PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

子どもの敏感肌はなぜ起こる?毎日のケアにおすすめの商品もご紹介

ALLジャンル

お子さんの敏感肌に悩んでいるママやパパも多いのではないでしょうか。

実は、子どもの敏感肌には様々な原因があり、それぞれに合わせた適切なケアが大切なんです。

今回の記事では、

子どもの敏感肌の原因や日常生活で気をつけたいポイント、おすすめのスキンケア商品の選び方まで、詳しくご紹介していきます。

お子さんの肌トラブルでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

きっと、お子さんの肌に合ったケア方法が見つかるはずですよ。

子どもの敏感肌の原因は?

子どもの肌は大人に比べて非常にデリケート。そのため、ちょっとしたことが原因で敏感肌になってしまうことがあるのです。

ここでは、子どもの敏感肌の主な原因について詳しく解説します。

肌が薄くてバリア機能が発達していない

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は、大人の肌の半分ほどの厚さしかありません。

そのため、外からの刺激に対するバリア機能が十分に発達していないのです。

特に、生後6ヶ月までの赤ちゃんは、肌のバリア機能が未熟であるため、敏感肌になりやすい傾向にあります。

また、子どもの肌は、大人に比べて水分量が多く、脂質が少ないという特徴があります。このことも、肌の乾燥や外部刺激から肌を守る力が弱い原因と言えるでしょう。

肌が薄くてバリア機能が発達していないことは、子どもの敏感肌の大きな原因の一つです。

子どもの肌の特性を理解し、適切なスキンケアを行うことが大切です。

不適切なスキンケア

子どもの敏感肌を引き起こす原因として、不適切なスキンケアも挙げられます。

刺激の強い石鹸や洗剤を使用したり、こすりすぎたりすることで、肌のバリア機能が損なわれ、乾燥や炎症を引き起こす可能性があります。

また、大人用の化粧品や乳液などを子どもに使用することも、敏感肌の原因となり得ます。

大人用の製品は、子どもの肌にとって刺激が強すぎることがあるためです。

子どもの肌に合ったスキンケア製品を選び、優しく丁寧にケアすることが重要です。

洗浄の際は、ぬるま湯で優しく洗い流し、ゴシゴシこすらないようにしましょう。保湿の際は、低刺激の保湿剤を選び、肌に優しくなじませるようにします。

子どもの肌に合ったケア方法を心がけることで、敏感肌を予防しましょう。

生活環境

子どもの敏感肌は、生活環境が原因で引き起こされることもあります。

特に注意したいのが、室内の乾燥です。

暖房や冷房などにより室内が乾燥しすぎると、肌の水分が奪われ、バリア機能が低下してしまいます。

また、季節の変わり目や急激な温度変化も、子どもの敏感肌を引き起こす要因になり得ます。

温度や湿度の変化に肌が適応できず、乾燥や炎症を引き起こすのです。

生活環境が子どもの敏感肌に与える影響は大きいと言えるでしょう。

また、外出時は急激な温度変化に肌を晒さないよう、衣服で肌を保護することも大切です。

子どもの肌に優しい生活環境を整えることで、敏感肌を予防し、健やかな肌を守ることができるはずです。

遺伝的要因

子どもの敏感肌には、遺伝的な要因も関係していると考えられています。

例えば、家族にアトピー性皮膚炎の方がいる場合、子どもも敏感肌やアトピー性皮膚炎を発症するリスクが高くなるとされています。

アトピー性皮膚炎は、遺伝的な素因に加え、環境因子などが複雑に絡み合って発症すると考えられています。

また、敏感肌やアレルギー体質などの体質的な問題も、遺伝的な要因が関与していると言われています。

ただし、遺伝的な要因があるからと言って、必ず敏感肌やアトピー性皮膚炎を発症するわけではありません。

適切なスキンケアや生活習慣を心がけることで、症状を抑えることは可能です。

もし、家族に敏感肌やアトピー性皮膚炎の方がいる場合は、早めに医師に相談し、適切な対策を講じることが大切です。

日々の心がけ次第で、子どもの肌を守ることができるはずです。

【#子どもの敏感肌】毎日の生活で注意したいこと

子どもの敏感肌は、ちょっとしたスキンケアの工夫や生活習慣の改善で、症状を和らげることができます。

ここでは、子どもの敏感肌に悩むママやパパに向けて、日々の生活で注意したいポイントをご紹介します。

小さな積み重ねが、子どもの健やかな肌を守ることに繋がるはずです。

正しい入浴方法を守る

子どもの敏感肌を守るためには、正しい入浴方法を知っておくことが大切です。

入浴は、汗や汚れを洗い流し、肌を清潔に保つために欠かせません。しかし、間違った方法で入浴を行うと、かえって肌を傷めてしまう可能性があります。

入浴の際は、ぬるめのお湯(38~40度程度)を使用し、長湯は避けましょう。

熱すぎるお湯や長時間の入浴は、肌の乾燥を引き起こす原因になります。

また、ボディソープや石鹸は、低刺激のものを選ぶことが重要です。泡立てネットなどを使って、十分に泡立ててから肌に乗せ、優しく洗い流すようにしましょう。

ゴシゴシこすることは避け、手のひらを使って優しくなでるように洗うのがおすすめです。

刺激の少ないクリームやオイルで保湿する

敏感肌の子どもにとって、保湿は欠かせません。

肌の乾燥は、敏感肌を悪化させる原因になるため、こまめな保湿を心がけることが大切です。

保湿剤を選ぶ際は、刺激の少ない低刺激のものを選びましょう。

防腐剤や香料、着色料などが含まれていない、シンプルな処方の製品がおすすめです。

オイルタイプの保湿剤は肌に馴染みやすく、乾燥が気になる部分に重ねづけすることもできます。

保湿は、入浴後など肌が潤っているタイミングに行うのが効果的。肌が乾燥する前に保湿剤を塗り、潤いを閉じ込めましょう。

べたつきが気になる場合は、少量ずつ肌になじませるように塗ることをおすすめします。

保湿を習慣づけることで、肌のバリア機能を高め、敏感肌の症状を和らげることもできるでしょう。

部屋の湿度・温度を調整する

敏感肌の子どもを守るためには、生活環境を整えることも大切なポイントです。

特に、部屋の湿度と温度は、肌の健康に大きく影響します。

部屋が乾燥しすぎていると、肌の水分が奪われ、バリア機能が低下してしまいます。

逆に、湿度が高すぎると、汗をかきやすくなり、肌トラブルを引き起こす原因にも。

理想的な室内の湿度は50~60%程度と言われています。

加湿器を使用したり、洗濯物を部屋干しするなどして、適度な湿度を保つように心がけましょう。

また、室内の温度も肌に影響を与えます。

暖房や冷房の温度設定は、子どもの体調に合わせて調整することが大切です。エアコンの風が直接肌に当たらないよう、風向きにも気をつけましょう。

急激な温度変化も、敏感肌の原因のひとつ。部屋の温度と外気温の差が大きいと、肌が適応できずに乾燥や炎症を引き起こすことがあるのです。

汗をふき取ってこまめに着替える

汗は、肌トラブルを引き起こす原因の一つです。

特に、敏感肌の子どもは、汗をかくと肌が痒くなることも。汗をかいたら、こまめに汗を拭き取り、着替えさせることが重要です。

汗を放置すると、肌が蒸れて炎症を引き起こすことがあるためです。

汗拭きシートやタオルを使って、優しく汗を拭き取りましょう。拭き取る際は、ゴシゴシこすらず、軽く押さえるようにすることがポイントです。

汗をかいた衣服は、早めに着替えさせることが大切です。濡れた衣服は、肌との摩擦によって刺激になることがあります。

また、汗をかきやすい季節は、通気性の良い素材の衣服を選ぶことも有効です。綿100%などの天然素材は、肌に優しく、汗を吸収してくれるのでおすすめですよ。

敏感肌の子どもは、汗をかくと肌トラブルを起こしやすいため、こまめなケアが欠かせません。

汗を上手に管理することで、子どもの肌を守ることができるでしょう。

衣服や寝具は肌触りの良い素材を選ぶ

敏感肌の子どもにとって、肌に直接触れる衣服や寝具の素材選びも重要なポイントです。

肌に合わない素材は、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

衣服は、綿100%やシルクなどの天然素材がおすすめ。
肌に優しく、吸湿性や通気性に優れているため、敏感肌の子どもにぴったりです。

一方、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維は、汗を吸収しにくく、肌への刺激が強いため避けたほうが良いでしょう。

敏感肌の子どもが使いやすいスキンケア商品の特徴

敏感肌の子どもにとって、スキンケア商品選びは非常に重要です。

刺激が強すぎたり、肌に合わない成分が含まれていたりすると、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

そこで、敏感肌の子どもが使いやすいスキンケア商品の特徴について詳しく見ていきましょう。

低刺激で無添加のもの

敏感肌の子どもに使うスキンケア商品は、まず低刺激で無添加のものを選ぶことが大切です。

合成界面活性剤や香料、着色料、アルコールなどの刺激となる成分が含まれていないものを選びましょう。

肌に必要な成分だけを配合し、余計なものを省いたシンプルな処方のものが適しています。

また、防腐剤や酸化防止剤なども肌への刺激になることがあるため、できるだけ含まれていないものを選ぶと良いでしょう。

パッケージにも「低刺激」「無添加」など、敏感肌向けであることを示す表示があるものを参考にすると選びやすいですね。

nicoせっけんなら、優しい洗いあがりで敏感肌のお子さんも安心して使えますよ。

天然由来の成分を配合したもの

敏感肌の子どもには、天然由来の成分を配合したスキンケア商品もおすすめです。

植物由来のオイルやエキス、ハチミツなどの天然保湿成分は、肌に優しく潤いを与えてくれます。

ただし、中には天然成分でもアレルギーを引き起こすことがあるので注意が必要です。

特にエッセンシャルオイルは香りが強く刺激になることもあるので、使用する際は少量から試してみましょう。

また、オーガニック認証を取得している商品なら、より安心して使用できます。

天然由来の優しい成分で、敏感肌の子どもの肌を健やかに保ちましょう。

べた付きにくいもの

敏感肌の子どもの中には、べた付く感触を嫌がる子もいます。

肌に塗った後のべたつきが気になると、スキンケアを嫌がってしまうこともあるでしょう。

そのため、サラッとした使用感で肌になじみやすく、べた付きにくいスキンケア商品を選ぶのがおすすめです。

伸びが良く少量でも肌全体に行き渡るテクスチャーのものは、べたつきを感じにくいでしょう。子供が嫌がらずに使ってくれるものを選ぶことで、スキンケアを継続しやすくなります。

nicoオイルは、子どもの敏感肌にも優しい処方です。子どものスキンケアに迷っているママは、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

口コミ評価の高いもの

スキンケア商品選びで参考になるのが、実際に使用した人の口コミです。

特に敏感肌の子どもを持つ保護者の口コミは、同じ悩みを抱える人にとって役立つ情報が得られます。

SNSやブログ、商品レビューサイトなどで、敏感肌の子どもに使用した感想を探してみましょう。

ただし、口コミはあくまで参考程度に留めておくことが大切です。

肌の状態は個人差が大きいため、評判が良くても自分の子どもの肌に合うとは限りません。

実際に使用する前に、パッチテストをしたり少量から試したりして、肌への適合性を確認しておきましょう。

よくある質問と回答

子どもの敏感肌についてはさまざまな疑問があるかと思います。

ここでは、特によく寄せられる質問について、分かりやすく回答していきます。

ぜひ参考にしていただき、お子さまの敏感肌ケアに役立ててください。

Q. 子どもの敏感肌は良くなりますか?

子どもの敏感肌は、成長に伴って自然に改善されるケースが多いです。

バリア機能が徐々に発達し、肌のターンオーバーも整ってくるため、乳幼児期に比べて肌トラブルが起こりにくくなります。

ただし、アトピー性皮膚炎など遺伝的要因が強い場合は、適切なスキンケアを継続しながら、症状をコントロールしていく必要があります。

保湿を中心とした肌への優しいケアを心がけると同時に、かかりつけの小児科や皮膚科の先生に相談しながら、長期的な視点で肌の健康を保っていくことが大切です。

敏感肌の改善には個人差があるため、お子さまの肌の状態をよく観察し、医師の指導に従ってケアを行いましょう。

Q. 敏感肌の子どもに日焼け止めは必要ですか?

敏感肌の子どもは、紫外線に対して肌の反応が出やすいため、まずは帽子や日よけ付きの衣服で肌を保護することが大切です。

可能な限り直射日光を避け、日陰を歩くようにしましょう。

それでも外出時に日焼け止めを使う必要がある場合は、赤ちゃんにも使える低刺激タイプのものを選ぶようにします。

成分表示をよく確認し、肌への優しさが保証されているものを使用しましょう。

ベビー用や敏感肌用の日焼け止めは、肌への負担が少ない処方になっています。

ただし、使用する前には必ずパッチテストを行い、肌に異常がないことを確認してください。

また、汗をかいたらこまめに拭き取り、こすらずに優しく塗り直すことを忘れずに。

Q. 敏感肌でも保湿は必要ですか?

敏感肌の子どもは、肌のバリア機能が弱く乾燥しやすい傾向にあるため、しっかりと保湿ケアを行うことが何より大切です。

肌の潤いを保つことで、外部刺激から肌を守り、肌荒れを防ぐことができるのです。

ただし、敏感肌の子どもに使う保湿剤では、低刺激で肌に負担をかけないものを選ぶ必要があります。合成界面活性剤や香料、アルコールなどを含まないシンプルな処方のものがおすすめです。

保湿剤は、入浴後など肌が潤っているタイミングで、肌に優しくなじませるように塗ると肌への浸透がよくなります。

まとめ

子どもの敏感肌は、肌のバリア機能の未発達や遺伝的要因、生活環境など様々な原因が考えられます。

毎日のスキンケアでは、正しい入浴方法を守る、低刺激の保湿剤を使う、衣類の素材選びなど、できることから始めていくことが大切ですね。

口コミ評価も参考にしながら、お子さんの肌に合うものを見つけていきましょう。

当サイトでは、妊娠中のプレママから子育て中のママまで役立つ情報を発信しています。

他にも役立つ記事がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<
タイトルとURLをコピーしました