PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中の正月食事|気をつけたい食材とおすすめレシピをご紹介!

妊娠中の正月食事|気をつけたい食材とおすすめレシピをご紹介! ALLジャンル

最近、妊娠中の正月食事について、どんな食べ物を選べばいいのか、どんなレシピがおすすめなのか、気になっていませんか?私もその一人でした。妊娠中は特に食べ物に気をつけたいものです。

生ものやアルコールは避け、栄養バランスを考えた食事を心がけることが大切です。

この記事では、妊娠中に安心して食べられる食材やおすすめのレシピ、そして食事のバランスや量についての注意点をわかりやすくご紹介します。

おせち料理を楽しむためのポイントを押さえ、安全で心地よい正月を迎えましょう。

妊娠中の正月食事で気をつけたい食材

まさにおめでたい正月も、妊娠中の皆さんならではの注意点があるんですね。

特に食べ物には気をつけたいところ。

以下、詳しく解説していくわね。

生ものを避ける理由

妊娠中の特別な時期には、生ものを避けたほうが良いのはなぜかしら。

それは、リステリア菌の感染リスクが関係しているのです。

数の子や刺身、寿司などは特に注意したい食材です。

リステリア菌は、妊婦さんや胎児にとって重大な健康リスクを招く可能性があるため、生ものは遠慮しておきましょう。

アルコール類の摂取について

お屠蘇やお正月ならではのビールも、妊娠中の女性にとってはご法度なのです。

アルコールは量に関わらず、赤ちゃんへの影響が心配されるため、飲まない選択をすることが大切になってきます。

胎児に影響を及ぼす恐れがあるから、喜びの時も健康第一でね。

昆布巻きの摂取について

昆布巻きは妊娠中でも美味しくいただける料理だけど、食べる量には少し注意が必要ね。

昆布に含まれるヨウ素が胎児の甲状腺機能に影響を与える可能性があるから、ほどほどに楽しむのがポイント。

適量を守って、バランスの良い食事を心掛けましょう。

妊娠中の正月食事でおすすめのレシピ

この時期はいろんな料理が食卓に並びますが、お腹の中に赤ちゃんを宿しているママにとっては、何を食べるかがすごく大切ですよね!ここでは、妊娠中に安心して食べられて、なおかつ栄養満点のお正月レシピを3つご紹介します。

レシピ1. 田作り

田作りって聞くと、どんな料理かピンとこない方もいるかもしれませんね。

ゴマメを使ったこの料理は、妊娠中の女性にはとっても良い選択なのです。

なぜかというと、田作りには必須の栄養素「葉酸」が豊富だから!

葉酸はお腹の中の赤ちゃんの神経系の発達を促し、先天性異常のリスクを減らすのに効果的なんです。

電子レンジを使うと短時間で簡単に作れる田作りは、忙しいお祝いの準備の中でもすぐに出来ちゃうレシピ。

ゴマメをフライパンでカリッと炒めて、しょうゆと砂糖、酒で風味を付けたら、白ごまを振りかければ出来上がり。

甘じょっぱいこのおいしさ、きっと赤ちゃんもママのお腹の中で喜んでいることでしょう!

レシピ2. はんぺんを利用したかんたんだて巻き

次にご紹介するのは、はんぺんを使った超簡単なだて巻き。

はんぺんからは、たんぱく質をはじめビタミンB1も摂取でき、妊娠中の体作りにはもってこいです。

このレシピの素晴らしいところは、材料をフードプロセッサーで撹拌してから卵焼き器で焼くだけなんです。

完成したら、鬼すだれに載せて巻いて形を整えます。

冷めたら好みのサイズに切って、食卓へ。

はんぺんの滑らかな食感が新しいだて巻きは、正月の食卓を華やかにしてくれますよ。

レシピ3. 黒豆

正月といったら黒豆ですよね!豊富な鉄分やカルシウムが含まれる黒豆は、特に妊娠中のママに必要な食材です。

鉄分は赤ちゃんの健康な成長を助け、カルシウムは母体の骨や歯を守ります。

黒豆の煮物は一見手間がかかるように思えますが、実は非常にシンプル。

前の晩に黒豆を水に浸けておき、翌日じっくりと煮るだけ。

甘さを加えて煮詰めていけば、ツヤツヤで美味しい黒豆の出来上がりです。

栄養価が高く、しっとりとした食感の黒豆は、妊娠中でも安心してたっぷりと楽しめますよ。

みなさん、妊娠中の正月食事もちょっとした工夫で楽しめるレシピがたくさんあります。

栄養満点で体にやさしい料理で、新しい年も健やかにスタートさせましょう!

【初節句のお祝いに】お食い初め・お祝い膳専門「お祝い膳.com」|忙しいママでも簡単準備でお祝いを
初節句のお祝い膳なら「お祝い膳.com」。簡単に準備できるお食い初めセットで大切な日をお手伝いします。

妊娠中の正月食事での注意点

妊娠中の正月を迎えるにあたり、食事では特に気を使うべきポイントがいくつかあります。

それでは、妊娠中のママたちが心地よく年始を過ごすために留意すべき、食事の量や頻度、そしてバランスに関するアドバイスをご紹介します。

食事の量について

妊娠している期間は特別で、食べ物ひとつひとつに意識を向けたいものですね。

例えば、おせち料理は豊かな味わいで私たちを楽しませてくれますが、塩分を多く含むものも少なくありません。

量を調整して召し上がることで、むくみや高血圧のリスクを軽減できます。

ここで大切なのは、ご自身の健やかな体調を維持するために、適量を心がけることです。

おいしさに引き込まれての食べ過ぎには、くれぐれもご注意ください。

食事の頻度について

食べる喜びは、妊娠中においても変わらないことでしょう。

けれども、胃もたれや消化不良を避けるためには、一度にたくさん食べるのではなく、少しずつ食事を分けてとることが推奨されています。

小分けにして頻繁にお召し上がりになることで、栄養吸収もスムーズになり、日頃の活動に必要なエネルギーが均等に供給されます。

そして何より、日々の食事がより充実したものになるはずです。

食事のバランスについて

文句なしに大切なのは、食事のバランスを整えることです。

妊娠を機に気を配りたい栄養素として、葉酸や鉄分がありますが、これらは赤ちゃんの健康な成長をサポートしてくれます。

お正月の食卓にも、野菜や果物、海草、豆製品など、様々な食品を取り入れることで、必要な栄養素をバランス良く摂取できます。

ぜひこの機会に、普段の食事に対する意識を見直してみませんか。

よくある質問と回答

妊娠中のお正月、頭を悩ませることもあるかもしれません。

以下では、ママたちから寄せられる質問に心を込めて回答します。

Q. 妊娠中でもおせち料理は食べられますか?

もちろんです!ただし、生ものやアルコール含有飲料、加えて塩分過多の食品は避けるやり方が賢明です。

温かくして食べることができる煮物や、減塩を意識した栄養豊富なメニューなどを選ぶことで、安心しておせち料理を楽しむことができます。

Q. 妊娠中にお酒は飲んでも大丈夫ですか?

健康な赤ちゃんとの出会いのためにも、アルコールは絶対に避けるべきです。

妊娠中に飲酒をすると、胎児が適正に成長することを妨げる恐れがあるため、お正月でもノンアルコールの飲料を選んでください。

Q. 妊娠中に昆布巻きは食べても大丈夫ですか?

はい、昆布巻きは妊娠中でも問題なく召し上がれます。

でも、昆布に含まれるヨウ素が胎児の甲状腺機能に影響を与える恐れがあるため、食べ過ぎは禁物です。

おいしい昆布巻きも適量を心掛けていただけたらと思います。
この記事では、妊娠中の正月食事における食材の選び方やレシピ、注意点を詳しくご紹介しました。

生ものやアルコール類は避け、昆布巻きはヨウ素の摂取量に注意が必要です。

また、田作りやはんぺんを使っただて巻き、黒豆など、栄養価が高く安全なレシピを提案しました。

食事の量や頻度、バランスに気をつけることも大切です。

妊娠中でも楽しめる正月食事の工夫をご紹介することで、プレママや子育て中のママを応援する情報を提供しています。

他の記事もぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました