PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【ロングセラー】妊娠中にパナップを食べても大丈夫?確認すべきポイントは?徹底調査

ALLジャンル

妊娠中は食べ物に気を付けなきゃいけないって、気になりますよね。

特に大好きなアイスクリームは控えめにした方がいいのかな…なんて思ったりしません?そんなあなたに朗報です!

なんと、ロングセラーアイス「パナップ」は妊娠中も食べられるんです。

でも、気を付けたいポイントもあるので、上手に取り入れる方法を一緒に見ていきましょう。

妊娠中にパナップを食べても大丈夫?

妊娠中は食べ物の安全性について敏感になりがちですが、グリコの人気アイス「パナップ」は妊娠中も安心して食べられるのでしょうか?

パナップの特徴や、妊娠中に食べるメリットについて詳しく見ていきましょう。

【パナップの基本情報】江崎グリコのロングセラーアイス

パナップは、1978年に江崎グリコから発売されたロングセラーのアイスクリームです。

バニラアイスクリームの中心に、フルーツやチョコレートソースが入っているのが特徴です。

甘酸っぱいフルーツソースとクリーミーなバニラアイスの絶妙なハーモニーが、長年多くの人に愛され続けている理由でしょう。

シンプルながらも印象的な配色は、子供から大人まで幅広い世代に親しまれています。

1本あたりのカロリーは約180kcalと、アイスクリームの中では比較的低めです。

手頃な価格で手軽に楽しめるところも、人気の秘密かもしれません。

パナップは妊娠中も食べてOK!

妊娠中は、胎児の健康を第一に考えて食生活に気を遣う必要がありますが、パナップは妊婦さんも安心して食べられるアイスクリームです。

パナップに使用されている原材料は、乳製品、砂糖、フルーツソースなどで、妊娠中に避けるべき食品は含まれていません。

むしろ、パナップに含まれる乳成分は、妊娠中に必要なカルシウムなどの摂取に役立ちます。

カルシウムは胎児の骨格形成に不可欠な栄養素ですし、妊娠後期になると、胎児の骨が急速に発育するため、必要量が増加します。

アイスクリームを上手に取り入れることで、不足しがちなカルシウムを補うことができるでしょう。

ただし、アイスクリームに含まれる糖分や脂肪分は、食べ過ぎるとカロリーオーバーになりがちです。

妊娠中の望ましい体重増加のためにも、パナップは適量を心がけて楽しむことが大切ですね。

つわり中もアイスなら食べやすい

妊娠初期のつわりの時期は、気分が悪くて食べられるものが限られてしまうことがよくあります。

そんな時でも、冷たくてさっぱりしたアイスクリームなら比較的食べやすいと感じる妊婦さんは多いようです。

パナップは、フルーツソースの酸味がアクセントになっているので、甘ったるすぎずにさわやかな味わいが楽しめます。

バニラアイスの風味も優しい印象なので、つわりで敏感になった胃にもやさしいでしょう。

食べ方を工夫して、ゆっくりと少しずつ舐めるように食べるのもおすすめです。

ストレスを感じやすいつわり中は、無理をせずに自分の体調と相談しながら、食べられるものを探してみてくださいね。

パナップのようなアイスクリームが、つわりの症状を和らげてくれる存在になるかもしれません。

妊娠中にパナップを食べるとき気を付けたいこと

パナップは妊娠中も安心して食べられるアイスクリームですが、妊婦さんが気を付けたいポイントもあります。

適量を心がけることと、体を冷やしすぎないように注意することが大切です。

パナップを上手に取り入れるコツを見ていきましょう。

食べすぎに注意する

妊娠中は、健康的に体重が増加することが望ましいですが、急激な増加は避けたいところです。

アイスクリームは糖分と脂肪分を多く含むため、食べ過ぎるとカロリーオーバーになりがちです。

パナップを食べる際は、1日1個までを目安に、他の食事とのバランスを考えながら適量を心がけましょう。

毎日続けて食べるのは避け、時々のご褒美として楽しむのがおすすめです。

食べる頻度を調整することで、カロリーの取りすぎを防ぐことができます。

また、間食としてパナップを食べた場合は、次の食事の量を少し減らすなどの工夫も効果的でしょう。

妊娠中の体重管理は、自分と赤ちゃんの健康につながる大切なことです。

アイスクリームを上手に取り入れながら、バランスの良い食生活を心がけてくださいね。

体を冷やしすぎない

アイスクリームは冷たい食べ物なので、食べ過ぎると体を冷やしてしまう可能性があります。

妊娠中は特に、お腹の赤ちゃんへの影響を考えて、体温調節に気を遣う必要があります。

パナップを食べる時は、食べる速度をゆっくりにしたり、体を温めるお茶やスープと一緒に摂取したりするのがおすすめです。

また、冷房の効いた部屋で長時間アイスクリームを食べ続けるのは避けましょう。

適度に体を動かしたり、足元を温めたりするなど、体を冷やしすぎないように工夫することが大切です。

赤ちゃんのためにも、パナップを食べた後は体の状態をよく観察してくださいね。

食べるタイミングも工夫する

パナップを食べるタイミングを工夫することで、妊娠中のお母さんにとってもメリットがあります。

食後のデザートとしてパナップを少量楽しむのは、おすすめの食べ方の一つです。

食事と一緒にアイスクリームを食べることで、満足感が得られて食べ過ぎを防ぐことができます。

また、フルーツと一緒に食べるのもよいアイデアです。

パナップに含まれるビタミンCを、他のフルーツから効率的に摂取することができますよ。

妊娠中は、赤ちゃんのために栄養バランスを考えた規則正しい食生活が理想的です。

アイスクリームを上手にとり入れながら、三食しっかり食べることを心がけましょう。

パナップを適量楽しむことで、妊娠生活にちょっとした彩りを添えてみてはいかがでしょうか。

妊婦さんにおすすめ!アイスクリームの選び方

妊娠中は体調の変化や栄養バランスに気を遣う必要がありますが、時にはアイスクリームなどのちょっとした甘い癒しも大切です。

でも、どんなアイスクリームを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

ここでは、妊婦さんにおすすめのアイスクリームの選び方をご紹介します。

種類を見て選ぶ

アイスクリームには、乳固形分と乳脂肪分の量によって様々な種類があります。

一般的に、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓の4種類に分類されるのですが、その中でもパナップはラクトアイスに属します。

ラクトアイスは、乳固形分が比較的少ないため、カロリーが抑えめなのが特徴です。

妊娠中は体重管理にも気を付けたいところですから、カロリーが気になる方にはラクトアイスがおすすめと言えるでしょう。

また、アイスクリームには卵を使用しているものもありますが、妊娠中は生卵や半熟卵を避けるのが賢明です。

卵を使用しているアイスクリームを選ぶ場合は、しっかりと加熱殺菌されているものを選ぶようにしましょう。

さらに、乳製品が苦手な方やアレルギーがある方は、豆乳アイスやソルベなどの乳製品不使用のアイスを選ぶのも一つの方法です。

自分の体質に合ったアイスクリームを選ぶことで、安心して美味しく楽しむことができますよ。

味わいで選ぶ

妊娠中は、つわりなどの影響で味覚が変化することがあります。

そんな時は、酸味のあるシャーベットやフルーツアイスがさっぱりとしていて食べやすいかもしれません。

低カロリーなのもうれしいポイントですね。

一方で、妊娠後期になると甘いものが欲しくなる方も多いのではないでしょうか。

その場合は、バニラアイスとフルーツソースの組み合わせが楽しめるパナップのような、まろやかな味わいのアイスがおすすめです。
ただし、妊娠中は味覚が敏感になることもあるので、普段よりも甘さを強く感じてしまう可能性があります。

あまり甘すぎるアイスは控えめにし、甘さ控えめのアイスや、ヨーグルトアイスのようなさっぱりとした味わいのものを選ぶのも良いでしょう。

また、ナッツやチョコレートなどのトッピングが入ったアイスは、カロリーが高くなりがちなので注意が必要です。

シンプルな味わいのアイスを選ぶことで、カロリーオーバーを防ぐことができますよ。

カフェイン入りのアイスは避ける

妊娠中は、カフェインの摂りすぎにも注意が必要です。

カフェインは胎盤を通過してしまうため、胎児への影響が心配されるからです。

一般的に、妊娠中のカフェイン摂取は1日200mg以下に抑えるのが望ましいとされています。

これは、インスタントコーヒー約2杯分に相当します。

アイスクリームの中には、コーヒー味やティラミス味など、カフェインが含まれているものがあります。

パッケージの成分表示をチェックし、カフェインが入っていないものを選ぶようにしましょう。

また、チョコレートにもカフェインが含まれているので、チョコレート味のアイスやチョコレートソースがかかったアイスにも注意が必要です。

妊娠中は、カフェインレスのアイスクリームを選ぶか、カフェインの摂取量を把握しながら適量を楽しむようにしましょう。

まとめ

このように、妊娠中も健康的にアイスクリームを楽しむことができるのですね。

パナップなら妊婦さんの栄養補給にもうってつけ。

食べる量とタイミングや量には気を付けましょう。

ひんやりしすぎると体を冷やしすぎてしまいますから、食後のデザートとして少しずつ味わうのがおすすめです。

妊娠中のアイス選びのコツも参考になったのではないでしょうか。

カフェインの入っていないものを選んだり、カロリーの低いものを選んだりと、上手に取り入れていきたいものです。

妊娠中はどうしても食生活が偏りがち。

そんな時こそ、食事とのバランスを考えながら、時にはアイスで小さな幸せを感じてみるのもいいかもしれませんね。

当サイトでは、妊娠中のプレママから子育て中のママまで、みなさんの気になる情報をたくさん発信しています。

ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました