PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

子どもがお風呂を嫌がる!理由から困ったときの解決法まで教えます

ALLジャンル

子どもがお風呂を嫌がってしまうと、ママやパパは困ってしまいますよね。

お風呂を嫌がる理由は様々ですが、正しい対策をすれば、お風呂タイムを楽しい時間に変えることができるんです。

お子さんのペースに合わせて、おもちゃやご褒美を活用しながら、お風呂嫌いを克服していきましょう。

nico石鹸は天然由来成分100%なので、ママと赤ちゃんの肌に優しいですよ。

それでは、子どもがお風呂を嫌がる理由から対策、よくある質問まで詳しく解説していきます。

子どもがお風呂を嫌がる理由

お子様がお風呂を嫌がるのには、様々な理由が考えられます。

お子様の気持ちに寄り添いながら、その理由を探ってみましょう。

お風呂タイムが楽しい時間になるよう、一緒に工夫していくことが大切ですね。

顔や目にお湯がかかるから

お風呂を嫌がる理由の一つに、顔や目にお湯がかかることへの恐怖心があります。

大人でも、目にシャンプーが入ったり、顔に湯気がかかったりすると不快に感じることがありますよね。

まして、小さなお子様にとっては、目に染みるような痛みや、息苦しさを感じるかもしれません。

そんな時は、まずは無理強いせず、お子様の気持ちを受け止めてあげることが大切です。

お風呂に入る前に、「目に石鹸が入ると痛いから、ママが優しく洗ってあげるね」と声をかけてみましょう。

また、シャワーの水圧を弱めにしたり、シャンプーハットを使ったりすることで、顔や目にお湯がかかるのを防ぐことができます。

お子様の不安を和らげながら、少しずつ慣れていけるよう、サポートしてあげてくださいね。

お風呂の温度が合わないから

お風呂嫌いの原因として、お湯の温度が合わないことも考えられます。

大人が適温だと感じる温度でも、お子様にとっては熱すぎたり、逆に冷たすぎたりするかもしれません。

特に、熱すぎるお湯に入ると、火傷のリスクもあるので注意が必要です。

お子様が心地よいと感じる温度を見つけるために、まずは親子で一緒にお風呂に入ってみるのがおすすめです。

お子様の肌に直接触れながら、温度を確認しましょう。

目安としては、赤ちゃんの場合は38〜40度、幼児の場合は40〜42度が適温とされています。

お子様の反応を見ながら、少しずつ温度を調整していくことが大切ですね。

また、季節によっても適温は変わります。

夏場は少し低めの温度でも大丈夫ですが、冬場は少し高めの温度に設定すると良いでしょう。

お子様が心地よく入浴できる環境を整えることで、お風呂嫌いも改善されていくかもしれません。

遊びの途中で中断されるから

夢中になって遊んでいる時に、突然お風呂に入れられるのは、お子様にとってストレスになるかもしれません。

「あと5分だけ遊ばせて!」と駄々をこねたり、泣き出したりするお子様も少なくありません。

そんな時は、お風呂に入る10分前に「そろそろお風呂の時間だよ」と声をかけ、心の準備をさせてあげましょう。

また、お気に入りのおもちゃを持って入浴することを提案してみるのも良いですね。

お風呂の中でも遊びを継続できると分かれば、スムーズに入浴できるかもしれません。

さらに、お風呂上がりのご褒美を用意しておくのもおすすめです。

「お風呂に入ったら、大好きなアイスを食べられるよ」など、お子様が楽しみにできることを伝えておくと、モチベーションが上がるはずです。

お子様のペースに合わせながら、上手に入浴へと誘導していきましょう。

お風呂を嫌がる子どもにおすすめの対策

お子様がお風呂を嫌がる場合、まずは原因を見極めることが大切ですね。

そのうえで、お子様に合った対策を講じていきましょう。

ここでは、お風呂嫌いのお子様におすすめの対策をご紹介します。

楽しいお風呂タイムを過ごせるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お風呂用のおもちゃを用意する

お風呂嫌いのお子様には、お風呂用のおもちゃを用意してみましょう。

水に浮かぶボートや、水を吹き出すシャワーおもちゃなど、お子様が夢中になれるアイテムを選ぶのがポイントです。

お風呂の中で楽しく遊べば、自然とお風呂タイムが待ち遠しくなるはずです。

また、お子様の成長に合わせて、おもちゃを変えていくのも効果的です。

例えば、幼児期になれば、お風呂の中で絵本を読んだり、シャボン玉で遊んだりするのも楽しいですよね。

お子様の興味関心に合わせて、お風呂グッズを揃えていきましょう。

ただし、おもちゃの種類や数を増やしすぎるのは逆効果になることも。

あれもこれもと欲しがるお子様に振り回されず、適度な範囲でおもちゃを与えるようにしましょう。

お気に入りのおもちゃを大切に扱う心を育むことも、親の役目だと思います。

ママも一緒にお風呂に入る

お子様と一緒にお風呂に入ることで、お風呂嫌いを改善できることもあります。

親子のスキンシップを楽しみながら、お風呂の心地よさを伝えていきましょう。

お風呂で一緒に歌を歌ったり、お話をしたりするのもおすすめです。

お子様が安心できる時間を過ごせば、お風呂への苦手意識も和らぐはずです。

また、お子様の体を優しく洗ってあげることで、心身ともにリラックスできますよ。

せっけんは、お子様の敏感肌にも優しい、天然由来成分100%のものを選ぶと良いでしょう。

例えば、nico石鹸は、赤ちゃんからママまで使える、肌に優しいせっけんです。

お肌への刺激が少ないので、安心して使えますよ。

親子で一緒に、心地よいお風呂タイムを楽しんでくださいね。

お風呂上がりのご褒美を用意する

お風呂に入ることを頑張ったお子様には、ご褒美を用意してあげましょう。

お子様が好きなお菓子やシールなど、喜ぶアイテムを選ぶのがおすすめです。

「今日はしっかりお風呂に入れたね。えらいえらい!」と、お子様の頑張りをしっかり認めてあげることが大切ですよ。

ご褒美は、お風呂上がりの楽しみになるだけでなく、入浴へのモチベーションアップにもつながります。

「お風呂に入ったらシールがもらえるんだ!」と、お子様も前向きな気持ちになれるはずです。

ただし、ご褒美に頼りすぎるのは逆効果になることも。お子様が自発的にお風呂に入れるよう、徐々にご褒美を減らしていくことが大切です。

最初は毎日ご褒美を用意していても、慣れてきたら2日に1回にするなど、お子様の様子を見ながら調整していきましょう。

最終的には、ご褒美がなくてもお風呂に入れるようになることが目標ですね。焦らずに、お子様のペースに合わせて、ゆっくりと進めていきましょう。

お風呂嫌いが続く場合の対処法

お風呂を嫌がる子どもへの対応に頭を悩ませているママも多いはず。お風呂嫌いが続く場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

ここでは、お風呂嫌いが続く場合の効果的な対処法をいくつかご紹介します。子どもの気持ちに寄り添いながら、上手に乗り越えていきましょう。

無理強いはせず、子どものペースに合わせる

子どもがお風呂を嫌がる場合、無理強いはかえって逆効果になることがあります。

子どもの気持ちを尊重し、ゆっくりと慣れさせていくことが大切です。

例えば、最初は5分程度のお風呂から始め、徐々に時間を延ばしていく方法があります。

お風呂に入る前には、「今日は5分だけお風呂に入ろうね」と声をかけ、子どもの了承を得てから入浴するようにしましょう。

子どものペースに合わせて無理のない範囲で進めていくことで、お風呂に対する抵抗感を和らげることができます。

焦らずに子どもと一緒に乗り越えていきましょう。

お医者さんに相談する

お風呂嫌いが長期間続く場合や、子どもの様子に不安を感じる場合は、かかりつけ医や小児科医に相談するのも一つの方法です。

医師から客観的なアドバイスをもらうことで、育児の不安を軽減できるでしょう。

例えば、お風呂嫌いの原因が体調不良や皮膚トラブルによるものかもしれませんし、医師の診察を受けることで、適切な対処法を見つけることができるかもしれません。

また、発達の特性によってお風呂嫌いが起こっている可能性もあります。

専門医の意見を聞くことで、子どもに合った対応方法を学べるでしょう。

保育園や幼稚園の先生に相談する

お風呂嫌いへの対応に悩んでいる場合、保育園や幼稚園の先生に相談するのもおすすめです。

保育の専門家である先生方は、多くの子育ての経験を持っています。お風呂嫌いへの具体的な対処法や、ママへの励ましの言葉をもらえるかもしれません。

また、同じような悩みを抱えている保護者がいるかもしれません。先生を通じて情報交換ができれば、新たな気づきが得られるでしょう。

園での子どもの様子を先生から聞くことで、家庭では見えなかった子どもの一面を知ることもできます。

先生との連携を大切にしながら、お風呂嫌いを乗り越えていきましょう。

よくある質問と回答

お風呂嫌いのお子さんを持つママからは、さまざまな質問が寄せられます。

ここでは、よくある質問とその回答をご紹介します。

お風呂に関する疑問や不安を解消して、ママも子どもも笑顔で入浴できるようになりましょう。

Q. お風呂に入らない日が続くと体に悪いですか?

毎日お風呂に入れなくても、数日程度であればお風呂を休んでも心配ありません。

ただし、汗をかいた日や外遊びをした日は、体を拭くなどして清潔を保つことが大切です。

タオルや布で体を丁寧に拭くことで、汚れや汗を落とすことができます。また、お尻や脇の下など、汚れがたまりやすい部分は念入りに拭きましょう。

お風呂に入らない日が続く場合は、体臭や皮膚トラブルに注意が必要です。

体の様子を観察しながら、必要に応じてお風呂に誘導してみてくださいね。清潔を保ち、健やかな成長を支えましょう。

Q. シャワーだけでも大丈夫ですか?

毎日シャワーを浴びるだけでも、汚れを落とす効果はあります。

ただし、湯船につかることで得られる体を温める効果もあるので、できれば週に2〜3回は湯船に浸かるのがおすすめです。

子どもの様子を見ながら、徐々に湯船に入る時間を増やしていきましょう。

また、シャワーの温度や水圧にも気を付けてみてください。

Q. お風呂嫌いの子どもにおすすめの入浴剤はありますか?

色が変わったり、泡が出たりする入浴剤を使うと、お風呂嫌いの子どもでも、楽しく入浴できるでしょう。

子どもの好きなキャラクターの入浴剤を選ぶのもおすすめです。

ただし、子どもの肌は敏感なので、低刺激で香りの強すぎないものを選ぶことが大切です。

入浴剤の成分表示をチェックし、肌に優しいものを選びましょう。

また、お風呂用のおもちゃを一緒に使うのも効果的です。子どもの興味を引くおもちゃを用意して、お風呂の時間を楽しく演出しましょう。

工夫次第で、お風呂嫌いを克服できるかもしれません。

まとめ

子どもがお風呂を嫌がる理由は様々です。子どもの気持ちに寄り添いながら、ゆっくりと対応していくことが肝心と言えます。

お風呂用のおもちゃを用意したり、ママも一緒に入浴したりと、お風呂の楽しさを伝えることで、子どもの入浴への抵抗感を和らげることができるでしょう。

nico石鹸のような優しい石鹸を使えば、親子のスキンシップも安心して楽しめます。

それでもお風呂嫌いが続くようであれば、

無理強いせずに子どものペースを尊重しつつ、かかりつけ医や保育園の先生に相談するのも一つの方法です。
子育ては思うようにいかないこともありますが、子どもの気持ちに寄り添い、ゆっくりと向き合っていくことが大切ですね。

当サイトでは、他にも妊娠中のプレママから子育て中のママまで、様々な悩みに関する記事を掲載しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました