PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【ウォーターサーバー】子どもがいる家庭でも安全?今すぐやるべき対策も教えます

ALLジャンル

子育てで忙しいママにとって、ウォーターサーバーは便利な設備です。

でも、子どもがいる家庭では安全面が気になるケースも少なくありません。

今回は、ウォーターサーバーを子育て家庭で安全に使うためのポイントをご紹介します。

ウォーターサーバーの水質や設置場所の選び方、チャイルドロック機能の活用法など、ママが知っておきたい情報が満載ですよ。

ウォーターサーバーを検討中のママも、すでに使っているママも、ぜひ参考にしてくださいね。

子どもの安全を守りながら、ウォーターサーバーの便利さを存分に活用しましょう!

ウォーターサーバーでよくある質問

ウォーターサーバーは、近年急速に普及が進んでいる便利な家電製品ですが、「水質は本当に安全なの?」「ママにはどんなメリットがあるの?」といった疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ウォーターサーバーに関してよく寄せられる質問について、詳しく解説していきます。

Q. ウォーターサーバーの水質は安全ですか?

ウォーターサーバーの水質に対する不安を抱える方は少なくありませんが、実際のところ、ウォーターサーバーの水質は非常に高い安全性を誇っています。

特に、RO水(逆浸透膜ろ過水)や天然水を使用しているサーバーでは、不純物がほとんど取り除かれており、安心して飲用することができるのです。

ウォーターサーバーの水は、厳しい基準をクリアしなければ販売することができません。

定期的な水質検査が義務付けられており、常に清潔で安全な水が提供されているのです。

実際、ウォーターサーバーの水質基準は、水道法よりも厳しいとされています。

さらに、ウォーターサーバーのメーカーは、自社の水質に自信を持っています。

そのため、多くのメーカーが自社ホームページ上で水質検査結果を公開しているのです。

ウォーターサーバーの水質は、非常に高い安全性が確保されているのです。

もちろん、衛生面での管理も重要ですが、定期的なメンテナンスを行うことで、いつでも安全でおいしい水を飲むことができるのです。

Q. ママがウォーターサーバーを使うメリットは?

ウォーターサーバーは、特に小さなお子さんがいる家庭にとって、非常に大きなメリットをもたらしてくれます。

まず、何といっても買い物の負担が大幅に軽減されること。

毎回重たいペットボトルを買ってくる必要がなくなるため、身体的な負担が大きく減るのです。

また、ペットボトルを使用していると、ゴミの分別や処理に手間がかかってしまいます。

ウォーターサーバーの場合、ペットボトルを回収してくれることも多く、そういった手間もなくなるケースがほとんど。

ゴミ出しの回数も減らすことができるため、忙しいママにとっては嬉しいポイントですね。

さらに、ウォーターサーバーは冷水と温水の両方をすぐに使うことができるため、とても便利です。

ミルクを作るときなどに、わざわざお湯を沸かす必要がありません。

夜中の授乳時などにも、すぐにミルクを作ることができるので、ミルク作りの手間が大きく軽減されるのです。

加えて、家族の水分補給もらくらくです。

ウォーターサーバーがあれば、いつでも冷たくておいしい水を飲むことができます。

特に授乳中のママは、たくさんの水分を取る必要がありますが、ウォーターサーバーを使えば、十分な水分補給が可能となるでしょう。

ウォーターサーバーは、ママの負担を大幅に軽減してくれる、とても便利なサービスなのです。

Q. ウォーターサーバーのキャンペーンはありますか?

ウォーターサーバーは、多くの家庭で利用されている人気の家電製品ですが、導入にあたってはコストが気になるという方も少なくありません。

しかし、実はウォーターサーバーを提供している多くの会社が、お得なキャンペーンを実施しているのをご存知でしょうか。

例えば、ママに人気のウォーターサーバー「クリクラ」では、とても嬉しいキャンペーンが用意されています。

サーバーレンタル料が無料になることはもちろん、入会金や宅配料金までもが無料となるのです。

妊娠中・1歳未満のお子さんがいる場合ボトル3本が無料で試せるキャンペーンも!

これは、ウォーターサーバーを検討中のご家庭には非常に魅力的な条件ですね。

また、他社でも、サーバーレンタル料無料や、オムツやおしりふきをプレゼントなど、様々なキャンペーンが実施されています。

ちなみに、ウォーターサーバーの費用は、ペットボトルの水を買い続けることと比較すると、トータルではかなりお得になることが多いのです。

毎回の買い物の手間や、ゴミ処理の手間なども考慮すれば、ウォーターサーバーを導入するメリットは大きいでしょう。

もしウォーターサーバーの導入を検討しているのであれば、ぜひ各社のキャンペーン内容をチェックしてみてください。

ウォーターサーバー設置で気を付けること

ウォーターサーバーは、毎日の生活を快適にしてくれる便利な家電ですが、設置する際には、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。

特に小さなお子さんがいるご家庭では、安全面に十分に配慮することが大切です。

ここでは、ウォーターサーバーを設置する際の注意点について、詳しく解説していきましょう。

平らで安定した場所に設置する

ウォーターサーバーは、重心が高く不安定になりがちな家電製品です。

そのため、設置する際には、平らで安定した場所を選ぶことが非常に重要なのです。

特に、小さなお子さんがいるご家庭では、サーバーが倒れてケガをするリスクが高くなります。

ウォーターサーバーを設置する際には、がたつきがないか、しっかりと確認しましょう。

少しでも不安定な場合は、設置場所を変更するか、専用の転倒防止グッズを使用することをおすすめします。

中には、壁に固定できる転倒防止ワイヤーが付属しているサーバーもあります。

こうしたグッズを活用することで、より安全にウォーターサーバーを使用することができるでしょう。

また、サーバーの周りに十分なスペースを確保することも大切です。

ボトルの交換や、お手入れの際に、スムーズに作業ができるよう、ある程度の空間を空けておくことが重要なのです。

ウォーターサーバーは、正しく設置することで、安全で快適に使用することができます。

設置場所選びは慎重に行い、安心して毎日の生活に役立てていきましょう。

子どもの手の届きにくい場所に設置する

ウォーターサーバーは、温水も出るため、お子さんにとってはヤケドの危険が伴います。

特に、まだ小さなお子さんがいるご家庭では、サーバーの設置場所選びに細心の注意を払う必要があるのです。

できる限り、お子さんの手の届かない、高い位置に設置することが大切でしょう。

キッチンのカウンター上や、ダイニングテーブルの上など、大人の目の届く場所が理想的です。

お子さんの成長に合わせて、設置場所を変更していくことも重要なポイントですね。

実際、多くのご家庭では、お子さんの成長に伴って、サーバーの位置を変えているようです。

また、下置きタイプのウォーターサーバーを選ぶ場合は、ヤケドだけでなく、サーバーの転倒にも注意が必要です。

できれば、壁に固定できるタイプを選ぶことをおすすめします。

ちなみに、最近ではチャイルドロック機能が付いたウォーターサーバーも登場しています。

お子さんが簡単にお湯を出せないよう、安全機能が搭載されているのです。

例えば、クリクラのウォーターサーバーでは、温水はもちろん、冷水の給水コックにもロックをつけることができます。

小さなお子さんがいるご家庭では、こうした機能にも注目してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーは、正しく設置し、適切に管理することで、小さなお子さんがいるご家庭にとっても安全で便利な家電となりますよ。

直射日光や高温多湿を避ける

ウォーターサーバーは、直射日光の当たる場所や、高温多湿な環境に置くと、トラブルの原因となってしまいます。

サーバーの機能を十分に発揮させ、おいしい水を安定的に供給するためにも、設置場所選びは慎重に行いたいものです。

まず、直射日光が当たる場所は絶対に避けましょう。

直射日光が当たると水が劣化してしまうだけでなく、サーバー本体の温度が上がることで、故障のリスクも高まります。
冷水が出なくなったり、温度調節ができなくなったりと、トラブルが発生しやすくなるのです。

カーテンを閉めるなどして、日光が当たらないよう工夫することが大切ですね。

また、湿気の多い場所や、気温の高い場所も避けたほうが賢明です。

湿気は、サーバー内部にカビを発生させる原因となります。

衛生面でも好ましくありませんし、故障のリスクも高まってしまうのです。

理想的なのは、風通しが良く、温度変化の少ない場所です。

キッチンの片隅や、リビングの一角など、部屋の中央部よりも、やや壁際が望ましいでしょう。

エアコンの風が直接当たる場所も避けたほうが良いですね。

ウォーターサーバーは、適切な場所に設置することで、より快適に使用することができます。

ウォーターサーバーを使う際の注意点

ウォーターサーバーは、子育てママにとって忙しい日々の中で、とても便利なアイテムです。

でも、やけどや漏電などの事故を防ぐためにも、使用時には十分な注意が必要なんです。

ここでは、ウォーターサーバーを安全に使うためのポイントをご紹介します。

チャイルドロック機能をONにしておく

ウォーターサーバーの温水は、通常80〜95°Cと非常に高温なため、子どもが誤って触れてしまうと大変危険です。

やけどを防ぐためにも、チャイルドロック機能は必ず活用しましょう。

最近のウォーターサーバーには、ボタン式やコック式など、様々なタイプのチャイルドロックが搭載されています。
使い方は機種によって異なりますが、基本的にはボタンを押しながら温水レバーを動かしたり、温水ボタンを長押ししたりすることで解除できます。

日頃からチャイルドロックを習慣づけておくことで、もしもの事故を未然に防ぐことができるのです。

湯水を使うときは子どもを近づけない

ウォーターサーバーから温水を出す際は、子どもを近づけないように注意しましょう。

温水が飛び散ってやけどをする危険性があるからです。

特に、温水ボタンを押している最中や、コップに注いでいる最中は要注意。

できれば、子どもがいない場所で温水を用意するのがベストです。

また、ウォーターサーバーの周りに子どもが近寄れないよう、ベビーゲートなどを設置するのも効果的。

ママが少し目を離した隙に、子どもが温水に触れてしまわないよう、普段から十分な対策を講じておくことが大切ですよ。

定期的にメンテナンスをする

清潔で安全なお水を飲み続けるためには、ウォーターサーバーの定期的なメンテナンスが欠かせません。

サーバー内部の洗浄はもちろん、ボトルの交換時には、ボトルキャップ部分の消毒も忘れずに行いましょう。
また、機種によってはフィルターの交換が必要な場合もあります。
フィルターが古くなると、お水の味や匂いに影響が出るだけでなく、雑菌が繁殖するリスクも高まります。

定期的にフィルター交換を行うことで、いつでも新鮮でおいしいお水が飲めるようになりますよ。

メーカーによっては、定期メンテナンスを提供してくれるケースもあるので、契約前に確認を行うことが大切。
メーカーの推奨するメンテナンス方法に従って、こまめにケアしていきましょう。

配線も工夫する

ウォーターサーバーの配線は、思わぬトラブルを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

特に、たこ足配線は火災の原因にもなりかねません。

ウォーターサーバー用の専用コンセントを用意するか、テーブルタップを活用して、きちんと配線を整理しましょう。
また、サーバー本体にはアース線が付いている場合があります。

これは、万が一の漏電を防ぐための重要な役割を果たしています。

アース線をコンセントのアース端子に接続することで、感電や火災のリスクを大幅に低減できるのです。

配線周りは、ついつい後回しにしがちですが、子どもの安全を守るためにも、しっかりと対策を講じておくことが大切です。

まとめ

このように、ウォーターサーバーは厳しい基準をクリアした安全な水質と、冷水・温水がすぐに使える利便性で、忙しいママにおすすめの製品です。

設置の際は、平らで安定した場所に置き、子どもの手の届きにくい場所を選ぶことが大切ですね。

また、直射日光や高温多湿は避けましょう。

チャイルドロック機能を活用し、温水使用時は子どもを近づけないように注意が必要です。
定期的なメンテナンスやフィルター交換も忘れずに行いましょう。

ウォーターサーバーを上手に活用して、快適な子育てライフを送ってくださいね。

当サイトではプレママ・ママに役立つ情報を多数掲載しております。

ぜひ他の記事もチェックしてみてください。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました