PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

生魚を妊婦が避けるべき理由は?気になるポイント徹底解説

妊娠中の食事

妊娠中は、食べ物に気を付けたいと思う気持ち、とってもよく分かります。

特に生魚については、食べても大丈夫なのか、それとも控えた方が良いのか迷いますよね。

実は、妊婦さんが生魚を避けるべき理由があるんです。

免疫力の低下や水銀の影響、アニサキス感染のリスクなど、気になるポイントを一緒に見ていきましょう。

でも安心してください。

魚にはお母さんと赤ちゃんに嬉しい栄養もたっぷり。

しっかり加熱するなど、工夫次第で美味しく安全に食べられるんですよ。

今回は、生魚を控える理由と、おいしく食べるコツをご紹介します。

妊婦が生魚を避けるべき理由

妊娠中の女性にとって、健康的な食生活を送ることは非常に重要です。

しかし、生魚を食べることには潜在的なリスクが伴います。

妊婦が生魚を避けるべき理由について、詳しく見ていきましょう。

妊娠中は免疫力が低下している

妊娠中の女性は、体内で新しい命を育むために大きなエネルギーを必要とします。

その結果、免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなるのです。

特に生魚には、リステリア菌、ノロウイルス、腸炎ビブリオ、アニサキスなどの食中毒を引き起こす細菌や寄生虫が潜んでいる可能性があります。

これらの病原体は、健康な成人であれば問題ないかもしれませんが、免疫力の低下した妊婦にとっては大きな脅威となります。

食中毒に罹患すると、妊婦本人の健康だけでなく、胎児の発育にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。
したがって、妊娠中は生魚を避け、食中毒のリスクを最小限に抑えることが賢明だと言えるでしょう。

水銀の影響が懸念される

生魚を避けるべきもう一つの理由は、水銀の影響です。

魚には水銀が含まれており、特に大型の魚は食物連鎖の上位に位置するため、水銀の濃度が高くなる傾向があります。
妊娠中に過剰な水銀を摂取してしまうと、胎児の中枢神経系の発達に悪影響を与える可能性があるのです。

水銀は胎盤を通過し、胎児の脳に蓄積されやすいことが知られています。

その結果、胎児の脳の発達が阻害され、知的障害や運動機能の問題などが生じる可能性があります。

妊娠中は胎児の健やかな成長を最優先に考える必要があるため、水銀の影響が懸念される生魚は避けるべきでしょう。

ただし、魚に含まれる栄養素も重要なので、加熱調理された安全な魚を適度に摂取することをおすすめします。

アニサキス感染のリスクが高い

生魚を食べることで懸念されるリスクの一つに、アニサキス感染があります。

アニサキスは魚の内臓に寄生する寄生虫で、生きたまま人間の体内に入ると激しい腹痛を引き起こします。

アニサキス感染は、生魚を食べることで起こるリスクが高いのです。

妊娠中は特に注意が必要です。
なぜなら、アニサキス感染による激しい腹痛は、子宮収縮を引き起こし、早産や流産につながる可能性があるからです。

また、感染が重症化した場合は、外科的な治療が必要になることもあります。

妊娠中の女性にとって、手術は大きな負担となりますし、胎児への影響も懸念されます。

アニサキス感染のリスクを避けるためにも、妊娠中は生魚を控えることが賢明だと言えるでしょう。

妊婦が魚を摂取するメリット

妊娠中は食事の内容に気を遣う必要がありますが、生魚を避けるべきだからといって、魚そのものを敬遠する必要はありません。

実は、魚を適切に摂取することには多くのメリットがあるのです。

ここでは、妊婦が魚を食べることの利点について詳しく解説します。

栄養素が豊富

まず、魚には妊娠中の女性に必要な栄養素が豊富に含まれています。

代表的なものが、DHAやEPAといった高度不飽和脂肪酸です。

これらは、胎児の脳や目の発達に欠かせない栄養素として知られています。

また、魚は良質の動物性タンパク質の供給源でもあります。

妊娠中は、胎児の成長をサポートするために、タンパク質の需要が高まります。

魚に含まれるタンパク質は、胎児の健やかな発育を促進するのです。

さらに、魚にはセレンやヨウ素といった必須ミネラルも豊富に含まれています。

これらのミネラルは、胎児の成長と母体の健康維持に重要な役割を果たします。

したがって、妊娠中は積極的に魚を摂取し、胎児の発達に必要な栄養素を確保することが大切なのです。

鉄分とカルシウムの補給ができる

妊娠中は、鉄分とカルシウムの需要が高まります。

鉄分は胎児への酸素供給に欠かせない栄養素で、不足すると貧血のリスクが高まります。
一方、カルシウムは胎児の骨や歯の形成に必要不可欠です。
母体のカルシウムが不足すると、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。
そんな妊娠中に不足しがちな鉄分やカルシウムも、実は魚介類から効率的に摂取することができるのです。

例えば、イワシやサンマには鉄分が豊富に含まれています。

また、小魚を丸ごと食べることで、骨に含まれるカルシウムを効果的に摂取できます。

妊娠中は、積極的に魚を食事に取り入れ、鉄分とカルシウムの補給を心がけましょう。

ただし、生魚は避け、しっかりと加熱調理された魚を選ぶことが大切です。

食事のバランスが整う

妊娠中は、バランスの取れた食事を心がけることが何より重要です。

適度に魚を摂取することは、そのバランスを整える上で大きな役割を果たします。

魚は、肉類や卵、乳製品とともに、優れたタンパク質源として位置づけられています。

また、魚に含まれる健康的な脂肪は、妊娠中の女性の健康維持に役立ちます。

魚を食事に取り入れることで、野菜やフルーツ、穀物などとのバランスが整い、理想的な食事構成に近づくのです。

妊娠中は精神的な負担も大きいものですが、美味しい魚料理を楽しむことで、リラックスした時間を過ごすことができるでしょう。

ただし、生魚は避け、バランスよく魚を摂取することが肝要です。

【食べ方次第!】魚を安全に楽しむ方法

妊娠中は食事に気を遣う必要がありますが、魚を完全に避ける必要はありません。

適切な調理法と選び方、そして摂取量に注意すれば、お魚料理を安全に楽しむことができるのです。

ここでは、妊婦さんが魚を美味しく、安心して食べるためのポイントをご紹介します。

しっかりと加熱する

生魚や加熱不足の魚介類には、リステリア菌やアニサキスなどの有害な細菌や寄生虫が潜んでいる可能性があります。

これらは食中毒の原因となり、妊婦さんや胎児の健康に悪影響を及ぼす恐れがあるのです。

しかし、魚を十分に加熱することで、これらの危険性を大幅に減らすことができます。

魚を調理する際は、中心部までしっかりと火を通すことが重要です。

目安として、魚の切り身の場合は、表面が白っぽくなり、身がほぐれるまで加熱しましょう。

また、煮魚や汁物の場合は、沸騰させてから5分以上煮込むことで、安全性が高まります。

加熱調理は、味噌煮、塩焼き、煮付け、フライなど、様々な料理法で行えます。

香ばしい香りと柔らかな食感を楽しみながら、安心して魚を味わえるのは嬉しいですね。

ただし、揚げ物は食べ過ぎると脂質の摂りすぎになるので、頻度を控えめにすることも忘れずに。

安全な魚を選ぶ

妊婦さんが魚を選ぶ際は、水銀量の少ない種類を選ぶことが賢明です。

水銀は胎児の神経発達に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要なのです。

比較的水銀量が少なく、安全とされる魚には、サケ、アジ、サバ、イワシ、サンマなどがあります。

これらの魚は、DHAやEPAなどの良質な栄養素も豊富に含んでいるので、妊婦さんに適した食材と言えるでしょう。

また、漁獲時期や産地によっても魚の鮮度や品質は変わってきます。

旬の時期に獲れた地元の魚を選ぶことで、より美味しく安全に魚を楽しめます。

スーパーや魚屋さんで購入する際は、目が澄んでいて、ぷりっとした身が引き締まった魚を選ぶのがコツです。

鮮度の良い魚は、傷みにくく、安全性も高いので、見た目や匂いをしっかりチェックしてから購入しましょう。

摂取量の目安を守る

妊娠中は、バランスの取れた食事を心がける必要がありますが、魚の摂取量にも気を配りましょう。

特に、大型魚やマグロなど、水銀を多く含む魚については、食べる量と頻度を控えめにすることが大切です。

目安としては、サメ、カジキ、キンメダイ、メカジキなどの高水銀魚は、1回約80gまでとし、週に1~2回程度に留めるのが無難でしょう。

また、マグロ、ブリ、サワラなど、水銀量が中程度の魚は、1回100g程度、週に2~3回までが適量とされています。

一方、サケ、アジ、イワシ、サバなどの低水銀魚は、1回100g程度を目安に、週に3~4回まで食べても問題ありません。

ただし、妊婦さんの体調や食べる料理の種類によっても、適量は変わってきます。

自分の体の声を聞きながら、無理のない範囲で魚を楽しむことが何より大切なのです。

医師や管理栄養士に相談しながら、自分に合った魚の摂取量を見つけていきましょう。

適度に魚を取り入れることで、妊婦さんも赤ちゃんも健やかに過ごせるはずです。

まとめ

妊娠中の女性には生魚の摂取に注意が必要ですが、魚を適切に食べることで大切な栄養素を摂ることができるのです。

免疫力の低下や水銀の影響、アニサキス感染のリスクを考慮しつつ、しっかりと加熱し、安全性の高い魚を選び、適量を心がけることで、妊婦さんも美味しく健康的に魚を楽しめるでしょう。

魚を上手に取り入れた食生活は、妊婦さんとお腹の赤ちゃんの健康をサポートしてくれること間違いなしですよ。

当サイトには他にも妊娠中の食事について役立つ情報がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<
タイトルとURLをコピーしました