが薬を飲むとそれが母乳を通じて赤ちゃんにも影響を与える可能性があるからです。

風邪薬を飲むだけでも、赤ちゃんに影響が出ることがあるんですよ。

医師には授乳中であることを伝え、薬の指示を受けましょう。

授乳中に使用できない薬や慎重に検討すべき薬がある

さらに、

授乳中には使用できない薬や、使用を慎重に検討すべき薬がある

んです。

例えば、一部の抗生物質や鎮痛薬は、授乳中のママには適していないことがあります。

また、鎮痛薬や抗鬱薬など、一部の薬は赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるため、医師としっかり相談することが必要です。

授乳と服薬の時間を考慮して影響を少なくする方法

そして、もう一つ!

授乳と服薬の時間を考慮することで、薬の影響を少なくする方法

もあるんです。

具体的には、赤ちゃんに授乳した直後に薬を飲むという方法です。

これにより、次の授乳までの時間で薬の成分が体から排出される時間を最大限にとることができ、赤ちゃんへの影響を最小限に抑えることができます。

以上、授乳中の薬の服用についてお話ししました。

授乳中のママは自己判断せず、医師としっかり相談しましょうね!

【ママ×バストケア】AGARISM×GYDAのUp+Me Styling Braで毎日が変わる?フィット感・おすすめ理由まとめ
AGARISM×GYDAコラボのナイトブラ「Up+Me Styling Bra」を詳しくレビュー。快適なフィット感でママのバストケアサポート。

まとめ

新たな命を育む母親として、私たちは何よりも子どもの健康を心から願います。

授乳中は、私たちの飲食や薬の服用が直接赤ちゃんに影響を与えるため、特に注意が必要です。

アルコールやカフェインの摂取、糖質や脂質が多い食品の摂取は控え、医師のアドバイスを求めながらサプリメントや薬の服用を行いましょう。

そして何より、母乳育児を楽しみながら、自分自身の健康も大切にしてください

私たちの経験や情報があなたの母乳育児の一助となれば幸いです。

当サイトではさらに詳しい情報を提供していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました