PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中に便秘になるのはなぜ?原因と日常生活でできる解消法をご紹介

ALLジャンル

妊娠中の便秘、辛いですよね。

便秘が辛くて解消したいといった悩みを抱えているプレママさんも多いのではないでしょうか。

実は、妊娠中の便秘には明確な理由があり、また日常生活で実践できる解消法もたくさんあるんです。

この記事では、妊婦さんが便秘になりやすい3つの理由や、おすすめの解消法、さらには便秘解消に役立つ食べ物や飲み物までご紹介します。

これを読めば、妊娠中の便秘とどう向き合えばいいのかについてのヒントを得ることができるでしょう。

ぜひ最後まで確認してみてくださいね。

妊婦さんが便秘になりやすい3つの理由

妊娠中の便秘は多くの方が経験する悩みの一つです。

その原因はさまざまですが、主に3つの理由が挙げられます。

ホルモンバランスの変化や食生活の変化、そして体の変化が便秘を引き起こすのです。

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

ホルモンの変化でお腹の動きが鈍くなる

妊娠中は、体内のホルモンバランスが大きく変化します。

特に、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増加することで、腸の動きが鈍くなってしまうのです。

このホルモンは妊娠を維持するために重要な役割を果たしますが、同時に消化管の筋肉をリラックスさせる作用があります。

その結果、腸の蠕動運動が弱まり、食べ物の消化や排泄に時間がかかるようになります。

通常よりも長い時間をかけて腸内を通過する間に、水分が過剰に吸収されてしまい、便が硬くなりやすくなるのです。

このような理由から、妊婦さんの多くが便秘に悩まされることになります。

つわりで食事や水分が減ってしまう

妊娠初期に訪れるつわりの時期は、多くの妊婦さんにとって食事や水分摂取が難しくなる時期です。

吐き気や嘔吐、食欲不振などの症状により、十分な栄養や水分を摂ることができなくなってしまいます。

食事量が減少すると、腸に刺激を与える食物の量も減少し、排便を促す働きが弱まります。

また、水分摂取量が減ると、腸内の水分量も減少してしまいます。

その結果、便が硬くなり、スムーズな排便が難しくなるのです。

つわりの症状が落ち着いた後も、食事や水分摂取に気を付けることが大切です。

バランスの良い食事と十分な水分補給を心がけることで、便秘の予防や改善につながります。

子宮が大きくなって腸を圧迫する

妊娠が進むにつれて、赤ちゃんを包む子宮が徐々に大きくなっていきます。

この子宮の成長に伴い、お腹の中の臓器が圧迫されるようになります。

特に、腸は子宮の成長によって押し上げられたり、押しつぶされたりすることで、その動きが制限されてしまいます。

腸の動きが妨げられると、食べ物の消化や排泄にも影響が出てきます。

腸内での滞留時間が長くなることで、水分の過剰吸収が起こり、便が硬くなりやすくなるのです。

また、圧迫によって腸の形状が変わることで、便の通過がスムーズでなくなることも。

このような理由から、妊娠後期になるにつれて便秘の症状が強くなる方も少なくありません。

妊娠中におすすめの便秘解消法

妊娠中の便秘は辛い症状ですが、日常生活の中でできる解消法がいくつかあります。

食事や運動、生活習慣の見直しなど、安全で効果的な方法を試してみましょう。

ここでは、妊婦さんにおすすめの便秘解消法をご紹介します。

食物繊維たっぷりの食事を心がける

食物繊維は、便秘解消の強い味方です。

水溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して膨らみ、便のかさを増やします。

一方、不溶性食物繊維は腸の蠕動運動を促進し、便の通過をスムーズにします。

妊婦さんの1日の食物繊維摂取目標量は18g以上とされていますが、意識して摂取しないと不足しがちです。

野菜、果物、全粒穀物、豆類などを積極的に取り入れましょう。

例えば、朝食にはオートミールやブラウンブレッドを選び、サラダやスープで野菜をたっぷり摂取。

おやつには果物や乾燥果実を選ぶのも良い方法です。

ただし、急に食物繊維を増やすとお腹が張ったり、ガスが溜まったりする可能性があるので、徐々に増やしていくことが大切です。

また、食物繊維と一緒に水分をしっかり摂ることで、より効果的に便秘を解消できます。

水分をこまめに取る

十分な水分摂取は、便秘解消に欠かせません。

水分は便を軟らかくし、腸内での通過をスムーズにします。

妊娠中は体内の水分量が増加するため、通常よりも多めの水分摂取が必要です。

1日に1.5〜2リットルの水分を目安に、こまめに摂取するよう心がけましょう。

水やお茶はもちろん、スープやフルーツジュースなど、様々な形で水分を摂ることができます。

特に、朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲むことは、腸の働きを活発にする効果があります。

ただし、カフェインを含む飲み物の過剰摂取は避けましょう。

また、夜間頻尿を避けたい場合は、就寝前2〜3時間は水分摂取を控えめにするなど、工夫が必要です。

水分摂取を増やすことで、便秘解消だけでなく、むくみの予防や肌の調子改善など、妊娠中の体調管理にも役立ちます。

適度に運動する

適度な運動は、腸の動きを活発にし、便秘の改善に効果があります。

ただし、妊娠中の運動は、妊婦さんの体調や妊娠週数に応じて適切に行うことが重要です。

軽いウォーキングやストレッチ、妊婦向けのヨガなどがおすすめです。

例えば、1日20〜30分程度のウォーキングを習慣にするだけでも、腸の動きが良くなります。

また、骨盤底筋を鍛える運動は、便秘解消だけでなく、出産時にも役立ちます。

ただし、激しい運動や腹部に負担のかかる運動は避けましょう。

運動の種類や強度については、必ず主治医に相談し、個々の状況に応じたアドバイスを受けることが大切です。

運動習慣をつけることで、便秘解消以外にも、妊娠中のむくみ予防や気分転換、睡眠の質の向上など、さまざまな恩恵が得られます。

朝食後のトイレ習慣をつける

規則正しい排便習慣は、便秘の予防と改善に非常に効果的です。

特に朝食後は、胃結腸反射により腸の動きが活発になるため、排便のタイミングとして最適です。

朝食後30分以内にトイレに行く習慣をつけることで、自然な排便を促すことができます。

トイレでは、リラックスした姿勢を心がけ、いきみすぎないようにしましょう。

また、お腹を時計回りにやさしくマッサージすることで、腸の動きを促進させる効果があります。

腸内の便を肛門側に押し出すような感覚で、ゆっくりと円を描くようにマッサージします。

この習慣を続けることで、体内時計が整い、自然な排便リズムが身につきます。

ただし、トイレに長時間座ることは避け、5〜10分程度でも排便がない場合は一度あきらめて、次の機会を待つようにしましょう。

医師に相談する

便秘が続く場合や、症状がつらい時は、躊躇せず医師に相談することが大切です。

妊婦さんの中には「妊娠中だから我慢しなければ」と考える方もいますが、それは正しい選択とは言えません。

長期的な便秘は、痔や腹痛、吐き気などの不快な症状を引き起こす可能性があります。

また、便を出すためにいきみすぎると、お腹に負担がかかり、流産や早産のリスクを高める可能性もあります。

医師に相談することで、個々の状況に応じた適切な対処法を見つけることができます。

例えば、妊婦さんでも服用可能な緩下剤や浣腸の使用、食事療法などが提案されるかもしれません。

また、便秘以外の症状がないかチェックし、他の健康問題を早期に発見することもできます。

医師との相談を通じて、安心して快適な妊娠生活を送れるよう、サポートを受けることが重要です。

妊娠中も摂りやすい!便秘解消に役立つ食品

妊娠中は便秘解消に役立つ食品について紹介します。

ヨーグルトや納豆など日常の食事に取り入れやすいものばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

一つずつみていきましょう。

ヨーグルト

ヨーグルトは妊婦さんの便秘解消に欠かせない味方です。

豊富な乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を抑制することで、腸内環境を整えてくれます。

さらに、カルシウムも豊富に含まれているため、妊婦さんの栄養補給にも最適な食品と言えるでしょう。

毎日の朝食やおやつにヨーグルトを取り入れることで、腸内環境が整いやすくなり、便秘の予防にもつながります。

ギリシャヨーグルトなど、様々な種類のヨーグルトを試してみるのもおすすめです

好みの味や食感を見つけることで、継続的な摂取がより容易になるでしょう。

納豆で腸内環境を活性化

納豆は、日本古来の発酵食品として知られていますが、妊婦さんの便秘解消にも効果的です。

納豆菌を含む発酵食品であり、食物繊維が豊富なため、腸内環境の改善に良い影響を与えます。

さらに、納豆に含まれる酵素は消化を助け、腸の働きを活発にします。

たんぱく質やビタミンKも豊富に含まれているため、毎日の食事に納豆を取り入れることで、便秘の解消はもちろん、健康的な体づくりにもつながります。

納豆が苦手な方は、キムチや味噌など、他の発酵食品を試してみるのも良いでしょう。

腸内環境を整えるという点では、同様の効果が期待できます。

バナナで善玉菌を増やす

バナナは、便秘解消に効果的な食べ物の代表格と言えるでしょう。

バナナに含まれるオリゴ糖は、腸内の善玉菌の餌となります。

善玉菌が増えることで、腸内環境が整いやすくなり、便秘の改善に役立ちます。

また、バナナはエネルギー源としても優れているため、朝食や間食にぴったりです。

手軽に摂取できるバナナを毎日の食事に取り入れて、腸内環境を整えていきましょう。

完熟したバナナは消化が良く、便秘解消効果がより高まります。

一方で、青みがかったバナナには便を固める作用があるので、便秘気味の方は避けた方が良いでしょう。

キウイフルーツ

キウイフルーツは、妊婦さんの便秘解消に効果的な果物の一つです。

キウイフルーツは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいます。

これらの食物繊維は腸内で水分を吸収し、便を柔らかくするため、便秘解消に効果的です。

また、キウイフルーツはビタミンCやビタミンEなどのビタミンも豊富に含んでおり、美肌効果も期待できます。

朝食やデザートにキウイフルーツを取り入れてみてください。毎日1〜2個食べるだけで、便通の改善が期待できます。

キウイフルーツが苦手な方は、同じく食物繊維が豊富なイチジクやプルーンなどを代わりに摂取するのもおすすめです。

黒豆茶

黒豆茶は、妊婦さんの便秘解消に役立つだけでなく、リラックス効果も期待できる飲み物です。

カフェインを含まないため、妊婦さんでも安心して飲むことができます。また、水分補給にも適しているので、便秘予防にも効果的です。

黒豆茶には水溶性食物繊維が豊富に含まれているため、便秘に悩む妊婦さんにもおすすめです。
温かい黒豆茶を飲むことでリラックス効果も得られるので、就寝前に飲むのもよいでしょう。

黒豆茶が苦手な方は、ルイボスティーやハーブティーなど、他のカフェインレスの飲み物を試してみるのもおすすめです。水分補給と便秘解消の両方の効果が期待できます。

なた豆茶

なた豆茶には、腸内環境を整え、スムーズな排便を促す効果があるとされています。

なた豆茶の便秘解消効果の主役は、豊富に含まれる食物繊維です。

食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨らみ、便のかさを増やします。

これにより、腸の蠕動運動が活発になり、スムーズな排便につながります。

また、食物繊維は腸内細菌のエサとなり、善玉菌の増殖を促進します。

結果として、腸内環境が改善され、便秘の解消だけでなく、腸の健康維持にも役立ちます。

なた豆には、アミラーゼという消化酵素も含まれています。

アミラーゼは、主に炭水化物の消化を助ける酵素で、デンプンを分解する働きがあります。

この酵素の作用により、食べ物の消化が促進され、腸への負担が軽減されます。

消化が円滑に進むことで、便の形成も順調になり、結果的に便秘の改善につながります。

特に、炭水化物を多く摂取する食生活の方にとっては、なた豆茶のアミラーゼが消化を助け、腸内環境の改善に一役買うことでしょう。

また、なた豆に含まれるコンカナバリンAは、腎機能を助ける働きで知られていますが、実は便の排出にも効果があるとされています。

これには腸内の水分バランスを整える作用があり、適度な水分量を保つことで、便の硬さを調整します。

硬すぎず軟らかすぎない適度な硬さの便は、スムーズに排出されやすく、便秘の解消に役立ちます。

また、コンカナバリンAには、腸内細菌の増殖を抑制する効果もあるため、有害菌の過剰な増殖を防ぎ、健康的な腸内環境の維持にも貢献します。

【こやま園】の公式サイトはこちら

まとめ

妊娠中の便秘は決して珍しくない症状で、多くのママが経験するものです。

ホルモンの変化や子宮の成長など、さまざまな要因が重なって起こることがわかりました。

日常生活での工夫で改善できることも多いので、食事や運動、排便習慣などに気を付けてみましょう。

食物繊維や水分の摂取、適度な運動は特に重要ですね。

発酵食品やオリゴ糖を含む食品も便秘解消に役立つそうです。

ただし、症状が続く場合や辛い時は、無理をせず医師に相談することが大切です。

妊娠中の体調管理は赤ちゃんのためにも大切なことです。

便秘で悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

当サイトには他にも妊娠中のママやプレママを応援する記事がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました