PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【実は多いんです】妊娠中の痔|原因から治療法までまとめました

ALLジャンル

実は、妊娠中に痔になる方はとっても多いんです。

原因は妊娠中のホルモンの働きや、運動量の変化のせいと言われています。

この記事では、妊娠中の痔について詳しく解説していきます。

妊婦さんが痔になりやすい原因から症状まで解説していきます。

さらに、妊娠中でも安心して試せる対処法や、痔に効果的な食事についても紹介していきます。

\お腹の調子を整えたい方にこやま園のなたまめ茶もおすすめです/

【こやま園】の公式サイトはこちら

【妊娠中×痔】基本情報まとめ

多くのママさんたちが抱える痔に関する基本情報をまとめました。

不安や疑問について、詳しく解説していきます。

幅広くカバーしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

【原因】妊娠中に痔になりやすいのはなぜ?

妊娠中は、体のあらゆる部分で劇的な変化が起こります。

その中でも、痔になりやすい要因がいくつか重なっているんです。

まず、ホルモンバランスの変化が挙げられます。

特にプロゲステロンの増加により、腸の動きが鈍くなり、便秘になりやすくなります。

便秘は痔の大敵。

いきむ回数が増えると、肛門周辺に負担がかかるんですね。

次に、子宮の増大による影響も見逃せません。

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、骨盤内の血流が増加します。

これにより、肛門周辺の血管が膨張しやすくなり、痔になるリスクが高まるのです。

さらに、体重の増加も要因の一つ。

骨盤底への圧力が増すことで、痔の症状が出やすくなります。

妊婦さんに多い痔の種類と症状

妊婦さんに特に多い痔の種類は、主に二つあります。

一つは「いぼ痔(内痔核)」、もう一つは「切れ痔(裂肛)」です。

それぞれ症状が異なるので、しっかり理解しておくことが大切です。

いぼ痔は、肛門の内側にできる痔の一種です。

主な症状は、排便時の出血や肛門からの脱出感です。

トイレの後に紙に血がついていたり、何かが出てきた感じがしたりすることがあります。

痛みはそれほど強くないのが特徴ですが、進行すると日常生活に支障をきたすこともあります。

一方、切れ痔は肛門の粘膜や皮膚に裂け目ができる状態を指します。

排便時に鋭い痛みを感じたり、出血したりするのが主な症状です。

痛みのために排便を我慢してしまい、結果的に便秘を悪化させてしまうという悪循環に陥りやすいので要注意です。

【我慢は禁物】妊娠中の痔は放っておかないで

「妊娠中だから」と痔の症状を我慢するのは、決して良い選択とは言えません。

適切な対処をしないと、症状が悪化する可能性が高いのです。

特に切れ痔の場合は、放置すると感染のリスクも高まります。

感染すると痛みが増すだけでなく、治療にも時間がかかってしまいます。

また、痔の症状が重くなると、日常生活に支障をきたすだけでなく、出産時にも影響を及ぼす可能性があります。

例えば、痛みのために力んで赤ちゃんを押し出すことが難しくなったり、会陰切開や裂傷のリスクが高まったりすることも。

早めの対処が肝心です。

症状に気づいたら、恥ずかしがらずに産婦人科医や肛門科医に相談しましょう。

医師と相談しながら、適切な治療法を選択することで、症状の改善や悪化の予防が可能です。

【緊急時のみ】妊娠中の痔の手術について

妊娠中の痔の手術については、基本的には緊急時以外では推奨されていません。

これは、手術によるリスクや麻酔の影響を考慮してのことです。

多くの場合、保存的治療で症状の改善が見込めるため、まずはそちらを試みることが一般的です。

保存的治療には、薬物療法や生活習慣の改善が含まれます。

薬物療法では、妊娠中でも使用可能な非ステロイド性の軟膏や坐薬を使用することがあります。

ただし、使用する前に必ず医師に相談することが大切です。

特に妊娠初期の薬物使用には慎重になる必要があります。

生活習慣の改善としては、便秘の予防や適度な運動、座浴などが挙げられます。

これらの方法で多くの場合、症状の軽減が期待できます。

もし症状が重度で、保存的治療では改善が見られない場合は、医師と相談の上で手術を検討することもあります。

痔の症状は出産に影響を及ぼす可能性がある

痔の症状が重度の場合、出産時に影響を及ぼす可能性があります。

例えば、痛みが強い場合、出産時に力むことが難しくなり、分娩時間が長引く可能性があります。

また、痔核が大きい場合、会陰切開や裂傷のリスクが高まることも。

特に重度の痔核がある場合、稀に帝王切開を選択するケースもあります。

これは、経腟分娩によって痔核が悪化したり、大量出血のリスクが高まったりする可能性があるためです。

しかし、多くの場合、適切に管理・治療を行えば問題なく経腟分娩が可能です。

痔の症状があっても、出産に支障をきたすことは少ないのです。

大切なのは、妊娠中から痔の症状に注意を払い、必要に応じて医師に相談すること。

そうすることで、安心して出産に臨むことができるでしょう。

痔への対処法まとめ

妊娠中の痔は決して珍しいものではありませんが、適切な対処を行うことで症状を和らげることができます。

ここでは、妊婦さんでも安全に実践できる痔の対処法をご紹介します。

日々の生活に取り入れやすいものばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠中もOKな薬を使う

妊娠中の痔の治療に使用される薬は、非ステロイド性の軟膏や坐薬が主流です。

これらは、炎症を抑え、痛みや腫れを軽減する効果があります。

ただし、妊娠中の薬の使用には細心の注意が必要です。

特に妊娠初期は、胎児の器官形成期にあたるため、薬の使用には慎重にならなければなりません。

使用を検討する際は、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

医師は患者さんの妊娠週数や症状の程度、既往歴などを考慮して、最適な治療法を提案してくれます。

また、薬局で市販薬を購入する場合も、必ず薬剤師に妊娠中であることを伝え、安全性を確認することが大切です。

適度な運動を取り入れる

適度な運動は、痔の症状改善や予防に効果的です。

運動することで血行が促進され、便秘の解消にもつながります。

また、骨盤底筋を鍛えることで、肛門周辺の筋肉が引き締まり、痔の悪化を防ぐ効果も期待できます。

おすすめの運動としては、ウォーキングやヨガ、水中ウォーキングなどがあります。

特に水中ウォーキングは、お腹の赤ちゃんへの負担が少なく、浮力によって体重を支えてくれるため、妊婦さんに適した運動と言えるでしょう。

ただし、激しい運動や長時間の運動は避け、体調と相談しながら無理のない範囲で行うことが大切です。

温水座浴をする

温水座浴は、痔の症状緩和に効果的な方法の一つです。

お尻を温かいお湯につけることで、血行が促進され、痛みや腫れが軽減されます。

また、リラックス効果もあるため、ストレス解消にも役立ちます。

やり方は簡単です。

浴槽やバケツに40度程度のお湯を10~15cm程度入れ、そこにお尻を浸します。

1回10~15分程度で、1日2~3回行うのが理想的です。

入浴剤を入れても構いませんが、刺激の強いものは避けましょう。

温水座浴の後は、お尻をよく乾かし、必要に応じて保湿クリームを塗るとより効果的です。

座るときはクッションを使う

長時間の座位は、痔の症状を悪化させる原因の一つです。

特に硬い椅子に座り続けると、お尻への圧迫が強くなり、痔核が刺激されやすくなります。

そこで活用したいのが、クッションです。

ドーナツ型のクッションを使用すると、痔核のある部分への直接的な圧迫を避けることができます。

また、柔らかい素材のクッションを使用することで、お尻全体の圧力を分散させる効果も期待できます。

オフィスワークが多い方は、椅子に敷くタイプのクッションを使用するのもおすすめです。

トイレでのいきみすぎを避ける

トイレでのいきみすぎは、痔の大敵です。

強くいきむことで肛門周辺の血管に圧力がかかり、痔核を悪化させる原因となります。

また、いきみすぎは切れ痔の原因にもなりかねません。

便秘がちな方は、食物繊維や水分を多く摂取し、便を柔らかくすることを心がけましょう。

また、トイレに入ったらリラックスすることも大切です。

深呼吸をしたり、お腹をマッサージしたりすることで、自然な排便を促すことができます。

どうしても出にくい場合は、無理をせず、時間を置いて再度トライするのがよいでしょう。

また、排便姿勢も重要です。

膝を胸に近づけるようにしゃがむ姿勢(スクワット姿勢)をとることで、直腸と肛門の角度が真っ直ぐになり、スムーズな排便につながります。

【痔がつらい】妊娠中の食事で摂りたい食べ物

妊娠中の痔の症状を和らげるためには、適切な食事管理が欠かせません。

便秘を予防し、便通をスムーズにする食材を積極的に取り入れることで、痔の悪化を防ぎ、症状の改善につながります。

ここでは、妊婦さんにおすすめの食べ物をご紹介します。

食物繊維が豊富なもの

妊娠中の痔対策として、食物繊維の摂取は非常に重要です。

食物繊維は便のかさを増やし、腸の働きを活発にすることで、便秘を予防し、排便をスムーズにします。

全粒穀物や豆類、果物、野菜などに豊富に含まれています。

具体的には、玄米やオートミール、全粒粉パンなどの穀物類、レンズ豆やひよこ豆などの豆類、りんごやバナナ、キウイフルーツなどの果物、ブロッコリーやほうれん草、にんじんなどの野菜がおすすめです。

これらの食材を日々の食事に取り入れることで、自然と食物繊維の摂取量を増やすことができます。

ただし、急激に食物繊維の摂取量を増やすと、お腹が張ったり、ガスが溜まったりする可能性があります。

徐々に量を増やしていくことが大切です。

また、妊娠中の体調は個人差が大きいため、体調に合わせて調整することをおすすめします。

水分が多いもの

水分を十分に摂取することも、妊娠中の痔対策として重要です。

水分は便を柔らかくし、スムーズな排便を促します。

特に、水分含有量が多い野菜や果物は、体内の水分バランスを保つのに役立ちます。

具体的には、スイカやメロン、トマト、きゅうり、レタスなどが水分含有量の多い食材として知られています。

これらの食材を積極的に取り入れることで、自然と水分補給ができます。

また、温かいスープや汁物も良い水分補給源となります。

ただし、水分の取り過ぎにも注意が必要です。

妊娠中は浮腫みが起こりやすいため、一度に大量の水分を摂取するのではなく、こまめに少量ずつ摂取することをおすすめします。

また、カフェインを含む飲料は利尿作用があるため、控えめにするのが賢明です。

プロバイオティクスが含まれるもの

プロバイオティクスは、腸内環境を整える働きがあり、便秘の予防や改善に効果的です。

健康的な腸内環境は、痔の症状改善にも寄与します。

ヨーグルトやみそ、納豆などのプロバイオティクス食品を日々の食事に取り入れることをおすすめします。

特に、乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトは、腸内細菌のバランスを整え、便通を改善する効果があります。

無糖のプレーンヨーグルトを選び、果物やナッツなどを加えてアレンジするのも良いでしょう。

また、日本の伝統的な発酵食品である味噌や納豆も、プロバイオティクスの宝庫です。

これらの食品は、たんぱく質も豊富に含んでいるため、妊婦さんの栄養補給にも適しています。

ただし、プロバイオティクス食品の中には、妊娠中に控えた方が良いものもあります。

例えば、生の魚を使用した発酵食品などは、リステリア菌のリスクがあるため避けた方が無難です。

安全性が確認されている市販のプロバイオティクス食品を選ぶことをおすすめします。

これらの食材を上手に取り入れることで、妊娠中の痔の症状を和らげ、快適な妊娠生活を送ることができます。

ただし、個人差や体調によって適する食材が異なる場合もあるため、気になる症状がある場合は、必ず担当医に相談しましょう。

\お腹の調子を整えたい方にこやま園のなたまめ茶もおすすめです/

【こやま園】の公式サイトはこちら

まとめ

妊娠中の痔は実に多くの方が経験する悩みです。

ホルモンバランスの変化や子宮の増大が主な原因となっています。

いぼ痔や切れ痔といった症状が多く見られますが、適切な対処を行うことで改善が期待できます。

妊娠中は手術を避け、保存的治療が中心となりますね。

非ステロイド性の軟膏や坐薬の使用、適度な運動、温水座浴など、様々な対処法があります。

食事面では、食物繊維や水分の摂取、プロバイオティクス食品の摂取が効果的でしょう。

妊娠中の痔は決して珍しいものではありません。

早めの対処と適切なケアで、快適な妊娠生活を送りましょう。

当サイトでは、他にも妊娠中のママやプレママの皆様に役立つ情報をたくさんご用意しています。

ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね。


 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました