PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中期は運動していい?胎児への影響と注意点もご紹介

筋トレ・産後ダイエット

妊娠中期はつわりも落ち着いてくる頃。

体を動かすことが好きな妊婦さんの中には、運動したくなる方もいるのではないでしょうか。

実は、この時期の適度な運動は胎児の発育にも良い影響を与えるんです。

どのような運動がOKで、どんなことに気をつければよいのでしょうか。

今回は、妊娠中期の運動が胎児に与える影響や、注意点についてご紹介します。

これからママになる皆さん、ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠中期の運動は安全?胎児への影響は?

妊娠中期の運動については、多くの妊婦さんが不安を感じるものです。

しかし、適切に行えば安全であり、むしろ母体と胎児の健康に良い影響をもたらします。

ここでは、妊娠中期の運動の安全性と胎児への影響について詳しく見ていきましょう。

妊娠中期は運動してOK

妊娠14週0日から27週6日までの妊娠中期は、一般的に安定期と呼ばれています。

つわりの症状が落ち着き、体調が安定してくる時期なので、多くの妊婦さんにとって活動的になりやすい時期でもあります。

この時期から軽い運動を取り入れることは、実はとても大切なんです。

妊娠初期に比べて体調が安定してくるため、徐々に運動を始めるのに適した時期といえます。

ただし、急に激しい運動を始めるのではなく、ゆっくりと体を慣らしていくことが重要です。

例えば、短時間のウォーキングから始めて、徐々に時間や距離を延ばしていくのがおすすめです。

また、妊娠中期の運動は、体重管理にも効果的です。

適度な運動を続けることで、過度な体重増加を防ぎ、妊娠後期の体調管理にもつながります。

ただし、無理をせず、体調と相談しながら行うことが大切ですね。

適度な運動は胎児の発育にも良い

妊娠中期の適度な運動は、実は胎児の発育にも良い影響を与えるんです。

まず、運動によって母体の血流が改善されます。

これにより、胎盤を通じて胎児への酸素や栄養の供給が増加するんですね。

つまり、お母さんが運動することで、赤ちゃんにより多くの栄養が届くようになるわけです。

さらに、運動には母体のストレス軽減効果もあります。

ストレスが軽減されることで、胎児の心拍数も安定するんです。

ストレスホルモンが減少することで、胎児の発育環境がより良くなるというわけですね。

例えば、軽いヨガやストレッチなどのリラックスできる運動を取り入れることで、母体のストレス軽減と同時に、胎児の心拍数の安定にも寄与します。

また、水中ウォーキングなどの水中運動は、浮力によって体への負担が軽減されるため、妊婦さんにもおすすめです。

ただし、運動の種類や強度については、必ず主治医に相談してから始めることが大切です。

個々の妊婦さんの状態に合わせて、適切な運動プランを立てていくことが重要なんですね。

適度な運動なら流産リスクは低い

妊娠中の運動と聞くと、「流産のリスクが高くなるのでは?」と心配になる方も多いかもしれません。

しかし、適度な運動であれば、妊娠中期の運動は流産リスクを高めないとされています。

むしろ、適切な運動は妊娠の経過を良好に保つ効果があるんです。

ここで大切なのは、「適度な」という言葉です。

運動強度を制限し、無理なく行うことが重要です。

例えば、会話をしながら運動できる程度の軽い有酸素運動が理想的です。

具体的にはウォーキングやスイミング、マタニティヨガなどがおすすめ。

ただし、個人差があるため、運動を始める前に必ず主治医に相談しましょう。

妊娠の経過や既往歴によっては、運動を控えたほうが良い場合もあります。

医師の助言を聞きながら、自分に合った運動計画を立てていくことが大切です。

また、運動中は常に自分の体調に注意を払うことも重要です。

息切れがひどくなったり、めまいや腹痛を感じたりした場合は、すぐに運動を中止し、休息をとりましょう。

無理は絶対に禁物です。

【妊娠中期】運動を取り入れるメリット

妊娠中期に適度な運動を取り入れることは、母体と胎児の健康にとって多くのメリットがあります。

体重管理や体調改善だけでなく、出産に向けての準備にもなるんです。

ここでは、妊娠中期に運動を取り入れることで得られる具体的なメリットについて詳しく見ていきましょう。

体重管理がしやすい

妊娠中の体重管理は、母体と胎児の健康を維持する上で非常に重要です。

妊娠全期間を通じての推奨体重増加量は7〜12kg程度とされていますが、これを適切に管理するのは意外と難しいものです。

妊娠中期から適度な運動を取り入れることで、体重管理がぐっと楽になります。

運動は、カロリー消費を促進し、過度な体重増加を防ぐ効果があります。

例えば、30分のウォーキングで約150kcalを消費できるんです。

これは、小さなおにぎり1個分のカロリーに相当します。

毎日の習慣として取り入れることで、徐々に効果が現れてきますよ。

適切な体重管理は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスク低減にもつながります。

これらの疾患は、過度な体重増加と関連があることが知られているんです。

運動を通じて適切な体重を維持することで、これらの合併症のリスクを下げることができるんですね。

ただし、体重管理のために極端な食事制限をするのは禁物です。

赤ちゃんの成長に必要な栄養をしっかり摂取しながら、適度な運動で体重をコントロールすることが大切です。

バランスの取れた食事と運動の組み合わせが、理想的な体重管理につながります。

腰痛や浮腫みの予防につながる

妊娠中期から後期にかけて、多くの妊婦さんが腰痛や足のむくみに悩まされます。

お腹が大きくなるにつれて重心が変わり、姿勢が崩れやすくなるためです。

しかし、適切な運動を取り入れることで、これらの症状を予防したり、軽減したりすることができるんです。

特にストレッチや軽いヨガは、筋肉をほぐし、血流を改善する効果があります。

例えば、猫のポーズ(四つん這いになって背中を丸めたり反らしたりする動き)は、腰回りの筋肉をほぐし、腰痛の予防に効果的です。

また、足首を回す運動や、つま先立ちの運動は、下肢の血流を促進し、むくみの予防に役立ちます。

ただし、仰向け姿勢を長時間とることは避けましょう。

特に妊娠20週以降は、仰向けになると子宮が大動脈を圧迫し、血流が悪くなる可能性があります。

代わりに、横向きや座位での運動を心がけましょう。

また、水中運動も浮腫みの軽減に効果的です。

水圧が全身にかかることで、血液やリンパ液の循環が促進されるんです。

水中ウォーキングや水中エアロビクスなど、楽しみながら体を動かせる運動を選んでみるのも良いでしょう。

分娩に向けての体力づくりができる

妊娠中期からの適度な運動は、分娩時に必要な体力づくりにもつながります。

出産は長時間に及ぶ場合もあり、体力と精神力の両方が試されます。

そのため、妊娠中から少しずつ体力をつけていくことが、スムーズな出産につながるんです。

有酸素運動は心肺機能を向上させ、長時間の陣痛に耐える体力づくりに効果的です。

例えば、ウォーキングやスイミングなどの全身運動は、心肺機能を鍛えながら、全身の筋肉にもバランスよく働きかけます。

これらの運動を継続することで、徐々に持久力がつき、出産時の体力に備えることができます。

また、骨盤底筋群を鍛える運動も重要です。

ケーゲル体操と呼ばれる骨盤底筋運動は、尿漏れの予防だけでなく、分娩時にも役立ちます。

この運動は、座っていても立っていても、どこでも気軽に行えるのが魅力です。

さらに、ストレッチや軽いヨガは、柔軟性を高め、リラックス効果もあります。

出産時のいろいろな体位に対応できる柔軟性と、陣痛の間のリラックス能力を養うことができるんです。

ただし、急に激しい運動を始めるのではなく、徐々に体を慣らしていくことが大切です。

無理のない範囲で継続的に運動を行うことで、出産に向けて着実に体力をつけていくことができます。

運動の種類や強度については、必ず主治医に相談し、個々の状態に合わせたプランを立てることをおすすめします。

妊娠中期の運動で注意すべきこと

妊娠中期の運動は、母体と胎児の健康に多くの利点をもたらします。

しかし、安全に行うためには、いくつかの重要な注意点があります。

ここでは、妊娠中期の運動で特に気をつけるべきポイントについて詳しく解説していきましょう。

運動強度の目安を守る

妊娠中期の運動は、適切な強度で行うことが非常に重要です。

母体の心拍数は140〜150bpm以下に保つことが望ましいとされています。

これは、胎児への酸素供給を適切に維持するためです。

運動中は「ややきつい」と感じる程度の強度が目安となります。

例えば、ウォーキングなら会話をしながら歩けるくらいの速さが適切でしょう。

スイミングやエアロビクスなどの有酸素運動も、この目安を守れば安全に楽しめます。

スマートウォッチなどで、心拍数を確認しながら運動を行うのも良い方法です。

ただし、個人差があるため、かかりつけの産婦人科医に相談しながら、自分に合った運動強度を見つけていくことが大切です。

体調の変化に敏感になり、少しでも異変を感じたら休憩を取りましょう。

体調が悪いときは運動を中止する

妊娠中は体調の波が大きいものです。

調子が悪い日には無理に運動をせず、休養を取ることが賢明です。

特に注意が必要なのは、運動中に異変を感じた場合です。

めまい、頭痛、胸痛、息切れ、膣からの出血、腹痛、破水感などの症状が現れたら、即座に運動を中止し、安静にしましょう。

これらの症状が続く場合は、迷わず医療機関を受診することが大切です。

妊娠中の体は通常以上に敏感になっているため、些細な違和感も見逃さないようにしましょう。

体調不良時の無理は、母体だけでなく胎児にも悪影響を及ぼす可能性があります。

自分と赤ちゃんの健康を第一に考え、柔軟に対応することが重要です。

腹部に衝撃を与える運動は避ける

妊娠中期は胎児の成長が著しい時期です。

そのため、腹部に直接的な衝撃を与える運動は避けるべきです。

具体的には、ボールが当たる可能性のあるスポーツ(バレーボール、バスケットボールなど)や、激しい接触の危険がある運動(格闘技、ラグビーなど)は控えましょう。

これらの運動は、不意の衝撃で胎盤剥離などのリスクを高める可能性があります。

代わりに、ウォーキングやスイミング、マタニティヨガなど、腹部への負担が少ない運動を選択するのが賢明です。

また、腹筋運動も避けた方が良いでしょう。

妊娠中は腹直筋が離れていくため、無理に腹筋を鍛えようとすると逆効果になる可能性があります。

安全で効果的な運動方法については、必ず専門家のアドバイスを受けてください。

転倒リスクが高い運動は避ける

妊娠中期になると、体重の増加や重心の変化により、バランスを崩しやすくなります。

そのため、転倒のリスクが高い運動は避けるべきです。

具体的には、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツ、サイクリング、乗馬などが挙げられます。

これらの運動も、転倒時に腹部に強い衝撃を与える可能性があり危険です。

また、バランスの悪い場所での筋力トレーニングも避けましょう。

例えば、不安定な台の上でのエクササイズや、片足立ちでの運動は控えめにしたほうが良いでしょう。

代わりに、安定感のある場所で行える運動を選びましょう。

安全なマットの上でのストレッチなどが適しています。

転倒予防のために、適切な運動靴を履くことも忘れずに。

運動後に胎動を確認する

運動後の胎動確認は、胎児の健康状態を把握する上で非常に重要です。

一般的に、運動後30分以内に1〜2回以上の胎動があれば正常とされています。

胎動が少ない場合は、運動強度が強すぎた可能性があります。

このような場合は、次回から運動強度を下げるなどの調整が必要です。

胎動カウントの方法としては、横になって落ち着いた状態で10回の胎動を感じるまでの時間を計測するのが一般的です。

2時間以上かかる場合は、医療機関に相談しましょう。

ただし、胎動の感じ方には個人差があるため、普段の胎動と比較して判断することが大切です。

運動と胎動の関係を記録しておくと、自分に適した運動強度を見つけやすくなります。

安全で快適な妊娠生活を送るためにも、胎動確認を習慣づけましょう。

まとめ

今回は、妊娠中期の運動について詳しくご紹介しました。

妊娠中期は比較的安定した時期であり、適度な運動は胎児の発育にも良い影響を与えることがわかりました。

体重管理や腰痛予防、分娩に向けての体力づくりなど、運動にはさまざまなメリットがあります。

ただし、運動強度には十分注意を払い、体調が悪いときは無理をしないことが大切です。

腹部への衝撃や転倒リスクの高い運動は避け、安全に配慮しながら行うことがポイントでしょう。

また、運動後には必ず胎動を確認し、胎児の様子を把握することも忘れずに。

妊娠中の運動は、お母さんと赤ちゃんの健康を支える大切な要素の一つです。

当サイトでは、他にも妊娠中のプレママや子育て中のママを応援する記事をたくさんご用意しています。

ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね。

\妊娠中の運動はこちらをチェック/
\産後太りにはこちらをチェック/

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました