PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中も薬を飲んで大丈夫?注意したいポイントを徹底解説

妊娠中の暮らし・生活

妊娠中は薬について心配になりますよね。

風邪をひいたけど薬を飲んでいいのか、持病の薬は続けて大丈夫なのかといった不安を抱えている方も多いはず。

この記事では、妊娠中の薬の服用に関する重要なポイントをわかりやすく解説します。

母体と赤ちゃんの健康を守るために知っておきたい情報が満載です。

妊娠中の薬との付き合い方、一緒に考えていきましょう。

これを読めば、薬に関する疑問がスッキリ解消されるはずです。

【こやま園】の公式サイトはこちら

【妊娠中×薬】よくある質問

妊娠中の薬の使用については、多くのママが不安を感じるものです。

安全性や必要性について、よくある疑問にお答えしていきます。

正しい知識を身につけて、母体と赤ちゃんの健康を守りましょう。

Q. 妊娠中に薬を飲んで大丈夫ですか?

妊娠中の薬の使用は、母体と胎児の健康を考慮して慎重に判断する必要があります。

必要な治療は継続しつつ、不要な薬の使用は避けるのが賢明です。

特に注意が必要なのは妊娠初期、とりわけ妊娠4〜12週の時期です。

この時期は胎児の器官形成期であり、薬の影響を受けやすいのです。

とはいえ、必要な薬を避けることで母体の健康状態が悪化するのも問題です。

妊娠中だからといって、闇雲に薬を避けるのではなく、医師と相談しながら適切に判断することが大切です。

例えば、喘息や糖尿病、甲状腺機能低下症などの持病がある場合、適切な薬物療法を継続することで、母体と胎児の両方の健康を守ることができます。

Q. 妊娠中に比較的安全とされる薬は?

妊娠中でも、適切な用量で使用すれば比較的安全とされる薬があります。

例えば、解熱鎮痛剤のアセトアミノフェン(商品名:カロナールなど)は、妊娠中でも使用可能な薬の代表格です。

また、一部の胃薬や鉄剤なども、医師の指示のもとで安全に使用できることが多いでしょう。

ただし、「比較的安全」と言っても、むやみに使用してよいわけではありません。

これらの薬でも、必ず医師の指示に従って適切な用量を守ることが重要です。

妊娠中は体の変化が大きいため、普段と同じ量では効き過ぎたり、逆に効果が弱かったりする可能性があるのです。

また、個人の体質や妊娠の状態によっても影響が異なることがあるため、自己判断は避け、必ず医療専門家に相談しましょう。

Q. 妊娠中に注意が必要な薬は?

妊娠中は特に注意が必要な薬があります。

例えば、ACE阻害薬(高血圧治療薬の一種)は、妊娠中の使用が禁忌とされています。

また、一般的に市販薬として購入可能な非ステロイド性抗炎症薬も、妊娠末期の使用は避けるべきです。

抗てんかん薬を服用している方は、特に慎重な対応が求められます。

てんかんのコントロールは母体の安全に直結するため、自己判断で薬の使用を中止するのは危険です。

必ず主治医に相談し、適切な判断を仰ぐようにしましょう。

また、市販の風邪薬や胃腸薬にも注意が必要です。

これらの薬には様々な成分が含まれているため、妊娠中に安全とは言えないものも含まれている可能性があります。

市販薬を使用する際は、必ず薬剤師に相談し、妊娠中でも使用可能かどうかを確認することが大切です。

Q. 妊娠に気づく前に薬を飲んでしまいました。大丈夫ですか?

妊娠に気づく前に薬を飲んでしまった場合、多くのケースでは心配する必要はありません。

妊娠初期、特に妊娠4週未満の時期は、胎児が薬の影響を受けにくいとされているのです。

この時期は「全か無かの法則」と呼ばれる現象が働きます。

つまり、薬の影響が強すぎる場合は流産に至り、影響が軽微な場合は胎児の発育に問題が生じないというものです。

そのため、妊娠に気づく前の薬の使用で、奇形などの問題が起こる可能性は低いと考えられています。

ただし、心配な場合は医師に相談することをおすすめします。

使用した薬の種類や量、時期などを正確に伝え、必要に応じて検査や経過観察を行うことで、安心して妊娠生活を送ることができるでしょう。

Q. 持病の薬を妊娠中も続けて飲んでも大丈夫ですか?

持病の治療は、母体の健康維持のためにも非常に重要です。

多くの場合、適切な管理のもとで薬の使用を継続することが望ましいとされています。

例えば、甲状腺機能低下症や糖尿病、てんかんなどの治療薬は、妊娠中も継続して使用することがほとんどです。

ただし、薬の種類によっては変更や用量調整が必要になることもあります。

例えば、高血圧の治療薬の中には、妊娠中に使用を避けるべきものがあります。

また、喘息の治療薬も、妊娠中により安全性の高い薬に切り替えることがあります。

そのため、妊娠が分かったら、すぐに主治医に相談することが大切です。

自己判断で薬の使用を中止すると、持病の悪化を招き、かえって母体と胎児の健康を脅かす可能性があります。

医師と相談しながら、最適な治療法を選択していきましょう。

妊娠中の内服薬と外用薬の使用について

妊娠中の薬の使用方法は、内服薬と外用薬で大きく異なります。

それぞれの特徴や注意点を理解し、適切に使用することが大切です。

ここでは、内服薬と外用薬の違いや、意外と見落としがちなサプリメントの注意点についても触れていきます。

内服薬は特に注意が必要

内服薬は、口から飲んで体内に吸収される薬のことを指します。

これらの薬は胎盤を通過して胎児に影響を与える可能性があるため、特に注意が必要です。

妊娠週数や薬の種類によって影響が異なるため、必ず医師や薬剤師に相談してから使用することが重要です。

例えば、妊娠初期(特に妊娠4〜8週)は、胎児の重要な器官が形成される時期です。

この時期に使用する薬によっては、奇形などのリスクが高まる可能性があります。

一方で、妊娠後期になると、胎児への影響よりも早産や陣痛誘発のリスクに注意が必要になってきます。

厚生労働省の妊娠と薬情報センターでは、個別の薬剤に関する相談も受け付けています。

心配な場合は、このようなサービスを利用するのも良いでしょう。

ただし、あくまでも参考情報であり、最終的な判断は主治医と相談して行うことが大切です。

外用薬は比較的安全?

外用薬(軟膏、クリーム、湿布など)は、内服薬に比べて体内への吸収量が少なく、胎児への影響も小さいとされています。

そのため、多くの外用薬は妊娠中でも比較的安全に使用できると考えられています。

例えば、虫刺されや軽い皮膚炎に使用するステロイド外用薬の弱い製剤や、保湿クリームなどは、医師の指示のもとで使用すれば問題ないことが多いです。

また、歯磨き粉や日焼け止めなども、通常の使用であれば心配する必要はありません。

ただし、注意が必要なケースもあります。

広範囲に長期間使用する場合や、ステロイド外用薬の強い製剤を使用する場合は、体内への吸収量が増えるため、胎児への影響を考慮する必要があります。

また、ニコチンパッチや痛み止めの貼り薬など、経皮吸収型の薬剤は内服薬と同様の注意が必要です。

【番外編】サプリメント摂取にも要注意

サプリメントは薬ではありませんが、妊娠中の摂取には注意が必要です。

多くのサプリメントは妊娠中の安全性が確立されておらず、過剰摂取によるリスクも懸念されます。

そのため、使用前に必ず医師や薬剤師に相談することが大切です。

一方で、妊娠中に積極的に摂取が推奨されるサプリメントもあります。

その代表が葉酸です。

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させる効果があるため、妊娠前から妊娠初期にかけての摂取が推奨されています。

ただし、葉酸以外のビタミンやミネラルのサプリメントは、過剰摂取のリスクがあるため注意が必要です。

例えば、ビタミンAの過剰摂取は胎児の奇形のリスクを高める可能性があります。

また、ハーブサプリメントの中には、子宮収縮作用があるものもあるため、特に慎重な対応が求められます。

サプリメントの使用を検討する際は、食事からの栄養摂取状況や、個人の健康状態を考慮して判断することが大切です。

迷った場合は、必ず医療専門家に相談しましょう。

安全で健康的な妊娠生活のために、正しい知識と適切な判断が欠かせません。

妊娠中の薬に関する注意点

妊娠中の薬の使用には細心の注意が必要です。

医療機関での適切な対応や、日々の薬の管理、そして緊急時の対処法など、知っておくべき重要なポイントがいくつかあります。

これらを押さえておくことで、安心して妊娠期を過ごすことができるでしょう。

医療機関の受診時に妊娠中であることを伝える

妊娠中の女性が医療機関を受診する際、最も重要なのは自身が妊娠していることを明確に伝えることです。

これは一見当たり前のように思えますが、意外と忘れがちなポイントでもあります。

特に、妊娠初期でまだお腹が目立たない時期や、普段かかりつけでない医療機関を受診する場合は要注意。

医師や看護師に「現在妊娠〇週目です」と具体的に伝えることで、適切な治療や薬の処方を受けられます。

また、普段服用している薬がある場合は、その情報も漏らさず医師に伝えましょう。

薬の名前や用量、服用頻度などを事前にメモしておくと良いでしょう。

お薬手帳を持参することもおすすめです。

中には、妊娠中に継続して服用すべき薬もあれば、一時的に中止や変更が必要な薬もあります。

正確な情報を提供することで、母体と胎児双方にとって最適な判断が可能となるのです。

薬の保管と管理に気を付ける

妊娠中は体調の変化が大きく、それに伴い服用する薬の種類や量も変わることがあります。

そのため、薬の保管と管理には特に注意を払う必要があります。

まず大切なのは、処方薬の自己判断による中止や用量変更は絶対に避けること。

また、家庭内での薬の保管方法にも気を配りましょう。

温度や湿度の影響を受けやすい薬もあるため、涼しく乾燥した場所で保管するのが基本です。

直射日光の当たる場所や、浴室など湿気の多い場所は避けましょう。

さらに、古い薬や期限切れの薬は適切に処分し、新しい薬と混同しないよう注意が必要です。

薬の管理には、お薬手帳の活用もおすすめです。

処方された薬の情報を記録しておくことで、複数の医療機関を受診する際にも、正確な情報を医師に伝えられます。

これは薬の重複や相互作用を防ぐ上で非常に重要です。

緊急時はすみやかに医療機関を受診する

妊娠中は予期せぬ体調不良や事故に見舞われる可能性もあります。

そのような緊急時には、焦らず冷静に対応することが大切です。

まず、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

夜間や休日であっても、救急外来を利用することをためらわないでください。

受診の際は、必ず妊娠中であることを伝えましょう。

これは薬の処方や検査、処置を行う上で極めて重要な情報となります。

また、普段服用している薬がある場合は、その情報も忘れずに伝えてください。

緊急時に備えて、あらかじめかかりつけの産婦人科医院や近隣の救急病院の連絡先を確認しておくことをおすすめします。

スマートフォンのメモ帳に記録しておいたり、冷蔵庫に貼っておいたりするのも良いでしょう。

また、妊婦健診の際に使用する母子健康手帳も、緊急時に役立つ重要な情報源です。

外出の際は必ず携帯しましょう。

急な体調変化や事故の際に慌てないよう、パートナーや家族とも緊急時の対応について事前に話し合っておくことが大切です。

万が一の際に落ち着いて行動できるよう、心の準備をしておきましょう。

以上のポイントを押さえておくことで、妊娠中の薬の使用に関する不安を軽減し、より安心して妊娠生活を送ることができるはずです。

ただし、個々の状況によって適切な対応は異なる場合もあるため、具体的な疑問や不安がある場合は、必ず担当の医師に相談してください。

まとめ

妊娠中の薬の使用には細心の注意が必要です。

母体と胎児の健康を考慮しながら、必要な治療は継続し、不要な薬の使用は避けることが大切です。

妊娠初期は特に薬の影響を受けやすい時期ですが、多くの場合、適切な用量で使用すれば安全な薬もあります。

ただし、必ず医師の指示に従うことが重要でしょう。

持病がある場合や薬の使用について不安がある場合は、迷わず医師や薬剤師に相談しましょう。

また、医療機関を受診する際は必ず妊娠中であることを伝え、処方薬の自己判断による中止や用量変更は避けるべきです。

妊娠中の薬の使用は一人で悩まず、専門家のアドバイスを受けることが大切ですね。

当サイトでは、他にもプレママや出産後のママさんに役立つ情報をたくさん用意しています。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。


 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました