PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中のむくみが気になる!原因と予防法を徹底解説

ALLジャンル

妊娠中のむくみ、気になりますよね。

私も妊娠した時は、足首がパンパンに!でも、むくみは多くの妊婦さんが経験する一般的な症状なんです。

でも、なぜ起こるの?どうすれば和らげられるの?今回は、妊娠中のむくみについて、その原因から対策まで、詳しくお話ししていきます。

ママになる準備をしながら、快適に過ごすためのヒントが満載ですよ。

妊娠中にむくみが起こる原因

妊娠中のむくみは多くの方が経験する症状です。

体のあちこちが浮腫んでしまい、不快感を覚えることもあるでしょう。

では、なぜ妊娠中にむくみが起こるのでしょうか?その主な原因について、詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスの変化

妊娠中は、女性ホルモンの分泌が大きく変化します。

特にエストロゲンプロゲステロンといったホルモンが増加し、体内の水分バランスに影響を与えます。

これらのホルモンには、体内に水分を貯留させる作用があるため、むくみの原因となるのです。

例えば、エストロゲンは血管を拡張させる働きがあり、体内の水分が血管外に漏れ出しやすくなります。

また、プロゲステロンは腎臓での水分再吸収を促進するため、体内に水分がとどまりやすくなります。

このようなホルモンバランスの変化が、妊婦さんの体にむくみをもたらすのです。

血液量の増加

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養を届けるために、体内の血液量が大幅に増加します。

妊娠後期には妊娠前と比べて血液量が約1.5倍にまで増えるそうです。

この増加した血液量が、むくみの一因となっているのです。

血液量が増えることで、血管内の圧力が高まり、水分が血管外に漏れ出しやすくなります。

特に、下半身の血管は重力の影響を受けやすいため、足や足首のむくみが目立ちやすくなります。

また、増加した血液量を心臓が十分にポンプ機能できないことも、むくみの原因となります。

子宮が大きくなって血流を妨げる

妊娠が進むにつれて、子宮は急速に大きくなっていきます。

この成長する子宮が、下半身の血流を妨げる原因となるのです。

特に、妊娠後期になると子宮の重さや大きさが増し、下腹部の血管を圧迫してしまいます。

その結果、足や足首の血液の流れが滞り、むくみが顕著になりやすくなります。

また、子宮の重みで骨盤内の静脈が圧迫されることで、下半身の血液が心臓に戻りにくくなり、さらにむくみを助長することもあります。

このような理由から、多くの妊婦さんが特に下半身のむくみに悩まされるのです。

【妊婦さんのむくみ対策】日常生活で気を付けたいこと

むくみは妊娠中によく見られる症状ですが、適切な対策を取ることで軽減できる場合があります。

快適に過ごすためにも、日常生活でできるむくみ対策について詳しく見ていきましょう。

簡単にできるものばかりですので、ぜひ試してみてください。

バランスの良い食事を心がける

むくみ対策の基本は、バランスの良い食事です。

特に注意したいのが塩分の摂りすぎです。

妊娠中の1日の塩分摂取量は7.5g未満が目安とされています。

醤油やみそ汁の量を減らし、野菜や果物をバランスよく取り入れることが大切です。

塩分の取りすぎは体内に水分を貯めこむ原因となりますが、かといって極端に制限するのも良くありません。

むしろ、カリウムを多く含む食品を積極的に摂取することをおすすめします。

バナナやほうれん草、じゃがいもなどのカリウムが豊富な食材は、体内の余分な塩分を排出する効果があります。

また、タンパク質も適度に摂取することで、血液中のタンパク質濃度が保たれ、むくみの予防につながります。

適切な水分補給を心がける

水分補給は、むくみ対策において重要な役割を果たします。

水分をこまめに摂取することで、体内の水分バランスが整い、むくみの軽減につながります。

ただし、一度に大量の水分を摂取すると、逆に体の冷えやむくみを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

常温や温かい飲み物を少量ずつ、こまめに飲むことがポイントです。

また、カフェインの取りすぎにも気をつけましょう。

カフェインには利尿作用がありますが、過剰摂取は体内の水分バランスを崩す可能性があります。

むくみ対策には、ハーブティーや白湯などがおすすめです。

レモン水やりんご酢を少量加えた水も、むくみ解消に効果があるとされています。

無理のない範囲で運動を取り入れる

適度な運動は、むくみの解消に効果的です。

特におすすめなのは、ウォーキングやスイミング、マタニティヨガなどの軽い運動です。

1日30分程度の運動を心がけましょう。

運動することで血液やリンパ液の循環が促進され、むくみの軽減につながります。

ただし、妊娠中の運動は無理のない範囲で行うことが大切です。

激しい運動は避け、かかりつけ医に相談の上で行うようにしましょう。

また、運動の前後にはストレッチを行い、体をほぐすことも大切です。

足首を回したり、つま先立ちをしたりする簡単なストレッチも、むくみ解消に効果があります。

長時間座りっぱなしは避ける

長時間同じ姿勢でいることは、むくみを悪化させる原因となります。

特に座りっぱなしの状態が続くと、下半身の血流が滞りやすくなります。

できるだけ1時間に1回は立ち上がり、軽く体を動かすようにしましょう。

トイレに立つときなどに、ついでにストレッチをするのも良いでしょう。

椅子やソファに座るときは、クッションや台などで足を高めにすることをおすすめします。

これにより、足の血流が改善され、むくみの軽減につながります。

また、横になって休むときも、足を少し高くすると効果的です。

仰向けで寝ると子宮が大動脈を圧迫する可能性があるので、左側を下にして横向きに寝るのがおすすめです。

セルフケアも取り入れる

日々のセルフケアも、むくみ対策として効果的です。

例えば、圧迫靴下を使用したり、足首から膝まで軽くマッサージしたりするのも良い方法です。

圧迫靴下は、下半身の血流を改善し、むくみを軽減する効果があります。

ただし、妊娠中の圧迫靴下は、選び方や使用方法を医師や助産師に相談してから使用するようにしましょう。

また、入浴時にお湯につかることも、むくみ解消に効果があります。

ぬるめのお湯に20分程度つかり、その後冷たいシャワーを浴びると、血行が促進されます。

さらに、アロマオイルを使ったマッサージも効果的です。

ラベンダーやレモングラスなどのアロマオイルには、むくみを軽減する効果があるとされています。

ただし、妊娠中のアロマオイル使用については、必ず専門家に相談してから行うようにしましょう。

【妊娠中×むくみ】よくある質問

妊娠中のむくみについて、多くのママから寄せられる疑問をピックアップしました。

むくみの始まる時期や、注意すべきサインについて詳しく解説していきます。

これらの情報を参考に、安心して妊娠生活を送りましょう。

Q. むくみはいつごろから始まりますか?

妊娠中のむくみは、個人差が大きいものの、多くの場合、妊娠中期(14〜27週)頃から感じ始めることが多いです。

この時期は、胎児の成長に伴い、母体の血液量が増加し始める時期と重なります。

ただし、早い方では妊娠初期からむくみを感じる場合もあれば、遅い方では妊娠後期になってから気づく場合もあります。

むくみの程度や出現時期は、体質や生活習慣、気候などの影響を受けるため、一概に「この時期」と決めつけることはできません。

大切なのは、自分の体の変化に敏感になり、気になる症状があれば、遠慮せずに産婦人科医や助産師に相談することです。

Q. むくみが片足だけの場合は要注意?

片足だけのむくみは、深部静脈血栓症(DVT)の可能性があるため、要注意です。

DVTは、血液の塊(血栓)が静脈内にできる病気で、妊娠中はホルモンバランスの変化や血液量の増加により、発症リスクが高まります。

特に注意が必要なのは、むくみに加えて痛みや熱感、発赤などの症状が伴う場合です。

これらの症状が現れたら、速やかに医師に相談しましょう。

また、長時間の同じ姿勢や長距離移動後に急にむくみが出現した場合も要注意です。

予防には、適度な運動や水分補給、弾性ストッキングの着用などが効果的です。

ただし、弾性ストッキングの使用は、圧迫の強さや着用時間など、正しい使用法を守ることが大切です。

自己判断せず、必ず医師の指導のもとで使用しましょう。

Q. 出産後もむくみが生じることはありますか?

出産後にむくみを経験するママは少なくありません。

産後のむくみは、妊娠中に増加した体液が戻る過程で起こる正常な現象です。

一般的に、出産後1〜2週間程度で徐々に改善していきますが、完全に元の状態に戻るまでには時間がかかる場合もあります。

産後のむくみ解消には、適度な運動と十分な休息のバランスが重要です。

出産直後は無理をせず、できる範囲で軽い運動から始めましょう。

例えば、授乳の合間に足首を回したり、ゆっくりと歩いたりするだけでも効果があります。

また、産後は水分補給も大切。

特に母乳育児中のママは、授乳のために多くの水分を消費するため、こまめな水分補給が必要です。

ただし、急激な水分摂取はかえってむくみを悪化させる可能性があるので、少しずつ定期的に飲むようにしましょう。

もし産後のむくみが長引いたり、急激に悪化したりする場合は、産後うつや甲状腺機能の低下など、別の健康問題のサインかもしれません。

心配な症状がある場合は、遠慮なく産婦人科医や助産師に相談してください。

【こやま園】の公式サイトはこちら

まとめ

妊娠中のむくみは多くの方が経験する一般的な症状です。

ホルモンバランスの変化や血液量の増加、子宮の成長による血流の変化がその主な原因となります。

むくみ対策としては、バランスの良い食事や適切な水分補給、適度な運動が効果的でしょう。

長時間同じ姿勢を続けることは避け、足を少し高くして休むのもおすすめです。

妊娠中期頃からむくみを感じる方が多いようですが、個人差が大きいのが特徴ですね。

片足だけのむくみや痛みを伴う場合は、医師への相談が必要となります。

出産後もしばらくはむくみが続くことがありますが、徐々に改善していくものですよ。

妊娠中や産後の体調の変化に不安を感じたら、ぜひ当サイトの他の記事も参考にしてくださいね。

皆さまの妊娠生活や子育てを応援しています。


 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました