PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

授乳中でも安心して食べられる漬け物の選び方と食べ方ガイド

ALLジャンル

授乳中の食事は、赤ちゃんへの影響も考えなくてはいけませんよね。

漬け物は日本の食卓に欠かせない存在ですが、塩分が多かったり、アルコールが含まれていたりと、授乳中に食べていいのか迷ってしまうママも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、授乳中でも安心して食べられる漬け物の選び方と食べ方について、詳しくご紹介します。

漬け物選びのポイントや、おすすめの漬け物、食べ方の工夫など、授乳中のママに役立つ情報が満載ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

【授乳中】漬け物選びのチェックポイント

授乳中のママにとって、食事の選び方は大切なポイントです。

特に発酵食品である漬け物は、健康面でのメリットもありますが、塩分量や衛生面など気をつけたい点もあります。

ここでは、授乳中に安心して漬け物を選ぶためのチェックポイントをご紹介します。

塩分量はどれくらいか

授乳中は、塩分の摂りすぎに注意が必要です。

母乳中の塩分濃度が高くなると、赤ちゃんの体に負担がかかってしまう可能性があるからです。

厚生労働省が発表している「授乳婦の食事について」のガイドラインでは、1日の食塩摂取量の目標値を7g未満としています。

漬け物を選ぶ際は、塩分量をチェックすることが大切ですね。

塩分が少なめの浅漬けや、水で塩抜きをしたものがおすすめです。

また、漬け物に使用されている塩の種類にも注目してみましょう。

精製塩よりも天然塩の方が、ミネラルが豊富に含まれていて体に優しいと言われています。

ただし、天然塩を使用していても塩分量が高いものもあるので、総合的に判断することが重要です。

衛生環境が整っているか

漬け物は発酵食品なので、衛生環境が整っていないと雑菌が繁殖してしまい、食中毒のリスクが高まります。

自宅で漬物を漬ける際は、つくる前にしっかりと手を洗い、野菜も丁寧に洗浄することが大切です。

包丁やまな板、保存容器などの調理器具も、漂白剤などを使って念入りに消毒しましょう。

市販の漬け物を購入する場合は、製造元や販売店の衛生環境をチェックすると安心です。

HACCPという国際的な衛生管理基準を取得している会社の製品なら、安全性が高いと言えるでしょう。

賞味期限が切れていないか、保存状態が適切かどうかも確認が必要ですね。

アルコールが含まれていないか

お酒に漬け込んだ奈良漬や、酒粕を使った粕漬けなどは要注意です。

アルコールは母乳に移行するため、授乳中のママや赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。

アルコールが含まれている漬け物は避けた方が無難でしょう。

代わりに、昆布や鰹節、柚子胡椒などを使った漬け物を選ぶのがおすすめです。

素材の旨みを生かしたヘルシーな漬け物なら、授乳中でも安心して食べられます。

種類によっては、母乳の出を良くする効果も期待できるかもしれません。

授乳中におすすめの漬け物と食べるメリット

授乳中は、バランスの取れた食事を心がけることが大切です。

漬け物は発酵食品の一つで、うまく取り入れることで健康的な食生活につながります。

ここでは、授乳中のママにおすすめの漬け物と、食べるメリットについてご紹介しましょう。

授乳中におすすめの漬け物

授乳中のママにおすすめなのは、塩分が比較的少なめでさっぱりと味わえる漬け物です。

例えば、浅漬けや千枚漬けなどが挙げられます。

浅漬けは、野菜を軽く塩もみしてから冷蔵庫で数時間寝かせるだけなので、自宅で手軽に作ることができます。

大根やきゅうり、キャベツなどを使えば、シャキシャキとした歯ごたえと爽やかな風味が楽しめますよ。

一方、千枚漬けは、大根やにんじん、昆布などを細く切って、塩と砂糖で漬け込んだ漬け物です。

鰹節を加えることで旨みがアップし、ご飯のお供にぴったりな一品となります。

市販品を選ぶ際は、減塩タイプのものを選ぶと良いでしょう。

ビタミンCや食物繊維が手軽に摂れる

漬け物の大きな魅力は、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれていることです。

特に、ピクルスやしば漬けは、他の漬け物と比べてビタミンCの含有量が多いのが特徴です。

ビタミンCは抗酸化作用があり、免疫力を高める効果が期待できます。

授乳中は、ママも赤ちゃんも感染症にかかりやすくなるので、ビタミンCを積極的に摂取したいですね。

また、漬け物に使われる野菜には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には、便秘解消や血糖値の上昇を抑える働きがあります。

授乳中は便秘になりやすいので、食物繊維を意識的に摂ることが大切です。

ただし、食べ過ぎは逆効果なので、適量を心がけましょう。

腸内環境を整えてくれる

発酵食品である漬け物には、腸内環境を整える効果が期待できます。

漬け物に含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑制してくれます。

また、漬け物の食物繊維は、腸内の老廃物を排出する働きがあります。

例えば、キムチに含まれる乳酸菌は、整腸作用があると言われています。

たくあんに含まれる乳酸菌も、腸内フローラを整える効果が期待できます。

ただし、キムチは辛味が強いので、授乳中は食べ過ぎないように注意が必要です。

低塩タイプのキムチなら、比較的安心して食べられるでしょう。

食事の満腹感を感じやすくなる

漬け物は、よく噛んで食べる必要があるので、自然と食べる量が減り、満腹感を感じやすくなります。

授乳中は、ママの体型が気になる時期でもありますが、漬け物を上手に活用することで、食べ過ぎを防ぐことができるかもしれません。

また、よく噛むことで唾液の分泌が促進され、消化を助ける効果も期待できます。

授乳中は、ママの体に負担がかかりやすいので、消化の良い食事を心がけたいですね。

ただし、漬け物に頼りすぎるのは禁物です。

主食やメインのおかずとバランスよく組み合わせることが大切ですよ。

授乳中に漬け物を食べる際の注意点

授乳中のママにとって、漬け物は食卓に欠かせない存在ですよね。

しかし、漬け物を食べる際には、いくつかの注意点があります。

ここでは、授乳中に漬け物を安心して楽しむための、選び方や食べ方のポイントをご紹介します。

適量を守ることはもちろん、他の食材とのバランスや、アレルギーへの配慮など、知っておきたい情報が満載ですよ。

適量を楽しむ

授乳中のママにとって、漬け物は食卓に欠かせない存在ですが、塩分の摂りすぎには注意が必要です。

特に、梅干しやいぶりがっこ、しば漬け、らっきょうなどは、他の漬け物と比べて塩分が多めなので、食べ過ぎないようにしましょう。

1日に食べる量は、小皿1杯程度が目安です。

塩分の摂りすぎは、体内の水分バランスを崩し、むくみや高血圧の原因になることがあります。

授乳中のママは、赤ちゃんに十分な母乳を与えるためにも、適度な水分補給が大切ですが、塩分の摂りすぎはその妨げになってしまいます。

また、漬け物に含まれる塩分は、赤ちゃんにも影響を与える可能性があります。

母乳を通じて赤ちゃんに塩分が移行し、赤ちゃんの体調を崩してしまうこともあるのです。

そのため、授乳中のママは、漬け物を食べる量や頻度に気をつけることが大切です。

毎日食べるのではなく、2〜3日に1回程度にするのがおすすめです。

また、漬け物を食べる際は、必ず他の食材と一緒に食べるようにしましょう。

ご飯やサラダなどと一緒に食べることで、塩分の摂りすぎを防ぐことができますよ。

他の食材とバランスよく食べる

授乳中のママにとって、バランスのとれた食事は非常に重要です。

漬け物は発酵食品であり、乳酸菌などの健康に良い菌が豊富に含まれていますが、塩分が多いのが難点。

そこで、漬け物を他の食材と一緒に食べることで、栄養バランスを整えることができます。

例えば、漬け物と一緒に野菜や豆腐を食べるのがおすすめです。

野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、漬け物に不足しがちな栄養素を補ってくれます。

また、豆腐はタンパク質が豊富で、低カロリーなので、ダイエット中のママにもぴったりです。

発酵食品であるキムチやメンマも、単品で食べるのではなく、食事にプラスして楽しむのがおすすめです。

キムチは、漬け物の中でも特に乳酸菌が豊富で、免疫力を高める効果がありますし、メンマは食物繊維が豊富で、便秘解消に役立ちます。

ただし、キムチやメンマは、漬け物の中でも塩分が高めなので、食べ過ぎには注意が必要です。

キムチは、1回に食べる量を小皿1杯程度に抑え、メンマは1日に2〜3本程度にするのがおすすめです。

また、漬け物と一緒に食べる食材は、なるべく薄味のものを選ぶことが大切です。

濃い味付けの食材と一緒に食べると、塩分の摂りすぎにつながってしまいます。

薄味の食材と組み合わせることで、漬け物の美味しさを引き立てながら、バランスの取れた食事を楽しむことができますよ。

アレルギーや体調への影響を考慮する

授乳中のママにとって、漬け物は美味しくて健康的な食べ物ですが、中にはアレルギーや体調への影響が心配な漬け物もあります。

例えば、キムチには、辛味成分の「カプサイシン」が含まれています。

カプサイシンは、胃腸の働きを活発にする効果がありますが、食べ過ぎると胃腸の調子を崩してしまうこともあります。

授乳中のママは、胃腸の調子が悪いと母乳の出が悪くなることがあるので、キムチの食べ過ぎには注意が必要です。

そのほか、漬け物に使われる野菜そのものにアレルギーがある人もいます。

大根やきゅうり、なすなどの野菜は、比較的アレルギーを引き起こしにくい食材ですが、中にはアレルギー反応を示す人もいます。

もし、漬け物を食べた後に、体調に異変を感じたら、すぐに医師に相談するようにしましょう。

アレルギー症状が出た場合は、その漬け物を避けるようにします。

また、体調が優れない時は、漬け物を控えめにするのも一つの方法です。

漬け物は美味しくて健康的な食べ物ですが、授乳中のママは、自分の体調やアレルギーの有無を考慮して、上手に取り入れていくことが大切ですね。

【必見】 塩分や添加物が少ない=安心とは限らない?

授乳中のママにとって、赤ちゃんに与える影響を考えると、なるべく塩分や添加物が少ない漬け物を選びたいと思うのは当然のことです。

しかし、塩分や添加物が少ないからといって、必ずしも安心とは限らないのをご存知でしょうか。

実は、漬け物に使われる塩分や添加物には、漬け物を長期間おいしく安全に保つための重要な役割があるのです。

塩分は、漬け物の保存性を高め、腐敗を防ぐ効果がありますし、添加物には、漬け物の色や風味を保つ効果があります。

例えば、しば漬けには、塩分が多く含まれていますが、これは漬け物を長期間保存するために必要不可欠な材料なのです。

塩分が少ないしば漬けは、保存期間が短くなってしまうため、品質が落ちてしまうことがあります。

添加物が全く使われていない漬け物は、かえって腐敗しやすくなってしまうのです。

ただし、塩分や添加物が多すぎるのも問題です。

塩分の摂りすぎは、高血圧や むくみの原因になることがあります。

また、添加物の中には、アレルギー反応を引き起こすものもあります。

そのため、授乳中のママは、塩分や添加物が少ないからといって安心せず、適量を心がけることが大切です。

漬け物のパッケージに記載されている原材料や添加物、塩分量をチェックし、なるべく塩分や添加物が控えめな漬け物を選ぶようにしましょう。

また、漬け物を購入する際は、消費期限や保存方法にも十分注意が必要です。

塩分や添加物が少ない漬け物は、保存期間が短いことがあるので、期限内に食べきるようにしましょう。

漬け物は、日本の食文化に欠かせない存在ですが、授乳中のママは、赤ちゃんへの影響を考えて、上手に取り入れていくことが大切ですね。

まとめ

授乳中の漬け物選びのポイントは塩分量・衛生環境・アルコール含有量に注意することです。

浅漬けや千枚漬けなどの漬け物は、ビタミンCや食物繊維が豊富で腸内環境を整え、食事の満腹感を得やすいのでおすすめですよ。

ただし

食べる際は適量を心がけ、他の食材とバランスよく摂取することが大切ですね。
アレルギーの心配もあるので、体調変化には十分注意しましょう。

当サイトではプレママ・ママに役立つ情報をたくさん発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました