PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中にキムチを食べても安心?栄養とリスクを徹底解説!

ALLジャンル

妊娠中にキムチが食べたくなることってありませんか?

「妊娠中だからキムチは控えた方がいいのかな…」なんて心配になることも。

実は、キムチには妊婦さんにうれしい栄養がたっぷり!ただし、気をつけるべきポイントもあるんです。

この記事では、妊娠中のキムチ摂取について、栄養面やリスク、おすすめの食べ方まで徹底解説します。

安心しておいしく食べられる方法や、キムチ以外の発酵食品についても紹介しますよ。

妊娠中の食事で悩んでいるプレママさん、ぜひ最後まで読んでくださいね!

キムチは妊婦さんの味方?気になる栄養と注意点

キムチは発酵食品で栄養価が高く、妊婦さんにとって魅力的な食品です。

しかし、同時にいくつかの注意点もあります。

キムチの栄養価や食べる際の注意点について詳しく見ていきましょう。

キムチの栄養価

キムチは、韓国を代表する発酵食品として知られていますが、その栄養価の高さは妊婦さんにとって非常に魅力的です。

まず、キムチに豊富に含まれるビタミンCは、妊娠中の免疫力アップに欠かせません。

免疫力が高まることで、妊娠中にかかりやすい風邪などの感染症から身を守ることができます。

また、キムチに含まれるカロテンは、体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAは胎児の正常な発育に重要な役割を果たすため、適度な摂取が推奨されます。

ただし、ビタミンAの過剰摂取は胎児に悪影響を及ぼす可能性があるので、サプリメントなどでの追加摂取には注意が必要です。

さらに、キムチに含まれる食物繊維は、妊娠中によく見られる便秘の解消に役立ちます。

妊娠中はホルモンバランスの変化や子宮の肥大化により、便秘になりやすいのですが、キムチの食物繊維が腸内環境を整え、スムーズな排便を促進します。

加えて、キムチの発酵過程で生まれる乳酸菌は、腸内細菌のバランスを整える働きがあります。

健康な腸内環境は、妊婦さんの全身の健康維持に寄与し、胎児の健やかな成長にも間接的に貢献します。

このように、キムチは妊婦さんにとって非常に栄養価の高い食品といえます。

ただし、次に説明する注意点を踏まえつつ、適量を楽しむことが大切です。

【結論】妊娠中もキムチを食べてOK!

結論から言えば、妊娠中でもキムチを食べることは問題ありません。

むしろ、先ほど説明した栄養価の高さから、適度に摂取することをおすすめします。

ただし、全てのキムチが同じように適しているわけではありません。

妊婦さんが安心して食べられるキムチを選ぶコツをいくつかご紹介します。

まず、甘口キムチを選ぶことをおすすめします。

辛さを抑えることで、胃腸への負担を軽減できます。

妊娠中は胃腸の働きが低下しがちなので、刺激の少ない食品を選ぶことが大切です。

次に、塩分が少ない種類のキムチを選びましょう。

後ほど詳しく説明しますが、妊娠中は塩分の取りすぎに注意が必要です。

一般的に、白菜キムチよりも他の野菜を使ったキムチの方が塩分が少ない傾向にあります。

具体的におすすめなのは、きゅうりキムチ、白菜キムチ、大根キムチ(カクテキ)、山芋キムチなどです。

これらのキムチは、それぞれ特徴的な栄養素を含んでおり、妊娠中の健康維持に役立ちます。

例えば、きゅうりに含まれるビタミンKは骨の健康維持に、白菜に含まれる葉酸は胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減に寄与します。

適切な量と種類を選んで、安全に美味しくキムチを楽しみましょう。

注意点1. 塩分の摂りすぎを避ける

妊娠中の塩分摂取には特に注意が必要です。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、女性の1日の塩分摂取目安量は6.5g未満とされています。妊娠中であっても同じ量です。

キムチは発酵食品であるため、どうしても塩分が多くなる傾向にあります。

一般的に、キムチ100gあたりの塩分は約2.2gと言われています。

これは、1日の塩分摂取目安量の約3分の1に相当します。

つまり、キムチを食べすぎると、簡単に塩分の摂りすぎになってしまう可能性があるのです。

では、なぜ妊娠中に塩分の摂りすぎに注意する必要があるのでしょうか。

それは、高血圧や浮腫(むくみ)のリスクを避けるためです。

妊娠中は体内の水分量が増加するため、塩分の摂りすぎはより一層血圧を上昇させやすくなります。

高血圧は妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)のリスクを高める要因の一つです。

また、過剰な塩分摂取は体内の水分バランスを崩し、むくみを悪化させる可能性があります。

妊娠中はホルモンの影響で、むくみが起こりやすい状態にあるため、塩分の摂りすぎはこの症状をさらに悪化させかねません。

したがって、キムチを食べる際は、1回の摂取量を意識することが大切です。

例えば、白菜キムチなら1回30g程度(大さじ2杯くらい)を目安にするとよいでしょう。

また、キムチ以外の食事の塩分量にも注意を払い、1日全体の塩分摂取量をコントロールすることが重要です。

塩分を控えめにするための工夫として、キムチを他の食材と組み合わせて食べるのもおすすめです。

例えば、キムチを豆腐や野菜と一緒に食べることで、キムチの量を抑えつつ、満足感のある一品に仕上げることができます。

また、キムチを使った料理の場合は、他の調味料の使用を控えめにするなど、全体的な塩分バランスに気を配りましょう。

注意点2. 辛すぎるキムチを避ける

妊娠中は、辛すぎるキムチを避けることが賢明です。

その理由は主に二つあります。

一つは胃腸への負担を軽減するため、もう一つは胎児への影響を考慮してのことです。

まず、胃腸への影響について考えてみましょう。

妊娠中は、ホルモンの変化によって胃腸の働きが低下しやすくなります。

特に妊娠初期には、つわりの症状として吐き気や胃のむかつきを感じる方も多いでしょう。

このような状態で辛いキムチを食べると、胃腸に余計な負担をかけてしまい、不快感を増強させる可能性があります。

また、妊娠後期になると、大きくなった子宮が胃を圧迫し、胸焼けや逆流性食道炎の症状が現れやすくなります。

辛い食べ物は、これらの症状を悪化させる可能性があるため、注意が必要です。

次に、胎児への影響についてです。

辛い食べ物に含まれるカプサイシンなどの成分が、羊水を通じて胎児に影響を与える可能性があるという研究結果もあります。

ただし、これについては明確な科学的根拠が確立されているわけではありません。

しかし、妊娠中は胎児への影響を考慮し、念のため刺激の強い食べ物は控えめにするのが賢明でしょう。

注意点3. 保存方法や賞味期限に注意する

妊娠中は免疫力が低下しやすいため、食中毒のリスクが通常よりも高まります。

そのため、キムチの保存方法や賞味期限には特に注意を払う必要があります。

適切に管理されていないキムチは、有害な細菌が繁殖する可能性があり、食中毒を引き起こす危険性があります。

まず、キムチの購入時には必ず賞味期限を確認しましょう。

賞味期限内であっても、開封後はなるべく早めに食べきることが大切です。

一般的に、開封後の目安は冷蔵保存で1週間程度とされていますが、これは家庭での保存状態によっても変わってきます。

室温に長時間放置すると、雑菌の繁殖を招く恐れがあります。

また、冷蔵庫内でも密閉容器に入れて保存するのがベストです。

ガラスやプラスチックの密閉容器を使用すると、キムチの匂いが他の食品に移るのを防ぐこともできます。

保存中は、キムチを取り出す際に清潔な箸やスプーンを使用することも大切です。

使用済みの箸を使ってキムチを取り出すと、雑菌を持ち込んでしまう可能性がありますよ。

【#腸活】キムチ以外で摂りたい発酵食品

キムチは素晴らしい発酵食品ですが、妊娠中の腸活には他の選択肢も豊富にあります。

さまざまな発酵食品を取り入れることで、より効果的に腸内環境を整え、妊婦さんの健康をサポートできるのです。

味噌汁

味噌汁は、日本人にとってなじみ深い発酵食品の代表格です。

妊娠中の女性にとって、味噌汁は栄養価が高く、体に優しい食べ物として大変おすすめです。

味噌は大豆を発酵させて作られるため、豊富な栄養素を含んでいます。

特に、たんぱく質、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれており、これらは妊婦さんの健康維持に欠かせません。

味噌汁の魅力は、具材を変えることで栄養バランスを調整できる点にもあります。

例えば、ほうれん草やワカメを加えれば鉄分やカルシウムの摂取量を増やせますし、豆腐や油揚げを入れれば良質なたんぱく質を補給できます。

さらに、具だくさんの味噌汁にすることで食物繊維の摂取量も増え、妊娠中に悩まされがちな便秘の解消にも効果的です。

ただし、味噌は塩分を含むため、摂取量には注意が必要です。

1日1杯程度を目安に、薄めの味付けで楽しむのがおすすめです。

温かい味噌汁は、つわりで食欲がない時期にも胃腸に優しく受け入れられやすいので、妊娠初期から活用できる素晴らしい発酵食品なのです。

ヨーグルト

ヨーグルトは、妊婦さんの味方となる優れた発酵食品です。

乳酸菌が豊富に含まれており、腸内環境を整える効果があります。

健康な腸内環境は、妊婦さんの免疫力を高め、さまざまな妊娠トラブルの予防にも役立ちます。

特筆すべきは、ヨーグルトに含まれるカルシウムです。

妊娠中は胎児の骨格形成のために、通常よりも多くのカルシウムが必要となります。

ヨーグルトを毎日の食事に取り入れることで、効率よくカルシウムを補給できるのです。

また、ヨーグルトに含まれるビタミンB群は、妊婦さんの疲労回復や胎児の発育にも寄与します。

ヨーグルトの食べ方にもいくつかコツがあります。

プレーンヨーグルトを選び、果物やナッツを加えてアレンジするのがおすすめです。

これにより、さらに栄養価を高めることができます。

例えば、ブルーベリーを加えれば抗酸化物質の摂取量が増え、バナナを加えれば食物繊維とカリウムを補給できます。

また、ヨーグルトは便秘解消にも効果的です。

妊娠中はホルモンの影響で便秘になりやすいですが、ヨーグルトの乳酸菌が腸内環境を整え、自然な排便を促します。

朝食にヨーグルトを取り入れると、1日のスタートから腸を活性化させることができるでしょう。

ただし、市販のヨーグルトには糖分が多く含まれているものもあるため、選ぶ際は成分表示をよく確認しましょう。

糖分の摂りすぎは妊娠糖尿病のリスクを高める可能性があるためです。

無糖のプレーンヨーグルトを選び、必要に応じて自然な甘みの果物を加えるのが理想的です。

納豆

納豆は、妊婦さんにとって素晴らしい栄養源となる発酵食品です。

良質なたんぱく質や食物繊維が豊富に含まれており、妊娠中の栄養補給に大きな役割を果たします。

特に、納豆菌は腸内環境を整える効果が高く、妊娠中の便秘解消に役立ちます。

納豆に含まれる栄養素の中でも、特に注目すべきは葉酸です。

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させる重要な栄養素であり、妊娠初期から十分な摂取が推奨されています。

納豆100グラム当たり約200μgの葉酸が含まれており、これは妊婦さんの1日の推奨摂取量の約半分に相当します。

また、納豆には鉄分も豊富に含まれています。

妊娠中は血液量が増加するため、鉄分の需要が高まります。

納豆を定期的に摂取することで、貧血の予防にも効果があるのです。

さらに、納豆に含まれるビタミンKは、骨の形成や血液凝固に重要な役割を果たします。

納豆の食べ方にもいくつかコツがあります。

例えば、納豆にオクラを加えると、粘りが増して食べやすくなるだけでなく、食物繊維の摂取量も増えます。

また、納豆とネギの組み合わせは、ビタミンKの吸収率を高める効果があります。

ただし、納豆は特有の匂いや食感があるため、妊娠中の嗅覚や味覚の変化によって苦手に感じる方もいるかもしれません。

そのような場合は、納豆を使った料理にアレンジするのもよいでしょう。

納豆チャーハンや納豆スパゲッティなど、工夫次第でおいしく栄養を摂取できます。

複数の発酵食品を組み合わせる

発酵食品の真の力は、複数の種類を組み合わせることで発揮されます。

例えば、キムチと納豆、キムチと味噌などの組み合わせは、栄養面でもおいしさの面でも相乗効果を生み出します。

これらの組み合わせにより、腸内細菌叢の多様性が増し、より健康的な腸内環境を作り出すことができるのです。

複数の発酵食品を摂取することで、より多くの種類の善玉菌を腸内に取り込むことができ、結果として母体の健康維持に貢献します。

具体的な組み合わせ例としては、朝食に納豆トーストとヨーグルト、昼食にキムチ入りの味噌汁、夕食に小鉢の漬物を添えるなどが考えられます。

このように、一日の中でバランスよく異なる発酵食品を取り入れることで、腸内環境を整えつつ、多様な栄養素を摂取できます。

ただし、発酵食品の中には塩分を多く含むものもあるため、組み合わせる際は全体的な塩分摂取量に注意が必要です。

また、妊娠中は消化器系が敏感になっていることもあるため、新しい食品を取り入れる際は少量から始め、体調を見ながら徐々に増やしていくのが賢明です。

発酵食品の組み合わせを工夫することで、食事の楽しみが増えるだけでなく、妊娠中の栄養管理もより効果的に行えます。

さまざまな発酵食品を日々の食事に取り入れ、健康的な妊娠生活を送りましょう。

まとめ

妊娠中でもキムチを楽しむことができます。

栄養豊富なキムチは、免疫力アップや便秘解消に役立つ味方となるでしょう。

ただし、塩分や辛さには注意が必要です。

甘口や塩分控えめのキムチを選び、1回の摂取量を調整することがポイントになります。

きゅうり、白菜、大根、山芋など、様々な種類のキムチがあるので、自分の好みや体調に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

また、キムチ以外の発酵食品も積極的に取り入れると良いですね。

味噌汁やヨーグルト、納豆など、組み合わせて摂取することで、より豊かな栄養を得られます。

妊娠中の食事は赤ちゃんの健康にも影響します。

バランスの良い食事を心がけ、不安なことがあれば、必ず医師や栄養士に相談してくださいね。

当サイトでは、他にも妊娠中のママやプレママに役立つ情報をたくさん掲載しています。

ぜひ、他の記事もチェックしてみてください。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました