PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【授乳中ママの悩み】便秘を治したい!赤ちゃんに影響しない解消法はある?まとめました

授乳中の暮らし・生活
産後のママさんたち、便秘に悩んでいませんか?
「赤ちゃんに影響はないのかな」「薬を飲んでも大丈夫?」と不安になるのも当然です。

この記事では、授乳中のママさんが安全に便秘を解消できる方法をまとめました。

食事の工夫や軽い運動、そして薬の使用についても詳しく解説しています。

ママの体調は赤ちゃんの健康にも直結します。

快適な毎日を過ごすためにも、ぜひ最後までお読みください。

\お腹の調子を整えたい方にこやま園のなたまめ茶もおすすめです/

【こやま園】の公式サイトはこちら

授乳中の便秘に関する基本情報

授乳中のママさんにとって、便秘は悩ましい問題の一つです。

産後の体の変化や生活リズムの乱れなど、さまざまな要因が絡み合って起こる便秘。

その原因や赤ちゃんへの影響について、詳しく見ていきましょう。

産後の便秘に悩むママは多い

「産後、お通じが良くない…」そんな悩みを抱えているママさんは決して少なくありません。

実は、産後の便秘は珍しいことではなく、多くのママさんが経験する一般的な症状なのです。

出産後の体の変化や育児に追われる生活の中で、自然と便秘になりやすい環境が整ってしまうのです。

だからこそ、自分だけが悩んでいるわけではないと知ることが大切です。

周りのママさんたちも同じように悩んでいる可能性が高いのです。

この事実を知るだけでも、少し心が軽くなるのではないでしょうか。

産後の便秘は何が原因?

産後の便秘には、実にさまざまな原因が潜んでいます。

まず挙げられるのが、出産によって衰えた骨盤底筋の影響です。

この筋肉は排便にも関わっているため、その機能低下が便秘を引き起こすことがあります。

また、会陰切開を受けたママさんの中には、傷への不安から力むことをためらい、結果として便秘になってしまう方もいます。

さらに、授乳中のママさんに特有の原因として、水分不足が挙げられます。

母乳育児では体内の水分が母乳の生成に使われるため、知らず知らずのうちに脱水気味になりやすいのです。

これが便の水分量を減らし、硬くなってしまう原因となります。

加えて、出産後のホルモンバランスの急激な変化も便秘の一因となります。

特にプロゲステロンの減少は腸の動きを鈍くさせる可能性があります。

そして、赤ちゃんのお世話に追われる中で生活リズムが乱れがちになることも、便秘を助長する要因の一つです。

規則正しい食事や睡眠が取りにくくなることで、自然と腸の動きも不規則になってしまうのです。

赤ちゃんへの影響は?

ママさんの便秘が赤ちゃんに直接影響を与えることは、通常ありません。

しかし、便秘による不快感やストレスがママさんの心身に与える影響は決して小さくありません。

そのストレスが間接的に授乳や育児に影響を及ぼす可能性はあるのです。

ただし、便秘解消のために薬を使用する場合は注意が必要です。

一部の薬剤は母乳を通じて赤ちゃんに移行する可能性があるからです。

そのため、便秘薬を使用する際は必ず医師や薬剤師に相談することが大切です。

授乳中であることを伝え、安全性が確認された薬を適切な用量で使用することが重要です。

また、便秘が続くことで痔になるリスクも高まります。

痔になると座っているのも辛くなり、授乳姿勢の維持が難しくなる場合もあります。

このように、便秘は思わぬところで赤ちゃんとの大切な時間に影響を与える可能性があるのです。

だからこそ、早めに適切な対策を取ることが、ママさんと赤ちゃん双方にとって重要なのです。

ママと赤ちゃんに優しい便秘解消法

授乳中のママさんが安心して試せる便秘解消法があります。

赤ちゃんへの影響を最小限に抑えながら、ママさんの体調を改善する方法を紹介します。

日々の生活に無理なく取り入れられるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

食物繊維や油分を適量摂る

便秘解消の王道といえば、やはり食事改善です。

特に注目したいのが食物繊維と適度な油分の摂取です。

食物繊維は便のかさを増やし、腸の動きを促進する効果があります。

特におすすめなのが、サツマイモやセロリといった野菜類です。

これらは食物繊維が豊富なだけでなく、水分も多く含んでいるため、便秘解消に効果的です。

また、発酵食品も便秘改善に一役買ってくれます。

特にヨーグルトは腸内環境を整える乳酸菌を含んでおり、便秘に悩むママさんの強い味方となってくれます。

朝食にヨーグルトを取り入れるだけでも、大きな違いが出るかもしれません。

さらに、オートミールも便秘解消に効果的な食品の一つです。

水溶性食物繊維を豊富に含んでおり、腸内の善玉菌のエサとなって腸内環境を整えてくれます。

朝食やおやつとして取り入れやすいのも魅力です。

適度な油分の摂取も忘れずに。

オリーブオイルやアマニ油といった植物性オイルは、腸の動きを滑らかにする効果があります。

サラダにかけたり、料理の仕上げに使ったりと、日々の食事に取り入れやすいのが嬕力です。

ただし、過剰摂取には注意が必要です。

適量を心がけましょう。

軽い運動を取り入れる

便秘解消には適度な運動も効果的です。

特に、腸の動きを活発にするような軽い運動がおすすめです。

とはいえ、産後間もない時期や授乳中のママさんにとって、激しい運動は負担が大きすぎるかもしれません。

そこで、無理なく続けられる軽い運動から始めてみるのがいいでしょう。

例えば、ウォーキングは最も手軽に始められる運動の一つです。

赤ちゃんを抱っこひもやベビーカーに乗せて、近所を散歩するだけでも十分な効果が期待できます。

新鮮な空気を吸いながら体を動かすことで、腸の動きが活発になり、便秘解消につながります。

また、気分転換にもなるので、産後のメンタルケアにも良い影響を与えてくれます。

骨盤底筋体操も、産後のママさんにおすすめの運動です。

この体操は、出産で緩んだ骨盤底筋を鍛えるだけでなく、腹筋や腸の動きも促進してくれます。

寝たままでもできる簡単な体操なので、赤ちゃんが寝ている間や授乳の合間に行うことができます。

定期的に行うことで、便秘解消だけでなく、産後の体型回復にも効果があります。

こまめに水分補給する

便秘解消の基本中の基本が、適切な水分補給です。

特に授乳中のママさんは、母乳の生成にも水分を使うため、通常以上に水分補給が重要になります。

しかし、「水をたくさん飲まなきゃ」と思いすぎて、一度にガブ飲みするのは逆効果。

むしろ、少量ずつこまめに水分を取ることがポイントです。

お水やお茶を常に手の届くところに置いておき、喉が渇く前に少しずつ飲むようにしましょう。

また、朝起きたときにコップ1杯の水を飲むのも良い習慣です。

寝ている間に失われた水分を補給し、腸の動きを活発にしてくれます。

ただし、カフェインの過剰摂取には要注意です。

コーヒーや紅茶は利尿作用があるため、飲みすぎると逆に脱水を招く可能性があります。

代わりにハーブティーや白湯を選ぶのも良いでしょう。

特に、ローズヒップティーやルイボスティーには便秘解消効果があるとされています。

また、スープや具だくさんの味噌汁など、水分と食物繊維を同時に摂取できる食べ物も便秘解消に効果的です。

これらは腸内の水分量を増やし、便を柔らかくする働きがあります。

食事の際に意識して取り入れてみるのもいいでしょう。

便秘薬は使っても大丈夫?授乳中ママが知っておくべきこと

授乳中の便秘に悩むママにとって、薬の使用は慎重に検討すべき問題です。

赤ちゃんへの影響を心配する声も多いでしょう。

ここでは、授乳中に使用できる便秘薬や注意点、そして薬に頼らない解消法についてご紹介します。

授乳中に使える便秘薬

授乳中のママが便秘薬を使用する際は、赤ちゃんへの影響を考慮することが重要です。

幸いなことに、母乳への移行が少ないとされる薬剤もあります。

例えば、便を柔らかくする作用がある酸化マグネシウムは、授乳中でも比較的安全に使用できるとされています。
また、腸の動きを促進するピコスルファートナトリウムも、母乳を介して赤ちゃんに影響を与える可能性が低いと考えられています。
ただし、これらの薬剤を使用する前には、必ず医師や薬剤師に相談することが大切です。

個々の状況に応じて、最適な選択肢を提案してもらえるでしょう。

便秘薬の使用で注意すべきこと

授乳中に便秘薬を使用する際は、いくつかの重要な注意点があります。

まず、医師や薬剤師に授乳中であることを必ず伝えましょう。

この情報は、適切な薬の選択や用量の調整に不可欠です。

次に、処方された薬は指示された用量を厳守することが大切です。

過剰摂取は赤ちゃんへの影響のリスクを高める可能性があるため、決して自己判断で増量しないようにしましょう。

また、薬の使用開始後は、赤ちゃんの様子を注意深く観察することが重要です。

下痢や不快感などの異変が見られた場合は、速やかに医療機関に相談してください。

さらに、便秘薬の長期使用は避けるべきです。

体が薬に依存してしまう可能性があるため、できるだけ短期間の使用にとどめ、根本的な原因解決を目指しましょう。

便秘薬に頼らない解消法は?

便秘薬に頼らずに便秘を解消する方法もたくさんあります。

まず、朝起きてすぐに温水を1日1-2回、コップ1杯飲む習慣をつけてみましょう。

これは腸の動きを活発にし、自然な排便を促すのに効果的です。

また、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を積極的に取り入れ、腸内環境を整えるのも良い方法です。

これらの食品に含まれるプロバイオティクスは、便秘解消に役立つだけでなく、免疫力の向上にも寄与します。

さらに、お腹を時計回りにゆっくりとマッサージすることで、腸の動きを促進させることができます。

ストレス解消も重要なポイントです。

深呼吸やストレッチ、軽い運動など、自分に合ったリラックス法を見つけて実践してみましょう。

これらの方法を組み合わせることで、薬に頼らずに便秘を改善できる可能性が高まります。

\お腹の調子を整えたい方にこやま園のなたまめ茶もおすすめです/

【こやま園】の公式サイトはこちら

まとめ

授乳中のママが悩む便秘問題には、安全で効果的な解消法がたくさんあります。

食生活の見直しや適度な運動、十分な水分補給といった日常的な取り組みが、便秘改善の鍵となるでしょう。

便秘薬の使用に関しては、医師や薬剤師に相談することが大切です。

赤ちゃんへの影響を最小限に抑えつつ、ママの体調を整えることができます。

ストレス軽減や腹部マッサージなど、薬に頼らない方法も試してみる価値がありますね。

産後の体調管理は大変かもしれませんが、ゆっくりと自分のペースで改善していきましょう。

当サイトでは、プレママやママの皆様の悩みに寄り添う記事をたくさんご用意しています。

他の記事も参考にしていただき、楽しく健やかな子育てライフを送っていただければ幸いです。


 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました