PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中のネギトロ摂取|市販やお店のものは食べてOK?安全な選び方と注意点まとめ

ALLジャンル

妊娠中のママさんたち、ネギトロが食べたくなることってありますよね。

でも、「生魚だから危険かも…」と躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか。

実は、妊娠中のネギトロ摂取には意外な真実があるんです。

安全に楽しむコツや、おすすめの食べ方まで、ママの不安を解消する情報が満載です。

これから、妊娠中のネギトロ摂取について、気になる疑問や注意点をわかりやすく解説していきますね。

【妊娠中×ネギトロ】よくある質問

妊娠中のネギトロについて、まずはその基礎知識をQ&A方式で解説していきます。

ここでは、ネギトロの正体から妊婦さんの摂取リスク、食べても大丈夫かどうかまで、気になる疑問にお答えしていきます。

安心して美味しく食べられるよう、正しい知識を身につけましょう。

Q.ネギトロの正体は?

ネギトロという名前の由来は、実は「ねぎとる」からきているんです。

主にマグロの赤身を細かく刻んだものを指しますが、最近ではマグロ以外の魚を使ったものも見かけますね。

ただし、マグロの代替魚として知られる「アカマンボウ」は、実はそれほど一般的ではありません。

漁獲量が少なく、流通も不安定なため、広く使用されているわけではないのです。

ネギトロの美味しさの秘密は、口の中でとろけるような食感と、ネギの香りが絶妙にマッチすること。

お寿司屋さんで人気のメニューになるのも納得ですね。

Q. 妊娠中のネギトロ摂取にリスクはある?

妊娠中のネギトロ摂取には、寄生虫や食中毒のリスクがあります。

特に生の魚介類には、リステリア菌やアニサキスなどの寄生虫が潜んでいる可能性があるので要注意。

妊娠中は免疫力が低下するため、これらに関するリスクが高まります。

菌や寄生虫に感染すると、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。また、食中毒を起こすと十分な栄養が取れなくなり、胎児の発育に影響を及ぼす恐れも。

また、マグロに含まれる水銀のリスクも見逃せません。特にミナミマグロやクロマグロ、メバチマグロは水銀が多いマグロです。

厚生労働省が摂取目安を公表しているので、確認してみてください。

しかし、だからといって魚介類を完全に避ける必要はありません。

むしろ、魚に含まれるDHAは胎児の脳や神経の発達に重要な栄養素。

上手に取り入れることが大切なんです。

Q. 妊娠中にネギトロを食べてもOKですか?

妊娠中にネギトロのネギトロは避けた方が無難といえます。

基本的には、加熱済みの魚を選ぶのが最も安心です。
ネギトロの代替品も発売されているので、それらを利用するのも一つの手段。

でも、どうしてもネギトロが食べたい!という場合は、いくつかの点に気をつけましょう。

まず、店舗の衛生環境が整っているかを確認すること。

信頼できるお店で提供されているネギトロなら、比較的安全と言えます。

スーパーなどで購入する場合は、新鮮なものを選び、できるだけ早く食べきるのがポイント。

また、自身の体調にも注意を払いましょう。

少しでも体調が優れないと感じたら、その日は控えめにするのが賢明です。

結局のところ、完全に安全とは言い切れないため、可能ならネギトロ摂取は出産後まで控えるのが安全と言えるでしょう。

妊婦さんがネギトロを食べる際の注意点

妊娠中にネギトロを楽しむためには、いくつかの注意点があります。

新鮮なものを選ぶことから、適量を守ること、そして加熱して食べる方法まで。

これらのポイントを押さえれば、より安全にネギトロを味わうことができますよ。

ここからは、具体的な注意点をご紹介します。

加熱して食べる

妊婦さんがネギトロを食べる際、最も安全な方法は加熱して食べることです。

加熱することで、多くの有害な菌を死滅させることができるからです。

しっかりと火を通すことで、リステリア菌やサルモネラ菌といった食中毒の原因となる細菌のリスクを大幅に減らせます。

では、具体的にどのように加熱すれば良いのでしょうか?一つの方法は、ネギトロを軽く炒めること。

フライパンで軽く火を通すだけでも、安全性が格段に上がります。

また、まぐろフレークを使用するのも良い選択肢です。

これは既に加熱処理されているので、そのまま食べても安全です。

まぐろフレークを使ったどんぶりやお茶漬けは、手軽で美味しく、栄養も摂れる優秀メニュー。

さらに、ネギトロを具材としたグラタンやキッシュなど、オーブン料理にアレンジするのも良いでしょう。

加熱することで味や食感が変わりますが、それはそれで新しい美味しさを発見できるかもしれません。

代替品を選ぶ

ネギトロの代替品を選ぶことも一つの手段です。

ネギトロの風味や食感を再現した代替品が販売されています。

食中毒の危険も少なく、安心して摂取できますよ。

例えば、あづまフーズが販売している「まるでネギトロ」はこんにゃくの加工食品で、マタニティフード認定も受けています。

楽天市場やAmazonで販売されているので、ぜひ確認してみてください。

また、アボガド粗く潰してをネギと和えることでネギトロ風に楽しむこともできますよ。

新鮮なものを選ぶ

新鮮なネギトロを選ぶことは、妊婦さんにとって特に重要です。

鮮度が落ちた魚介類は、細菌が繁殖しやすくなり、食中毒のリスクが高まるからです。

では、どうやって新鮮なネギトロを見分けるのでしょうか?まず、色を確認しましょう。

鮮やかな赤色で、つやがあるものが新鮮です。

次に、匂いをチェック。

生臭さがなく、むしろ海の香りがするものが良質です。

また、パック詳細の消費期限や製造日にも注目。

なるべく製造日の新しいものを選びましょう。

スーパーなどで購入する際は、冷蔵庫の温度も確認すると良いでしょう。

適切な温度管理がされているお店を選ぶのも、安全性を高める一つの方法です。

衛生環境が整っているお店で購入する

妊婦さんがネギトロを購入する際、お店の衛生環境は極めて重要です。

清潔な環境で調理・販売されているネギトロは、食中毒のリスクが低くなるからです。

では、どのようにして衛生的なお店を見分けるのでしょうか?まず、店内の清潔さをチェックしましょう。

床や調理台、スタッフの身だしなみなどが清潔に保たれているかを観察します。

次に、食材の保管状態を確認。

適切な温度管理がされているか、生の魚と調理済みの食品が区別されているかなどがポイントです。

また、スタッフの手洗いや調理器具の消毒頻度も重要な指標。

これらに気を配っているお店は、衛生意識が高いと言えるでしょう。

信頼できる老舗の鮮魚店や、衛生管理が徹底されているスーパーマーケットなどを選ぶのも良い方法です。

適量を楽しむ

妊娠中のネギトロ摂取は、適量を守ることが大切です。

なぜなら、魚の種類によっては水銀を多く含むものがあり、過剰摂取は胎児の発育に影響を与える可能性があるからです。

一般的に、妊婦さんの魚介類摂取の目安は週に2〜3回程度。

ネギトロの場合、1回の量は大さじ2〜3杯ほどが適量とされています。

ただし、これはあくまで目安。

個人の体調や他の食事内容によっても変わってきますので、無理のない範囲で楽しみましょう。

また、ネギトロを楽しむ工夫として、「ネギトロおにぎり」がおすすめです。

新鮮なネギトロに、抗菌作用のある梅干しやゆかりを混ぜることで、より安心して食べられます。

さらに、おにぎりにすることで、手軽に持ち運べる上、食べる量も自然と調整できるんですよ。

【手軽に美味しく】ネギトロが購入できる&食べられるところは?

ネギトロを楽しみたい妊婦さんにとって、購入場所や食べられる場所を知ることは重要です。

自宅で調理するための材料を入手できる店舗から、外食で気軽に味わえるチェーン店まで、様々な選択肢があります。

それぞれの特徴や注意点を押さえて、安全に美味しくネギトロを楽しみましょう。

スーパーや鮮魚店

スーパーマーケットや鮮魚店は、ネギトロを手に入れる最も一般的な場所です。

中でも、コスパに優れた「業務スーパー」では、冷凍のネギトロが販売されており、妊婦さんにとっても便利な選択肢となっています。

冷凍品は、解凍後すぐに調理することで、鮮度を保ったまま安全に食べることができます。

また、お刺身用のマグロの切り身を購入し、自宅で包丁を使ってたたいて作る「手作りネギトロ」も魅力的な選択肢です。

この方法なら、食材の鮮度や調理環境を自分でコントロールできるため、より安心して食べられます。

さらに、食感を残しつつ好みの味付けができるので、妊娠中の味覚の変化にも対応しやすいでしょう。

このタイミングで加熱すれば、さらに安心感が増します。

ただし、購入する際は必ず賞味期限や保存方法をチェックし、新鮮なものを選ぶよう心がけましょう。

また、調理器具や手指の衛生管理にも十分注意を払い、安全な調理環境を整えることが大切です。

外食チェーン店

外食チェーン店でもネギトロを楽しむことができます。

例えば、牛丼チェーンの「すき家」では「まぐろたたき丼」として、ファミリーレストランの「ジョイフル」では「ねぎトロ丼」という名称で、ネギトロをご飯に乗せた商品を提供しています。

これらのチェーン店は、食材の品質管理や衛生管理が徹底されているため、比較的安心して利用できるでしょう。

回転寿司チェーンの「くら寿司」では、「ねぎまぐろ」という名称で握りと軍艦巻きを提供しています。

寿司ネタとして楽しむ場合は、店員さんに妊娠中であることを伝え、できれば加熱済みのものを選ぶとより安全です。

外食を利用する際は、店舗の衛生状態や混雑具合にも注意を払いましょう。

また、ネギトロ以外のメニューも組み合わせて、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

妊娠中は免疫力が低下しているため、普段以上に食中毒のリスクに注意が必要です。

店舗選びの際は、口コミや評判も参考にしながら、信頼できる場所を選ぶようにしましょう。

外食チェーン店でネギトロを楽しむ際にも、適量を守ることも重要です。

ネギトロには栄養価の高いマグロが使用されていますが、同時に水銀含有量にも注意が必要です。

一度に大量に摂取するのではなく、週に1〜2回程度を目安に、他の食材とバランスよく組み合わせて食べるのがおすすめです。

まとめ

このように、妊娠中のネギトロ摂取については、完全NGではありませんが、いくつかの注意点があります。

新鮮なものを選び、衛生環境の整った店舗で購入することが大切です。

また、適量を守り、できれば加熱して食べるのがおすすめです。

スーパーや鮮魚店、外食チェーン店など、様々な場所でネギトロを楽しむことができます。

妊娠中は食中毒や寄生虫感染のリスクが高まるため、体調管理には特に気を付けましょう。

当サイトでは、妊娠中のプレママから子育て中のママまで、幅広い情報を提供しています。

他の記事も参考にしながら、安心して妊娠生活を送ってくださいね。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました