PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【夏の定番】授乳中のスイカバー摂取|安全に食べるためのポイントをまとめました

授乳中のアイス

暑い夏の日には、涼しさを求めてスイカバーを手に取る授乳中のママも多くいます。

でも、授乳中は普段以上に食べ物に注意が必要な時期。スイカバーを安心して楽しむためにはいくつかのポイントがあるんです。

この記事では、授乳中のスイカバーをより安全に食べるためのポイントをはじめ、夏におすすめのおやつについてもまとめています。健康におやつを楽しみたいママは、ぜひ参考にしてくださいね。

授乳中のスイカバー摂取のメリット

暑い夏の日、授乳期間中のママにとってスイカバーはまさにぴったりのアイスです。

では、授乳中にスイカバーを食べると、ママにとってどんなメリットはあるのでしょうか。さっぱりとした甘さで心も身体もリフレッシュできるスイカバー。たくさんの魅力を掘り下げていきましょう!

授乳中のリフレッシュになる

育児の合間にほっと一息つきたい時、冷凍庫からサッと取り出せるスイカバーは手軽に楽しめます。

授乳中のママは物理的にも、精神的にも大きな負担を抱えがち。甘くて冷たいスイカバーを味わうのは、ママのリフレッシュ方法の一つと言えます。

ママがリラックスできていると、赤ちゃんも嬉しいはず。ママの気分が上向きになれば、母乳の質にも良いでしょう。

水分補給に役立つ

夏はとにかく暑くて、常に水分不足に陥りがちですよね。毎日忙しいママにとって、水分補給は後回しにしてしまう部分ではないでしょうか。

そんな時、水分たっぷりのスイカバーはまるで救世主。授乳中は普段よりも多くの水分を必要とするため、スイカバーで水分を摂取することはママの体調を整える上で大切です。

ひんやりした味わいで水分補給できるので、夏の暑い時期にも食べやすいですよ。

暑さ対策にも

スイカバーは、暑さで弱った身体を内側から冷やしてくれます。

そのため、夏の暑い日にこそ食べたくなるママも多いでしょう。食べすぎは体を冷やしてしまいますが、適量なら心配はいりません。

ママが快適に過ごせれば、赤ちゃんも穏やかでいられるはずです。

スイカバーを安全に楽しむための注意点

授乳は赤ちゃんにとってもママにとっても大切な時間。ちょっとした息抜きは大事ですが、注意したいポイントもあるんです。

夏の定番ともいうべきスイカバーを授乳中でも安心して楽しむために、いくつかの大切なポイントを見ていきましょう。

カフェインは含まれている?

スイカバーの成分表示には、カフェインに関する記載はありません。

ただ、カフェインは普段の生活で知らず知らずのうちに摂取してしまうもの。例えば、チョコレートにもカフェインが含まれていると言われているんです。

決して慎重になりすぎる必要はないものの、スイカバーも種に見立てたチョコが入っているため、食べすぎには注意しましょう。

赤ちゃんを守るためにも、成分表示を確認しておくと安心ですね。

アレルギー反応を確認

スイカバーには、小麦や乳、大豆が使用されています。

赤ちゃんの体はまだまだデリケートなので、ママにアレルギーがなくても赤ちゃんが反応を示す可能性があるんです。食べるときには少量から始めて、赤ちゃんの様子をしっかり観察してください。

万が一アレルギー反応が見られた場合には、すぐに医師の診断を受けましょう。

赤ちゃんが快適に過ごせる夏を過ごすためにも、慎重に新しい食事を取り入れるよう心がけましょうね。

保存方法と賞味期限を守る

スイカバーも、保存方法を誤ると美味しさが半減してしまいます。授乳中は、普段以上に食品の管理にはくれぐれも気を付けていただきたいと思います。

すぐに食べることができない時は、冷凍庫での保存を忘れずに!

授乳中におすすめの夏おやつ

赤ちゃんにしっかりと栄養を与えるのはもちろん、ママ自身の健康も大切です。

暑い季節には、おいしいだけでなく栄養豊富なおやつでリフレッシュするのも素敵ですね。続いては、授乳中でも安心して楽しめる夏のおやつについて詳しくご紹介しましょう。

冷凍フルーツ

夏の日差しは気持ちが良いものですが、どうしても体がほてりがち。そんな時には冷凍フルーツを楽しんでみませんか。

例えば、冷凍したブルーベリーやマンゴーは、暑い日に口に入れると体のほてりも落ち着きます。これらのフルーツには抗酸化物質が豊富に含まれているので、授乳ママにもうれしいですね。

冷凍すると長く保存できて、食べたい時にさっと取り出して楽しめます。小腹が空いた時はもちろん、食後のデザートにもおすすめ。ただし、冷たいものは体を冷やしてしまうため、食べすぎには要注意です!

ヨーグルトパフェ

甘いデザートが恋しくなることもあるはず。そんな時には、ヨーグルトパフェがおすすめです。

プレーンのヨーグルトに、お好きなフルーツやナッツ、さらにはグラノーラなどをトッピングすればできあがり!カルシウムやタンパク質は授乳期に重要な栄養素ですが、ヨーグルトパフェならこれらを美味しく補えます。フルーツやナッツからもビタミンやミネラルを摂取できるので、一石二鳥と言えますね。

見た目もカラフルで華やかなので、食べる前から気分が上がること間違いなしですよ。手軽に栄養満点のデザートを楽しんで、夏の暑さを乗り切りましょう。

野菜スティック

夏は、新鮮な野菜がたくさん出回る季節。野菜スティックは簡単に栄養を摂取できる上に、カラダを冷やし過ぎずに済むので授乳ママのおやつにぴったりです。

キュウリや人参、セロリなど、さまざまな野菜をスティック状にカットすれば、食べやすい野菜スティックになります。お好みでディップソースを用意すると味も変わって良いですね。

暑い季節でもさっぱり楽しめて、ビタミンやミネラルも豊富に補給できる野菜スティックは、ママにも赤ちゃんにも嬉しいおやつになります。

食事の準備が難しい時でも、サッと食べられるので、ぜひ作ってみてください!

こちらの記事では、使わなかった出産祝いについてまとめております。
現在授乳中のママもぜひ体験談をコメントでお寄せくださいね!
ぶっちゃけ使わなかった出産祝いって何?SNSで集めてみました
友人や身内、会社関係の方から妊娠報告を受けると、嬉しい気持ちになりますよね。 でも、その反面「何を贈ればいいんだろう?」...

まとめ

授乳中のスイカバー摂取は、ママにとっても赤ちゃんにとっても多くのメリットがあります。

リフレッシュ効果や水分補給、暑さ対策としての効果が期待できるスイカバーですが、赤ちゃんによってはアレルギーを引き起こす可能性もあります。さらに、おいしく食べるためには適切な保存方法を守ることも重要です。

栄養価や安全性を考慮すると、冷凍フルーツやヨーグルトパフェ、野菜スティックなどのおやつもおすすめですよ!

妊娠中から子育て中のママを応援する当サイトでは、さまざまな記事を掲載しています。

ぜひ他の記事もご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました