PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中は保険に入れないってホント?どこに相談するべき?プレママ必見の情報まとめ

ALLジャンル

妊娠中に保険に入れないと思っていませんか?

でも実は、条件付きながらも加入できる保険があるんです!

ただし、正常分娩が保障対象外だったり、妊娠後期になると加入が難しくなったりと、注意点がいくつかあります。

今回は、プレママさんに知っておいてほしい、妊娠中の保険加入に関する情報をまとめてお届けします。

保険選びに迷ったら、専門家への相談がおすすめ。

妊婦さん向けの無料保険相談サイト「ガーデン」も要チェックですよ!

妊娠中に保険に加入できないってホント?

妊娠中に保険に加入できるかどうかは、プレママにとって気になるところですよね。

実は、妊娠中でも加入できる保険はあるんです。

でも、注意しなければいけないポイントもいくつかあります。

ここでは、妊娠中の保険加入について、詳しく解説します。

加入できる保険はある!

妊娠中でも加入できる保険は存在します。

ただし、妊娠前から加入している保険と比べると制限があることが多いです。

しかし、万が一の際の経済的負担を軽減するために、妊娠中でも保険に加入しておくことは重要です。

特に、切迫早産や帝王切開などで入院や手術が必要になった場合、給付金を受け取れると心強いですよね。

妊娠中の保険加入は、自分や赤ちゃんの健康を守るための備えとして、検討する価値は十分にあると言えるでしょう。

【要注意】条件付きになることが多い

妊娠中に保険に加入できる場合でも、何らかの条件が付くことがほとんどです。

例えば、今回の出産に関わる入院や手術が保障対象外になるなど、保険会社や商品によって条件は異なります。

妊娠中の保険加入を検討する際は、事前に保険会社に確認することが大切です。

特に、自分の妊娠週数や健康状態、過去の出産歴などを伝えた上で、加入可否や条件について詳しく聞いておきましょう。

場合によっては、複数の保険会社に相談して、自分に合った保険を選ぶことも必要です。

妊娠中の保険加入は、慎重に検討し、納得のいく商品を選ぶことが何よりも大切なのです。

妊娠週数が進むと加入が難しくなる

妊娠週数が進むにつれて、保険加入が難しくなるのが一般的です。

多くの医療保険では、妊娠27週目までは加入できるケースが多いのですが、それ以降になると加入が厳しくなります。

これは、妊娠後期になるほど、妊婦自身や赤ちゃんの生命に関わるリスクが高まるためです。保険会社としては、そのリスクを負担することが難しいと判断するわけですね。

ただし、妊娠週数が進んでいても、加入できる可能性がゼロになるわけではありません。

保険会社によっては、妊娠後期でも加入できる商品を用意しているところもあります。

妊娠週数が進んでいる場合も、諦めずに複数の保険会社に相談してみることをおすすめします。

妊娠中の保険加入で注意すべきポイントは?

妊娠中に保険に加入する際は、いくつかの注意点があります。

例えば、正常分娩が保障対象外になっていたり、過去の出産歴によって加入制限が生じたりすることがあるんです。

ここでは、妊娠中の保険加入で注意すべきポイントを、詳しく解説していきます。

正常分娩は保障対象外のケースが多い

多くの医療保険では、正常分娩による入院は保障の対象外となっています。

つまり、自然に陣痛が始まり、順調に出産が進んだ場合は、給付金が支払われないということ。

これは、正常分娩が病気やケガではないため、保険の対象とはみなされないからです。

一方で、帝王切開や切迫早産などの異常分娩の場合は、給付金が支払われるケースがあります。

ただし、異常分娩の定義は保険会社によって異なるので、事前に確認しておく必要があります。

妊娠中の保険加入を検討する際は、正常分娩が保障対象外になっていることを念頭に置いておきましょう。

過去の出産歴や健康状態で加入制限が生じることがある

過去の出産歴や現在の健康状態によって、保険加入に制限が生じることがあります。

例えば、過去に帝王切開の経験がある場合、保険会社によっては加入を断られたり、保障対象外になったりすることがあるのです。

また、妊婦健診で異常が見つかり、再検査や治療が必要になった場合も、同様の制限が生じる可能性があります。

このような加入制限は、保険会社がリスクを管理するための措置と言えます。

過去の出産歴や現在の健康状態に不安がある場合は、保険加入前に保険会社に正直に伝えておくことが大切です。

そうすることで、無用なトラブルを避けることができるでしょう。

免責期間が設定されている保険がある

妊娠中に加入できる保険の中には、免責期間が設定されているものがあります。免責期間とは、保険に加入してから一定期間、保険金が支払われない期間のことを指します。

妊娠中に加入しても、1年間は異常妊娠や異常分娩による入院や手術を給付対象外とする保険もあるのです。

このような免責期間が設定されている理由は、加入直後に保険金が支払われるリスクを回避するためです。保険会社としては、加入者の健康状態を見極める時間が必要なのですね。

妊娠中の保険加入を検討する際は、免責期間の有無や期間について確認しておくことが大切です。

妊娠中の保険相談はどこにすれば良い?

妊娠中に保険に加入したいと考える妊婦さんは少なくありません。

しかし、妊娠中の保険加入には注意点があり、どこに相談すれば良いのか分からず戸惑ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、妊娠中の保険相談先について詳しく解説していきます。

保険会社に直接相談する

まずは、保険会社に直接相談するのが一番確実な方法です。

妊娠週数や現在の健康状態を正直に伝え、加入可能かどうかや条件について確認しましょう。

保険会社によって判断基準が異なるため、複数社に相談して比較検討するのがおすすめです。

担当者との相性も大切なので、丁寧に対応してくれる保険会社を選ぶと安心ですね。

妊娠中の保険加入は、通常よりも審査が厳しくなる傾向にあります。

断られてしまうこともあるかもしれませんが、諦めずに複数の保険会社に相談してみましょう。きっと、妊娠中でも加入できる保険が見つかるはずです。

【おすすめ】妊婦さん向けの保険相談サイト

最近では、妊娠中のママに特化した保険相談サイトも登場しています。

中でも「ガーデン」は、出産前後の知識が豊富なプランナーが在籍し、それぞれの状況に合った保険を無料で提案してくれるサービスです。

妊娠中ならではの不安や悩みを理解してくれるので、安心して相談できるでしょう。

また、複数の保険会社の商品を比較検討してくれるので、自分に最適な保険を見つけやすいのも魅力です。忙しい妊婦さんにとって、オンラインで相談できるのは大変ありがたいですよね。

ガーデンのようなサイトを利用して、スムーズに保険加入を進めてみてはいかがでしょうか。

産婦人科医に相談する

妊婦健診で通っている産婦人科医に相談するのもひとつの方法です。医学的な観点から、妊娠中の保険加入についてアドバイスがもらえるかもしれません。

ただし、産婦人科医は保険の専門家ではないので、法律面での詳しい説明は期待できないでしょう。

また、産婦人科医との信頼関係を大切にしておくと、診断書の作成などでも協力してもらいやすくなります。

妊娠中の保険加入には、医師の診断書が必要になることが多いのです。

日頃から産婦人科医とコミュニケーションを取っておくと、スムーズに手続きが進められるでしょう。

【妊娠中×保険】よくある質問

妊娠中の保険加入について、プレママの皆さんからさまざまな質問が寄せられます。

ここでは、よくある質問に対する答えをまとめてみました。

妊娠中の保険選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Q. 妊娠中に保険に加入するメリットは?

妊娠中に保険に加入するメリットは、何と言っても万が一の際の経済的負担を軽減できることです。

特に、切迫早産や帝王切開などで入院や手術が必要になった場合、高額な医療費がかかってしまいます。

そんなときに、保険からの給付金を受け取れると大変心強いですよね。

出産にまつわるトラブルは予期せぬタイミングで起こるもの。いざというときに備えて、妊娠中からしっかりと保険に加入しておくことをおすすめします。

ただし、保険商品によって保障内容は異なるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

Q. 妊娠中に保険に加入するデメリットは?

妊娠中の保険加入には、いくつかのデメリットもあります。

まず、保障内容に制限がある場合が多いことが挙げられます。

多くの医療保険では、正常分娩は保障対象外となっています。つまり、自然に陣痛が始まり、経膣分娩で出産できた場合は給付金が受け取れないのです。

また、保険料も妊娠前に比べて高くなる傾向にあります。これは、妊娠中の女性は通常よりも保険金請求のリスクが高いと判断されるためです。

さらに、

告知義務違反には十分気をつける必要があります。

体調面で嘘をついたり、過去の病歴を隠したりすると、保険金が支払われない可能性があるため注意しましょう。

Q. 妊娠中の保険加入に必要な書類は何ですか?

妊娠中に保険に加入する際は、母子手帳と診断書が必要になることが多いです。

母子手帳は妊娠週数を証明するために提出を求められます。一方、診断書は産婦人科医に妊娠経過が順調であることを証明してもらう必要があります。

切迫早産の兆候がある場合や、過去に流産・早産の経験がある場合は、加入を断られてしまうこともあるでしょう。

また、保険会社によっては戸籍謄本や住民票の提出を求められる場合もあります。

必要書類については、事前に保険会社に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

妊娠中に保険に加入できる可能性はありますが、条件付きであったり、保障内容に制限があることが多いのが実情です。

特に正常分娩は保障対象外となることがほとんどですし、妊娠後期になると加入が難しくなるでしょう。

妊娠中の保険加入を検討する際は、

保険会社や妊婦さん向けの保険相談サイトに相談するのがおすすめです。

特に「ガーデン」は、出産前後の知識が豊富なプランナーが、それぞれの状況に合った保険を無料で提案してくれる心強いサイトです。

当サイトでは、プレママから子育て中のママまで、役立つ情報を発信しています。

ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<
タイトルとURLをコピーしました