PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

モクテルって授乳中も飲める?母乳への影響は?まとめました

ALLジャンル

妊娠してから授乳まで、長期間お酒を控える必要があります。たまにはお酒の雰囲気だけでも味わいたくなりませんか?

そんなときにおすすめなのが「モクテル」です。

今回は、モクテルの基本知識から授乳中のママが安心して楽しむためのポイント、さらにはおすすめの楽しみ方までご紹介します。

ノンアルコールでも華やかな気分を味わえる、ママの味方「モクテル」の魅力をたっぷりとお伝えしていきますね。

モクテルってなに?授乳中のママも安心して楽しめる?

モクテルは授乳中のママにとって素敵な選択肢なんです。

アルコールを気にせず楽しめるだけでなく、おしゃれな気分も味わえるモクテルについて、詳しくご紹介していきましょう。

モクテルの正体

モクテルとは、「mock(模倣の)」と「cocktail(カクテル)」を組み合わせた造語で、ノンアルコールカクテルのことを指します。

見た目はカクテルそっくりなのに、お酒が入っていないという、まさに”偽物のカクテル”なのです。

色とりどりのシロップや果汁、炭酸水などを使って、本物のカクテルと見紛うほどの美しさと味わいを再現しています。

ホテルのバーやレストランでも提供されることが増え、最近では専門店も登場するほど人気が高まっているんですよ。

モクテルは、お酒が飲めない人や運転される方だけでなく、妊娠中や授乳中の方にも大変重宝されています。

授乳中のママも安心して楽しめる

授乳中のママにとって、モクテルは本当に心強い味方です。

アルコールが含まれていないため、赤ちゃんへの影響を心配することなく、安心して楽しむことができます。

特にアルコール0.00%のモクテルを選べば、より安全に楽しめるでしょう。

ママ友とのランチや、家族との食事の際に、華やかなグラスを手に乾杯する喜びを味わえるのは、何よりうれしいものです。

また、モクテルは見た目も味も本物のカクテルに劣らないので、周囲の人と同じように楽しめるという心理的な安心感も得られます。

さらに、ノンアルコールなので、授乳の合間にいつでも気軽に飲むことができるのも魅力的です。

モクテル摂取による母乳への影響

モクテルは基本的にアルコールを含まないため、母乳への悪影響を心配する必要はありません。

ただし、カフェインを含むモクテルについては、少し注意が必要です。

カフェインは母乳を通じて赤ちゃんに移行する可能性があるため、1日のカフェイン摂取量を200mg以下に抑えることが推奨されています。

これは、コーヒー約2杯分に相当します。

カフェイン入りのモクテルを選ぶ際は、含有量を確認し、1日の摂取量に気を付けましょう。

また、モクテルに使用されている果汁や香料によっては、赤ちゃんにアレルギー反応が出る可能性もあります。

そのため、新しい食材を使ったモクテルを飲む際は、少量から始めて様子を見るのが賢明です。

モクテルを楽しむ際の注意点

モクテルは授乳中のママにとって素敵な選択肢ですが、楽しむ際にはいくつか気をつけたいポイントがあります。

カロリーや糖分、カフェイン、そしてアレルギーについて、しっかりと把握しておくことで、より安心して美味しくモクテルを楽しめるようになりますよ。

カロリーと糖分の摂りすぎに気をつける

モクテルは、アルコールの代わりに糖分を多く含むものが少なくありません。

特に、フルーツジュースやシロップをベースにしたモクテルは、意外と高カロリーになることがあるんです。

授乳中は、赤ちゃんの健康のためにも、自分の体型維持のためにも、栄養バランスには気を配りたいところ。

モクテルを楽しむ際は、その日の食事内容とのバランスを考えて、適量を心がけましょう。

例えば、砂糖の代わりに低カロリー甘味料を使用したモクテルを選んだり、フルーツジュースベースのものなら100%ジュースを使用したものを選ぶのもいいでしょう。

また、自宅で作る場合は、シロップの量を控えめにしたり、炭酸水でさっぱりと仕上げるなど、工夫次第でヘルシーに楽しむことができます。

カフェイン入りモクテルは控えめに

カフェイン入りのモクテルは、特に注意が必要です。

授乳中のカフェイン摂取は1日200mg以下が望ましいとされています。

これは、一般的なコーヒー約2杯分に相当します。

カフェインは母乳を通じて赤ちゃんに移行する可能性があり、赤ちゃんの睡眠パターンに影響を与えたり、イライラの原因になることがあります。

モクテルを選ぶ際は、カフェインレスのものを選ぶか、カフェイン含有量を確認してから楽しむようにしましょう。

例えば、コーヒー風味のモクテルなら、デカフェコーヒーを使用したものを選んだり、お茶ベースのモクテルならカフェインレスのものを選ぶなど、工夫の余地はたくさんあります。

また、カフェイン入りのモクテルを飲む場合は、その日のコーヒーやお茶の摂取量も考慮に入れて、トータルでのカフェイン摂取量に気を付けましょう。

アレルギー成分をチェックする

モクテルには、果物やナッツ、香辛料などさまざまな食材が使われています。

これらの中には、アレルギー反応を引き起こす可能性のある成分も含まれていることがあります。

特に市販のモクテルを購入する際は、必ず成分表示をチェックしましょう。

自分自身にアレルギーがなくても、授乳中のママの食事は赤ちゃんに影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

例えば、ナッツアレルギーがある場合は、アーモンドシロップなどを使用したモクテルは避けた方が良いでしょう。

また、柑橘系の果物アレルギーがある場合は、レモンやライムを使用したモクテルに注意が必要です。

新しい食材を含むモクテルを試す際は、少量から始めて、赤ちゃんの様子を観察するのが賢明です。

もし心配な場合は、事前に医師や栄養士に相談するのも良いでしょう。

安全に配慮しながら、多様なモクテルを楽しんでいきましょう。

モクテルでリフレッシュ!授乳中ママにおすすめの楽しみ方

授乳中のママにとって、リラックスできる時間は貴重です。

モクテルを楽しむことで、心身ともにリフレッシュできる素敵な方法があります。

ここでは、おうちでゆっくり、ママ友との交流、外食時の楽しみ方をご紹介します。

自宅でゆっくりと楽しむ

忙しい育児の合間に、自宅で手軽に楽しめるモクテルは、ママにとって素敵なご褒美になります。

例えば、ノンアルコールのモヒートは、簡単に作れて爽やかな味わいが魅力です。

ライムジュース、フレッシュミント、はちみつ(または砂糖)、炭酸水を混ぜるだけで、本格的な味わいが楽しめます。

お風呂上がりのクールダウンにも最適で、疲れた体を癒してくれるでしょう。

また、フルーツを使ったモクテルも栄養満点でおすすめです。

季節の果物を使って、ビタミンCたっぷりのドリンクを作れば、美味しく健康的なひとときを過ごせます。

自宅で楽しむ利点は、赤ちゃんのそばにいながら、ほっと一息つける点。

お気に入りのカップを用意して、ソファでくつろぎながら飲むのも素敵ですね。

ママ友とモクテルパーティー

育児中のママにとって、同じ境遇の友人との交流は心のケアに大きな効果があります。

モクテルパーティーを開催すれば、おしゃれで楽しい時間を共有できます。

様々なフレーバーのモクテルを用意して、それぞれの好みを話し合うのも楽しいですよ。

グラスにこだわってみるのもおすすめ。

お気に入りのレシピを持ち寄って、みんなで作るのも良いアイデアですね。

モクテルに合わせて、軽食やスナックを用意すれば、より充実したパーティーになるでしょう。

この機会に育児の悩みや体験を共有し、お互いの頑張りを認め合うことで、心にゆとりが生まれます。

モクテルパーティーを通じて、ママ友との絆を深められるはずです。

外食でもモクテルで乾杯!

家族や友人との外食は、日常から少し離れてリフレッシュできる貴重な機会です。

そんなときこそ、モクテルで乾杯してみませんか?最近では、多くのレストランやカフェで様々なフレーバーのモクテルを提供しています。

メニューを見ながら選ぶ楽しみもあり、普段とは違った雰囲気を味わえるはずです。

例えば、季節のフルーツを使ったモクテルや、エスプレッソを使ったコーヒー風味のモクテルなど、選択肢は豊富です。

また、お店独自のオリジナルモクテルを試すのも面白いでしょう。

外食先でモクテルを楽しむことで、特別感を味わえます。

周りの人と同じように乾杯の瞬間を共有できるのも嬉しいポイント。

授乳中だからといって、楽しみを諦める必要はありません。

むしろ、新しい楽しみ方を見つける良い機会になりますよ。

まとめ

モクテルは授乳中のママも安心して楽しめるノンアルコール飲料です。

アルコールを含まないため、母乳への悪影響の心配はありません。
ただし、カフェインを含むモクテルは1日の摂取量に注意が必要でしょう。

また、糖分やカロリーの高いものもあるため、適量を心がけましょう。

自宅で簡単に作れるモクテルもあり、リフレッシュタイムにぴったりです。

ママ友とのパーティーや外食の際にも、モクテルがあれば楽しく乾杯できますね。

妊娠中や子育て中のママにとって、モクテルは安全でおしゃれな飲み物選択肢となるでしょう。

当サイトでは、他にも妊婦さんやママさんに役立つ情報を多数ご用意しております。

ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね。

当サイトでは、授乳中のノンアルコール情報を多数掲載しております。

ぜひこちらの記事もご覧ください。

授乳中も安全ってホント?ノンアルコール飲料の摂取ガイド

「授乳中の飲み物」カテゴリを見てみる

「授乳中の食事」カテゴリを見てみる


 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました