PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊婦もカレーを食べてOK?注意点もご紹介します

妊娠中の食事

妊娠中の食事制限…つらいですよね。

実は妊婦さんでもカレーを楽しむことができるんです!スパイスの力で食欲増進や体の冷えも改善できちゃいます。

つわりでつらい時期の栄養補給にもおすすめなんですよ。

でも、食べ方には少し注意が必要です。

香辛料の入れすぎや食べ過ぎには気をつけて、適量を楽しむのがポイントです。

今回は、妊婦さんがカレーを美味しく安心して食べるための注意点や、おすすめのレシピをご紹介します。

いつもとは少し違う、ヘルシーなカレーを試してみませんか?

妊婦でもカレーを食べてOK?

妊娠中は、食事面でも気をつけなければならないことが多いもの。

特に辛い料理は控えめにしたほうが良いのではないかと心配になってしまうこともあるでしょう。

そんな中、カレーについてはどう考えれば良いのでしょうか。

実は、妊婦さんでもカレーを安心して楽しむことができるのです。

ただし、後ほどご紹介する注意点をしっかりと押さえておくことが大切ですよ。

妊婦がカレーを食べるメリット

カレーは、妊婦さんにとってもメリットのある食事の一つです。

スパイスの効果や栄養バランスの良さから、妊娠中の体調管理に役立つことがわかっています。

ここでは、妊婦さんがカレーを食べることのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

食欲増進の効果がある

妊娠中は、ホルモンバランスの変化などから食欲が落ちてしまうことがありますよね。

そんな時、カレーに含まれるスパイスの香りや風味が食欲を刺激してくれるのです。

特にターメリックやクミン、コリアンダーなどのスパイスには、消化を助ける効果もあると言われています。

食べ進められずに悩んでいる妊婦さんにとって、カレーは食欲を取り戻すきっかけになってくれるかもしれません。

また、カレーに使われる野菜やお肉からも、必要な栄養素を摂取することができます。

鉄分やビタミン、食物繊維など、妊娠中に不足しがちな栄養素が豊富に含まれているのも嬉しいポイントですね。

バランスの取れた食事は、母体の健康だけでなく赤ちゃんの成長にもつながります。

食欲が出ない時こそ、美味しいカレーを食べてみてはいかがでしょうか。

つわりの時期も栄養を摂れる

つわりに悩まされている妊婦さんにとって、食事は大きな悩みの種ですよね。

好きだった食べ物が急に受け付けなくなったり、匂いに敏感になったりと、食べられるものが限られてしまうこともあるでしょう。

そんな時、意外とカレーが食べやすいと感じる方もいるのです。

野菜がたっぷりと入ったカレーなら、不足しがちな栄養素も一緒に摂取できますよ。

カレーのルーに溶け込んだ野菜のうま味は、つわりで敏感になった味覚でも比較的食べやすいと感じる妊婦さんが多いようです。

また、カレーに使われるお肉は、タンパク質の供給源としても優秀。

鶏の胸肉など、比較的あっさりとしたお肉なら、つわりの時期でも食べやすいかもしれません。

具材の種類や量は、その日の体調と相談しながら調整してみてくださいね。

冷え性を改善してくれる

妊娠中は、ホルモンバランスの変化から冷え性が悪化しやすいと言われています。

特に妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんに血液が優先的に送られるため、手足の末端まで血流が届きにくくなるのだそう。

そんな時におすすめなのが、カレーに含まれるスパイスの数々。

カレーに欠かせないターメリックやクミン、コリアンダーなどのスパイスには、体を内側から温める効果があると言われているのです。

また、温かいカレーを食べることで、体全体がポカポカと温まるのも嬉しいポイント。

冷えが気になる妊婦さんは、ぜひカレーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ただし、あまり辛すぎるカレーは逆効果になってしまう可能性もあります。

自分に合ったスパイス加減を見つけることが大切ですよ。

冷え性対策としてのカレーは、おいしく食べながら体を温められる嬉しい一品なのです。

妊婦さんがカレーを食べる際の注意点

カレーは妊婦さんにとってもメリットの多い食事ですが、いくつか注意しておきたいポイントもあります。

妊娠中は、赤ちゃんのことを第一に考えた食生活が大切。

カレーを安心しておいしく食べるためにも、以下の点には気をつけましょう。

香辛料の入れすぎは避ける

本格的なカレーが好きな方の中には、かなり辛めのカレーを楽しんでいる方もいるかもしれません。

しかし、妊娠中は香辛料の入れすぎには注意が必要です。

香辛料には、消化を助ける効果がある反面、食べ過ぎると胃腸に負担をかける可能性もあるのです。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんへの影響も考えなくてはいけません。

胃腸が敏感になっている時期に、刺激の強いカレーを食べてしまうと、胃痛や胸焼けなどの症状を引き起こしてしまうかもしれません。

香辛料の量は控えめにして、マイルドな味わいを心がけましょう。

プレママのパートナーやご家族の方が妊婦さんにカレーを作る場合も、この点に注意してカレーを作ってください。

市販のルーを使う場合も、辛さの調整ができるタイプを選ぶと良いですね。

また、カレーに入れるお肉や野菜の量を増やすことで、香辛料の刺激をおさえつつ、ボリューム感のあるカレーを楽しむことができますよ。

妊婦さんは、自分の体調と相談しながら、ちょうど良い辛さのカレーを見つけてくださいね。

適量を楽しむ

カレーのおいしさについつい食べ過ぎてしまいそうになることもありますよね。

でも、妊娠中は食べ過ぎにも注意が必要なのです。

カレーに使われるルーには、塩分や脂質が比較的多く含まれています。

妊娠中は、塩分の取り過ぎが高血圧や浮腫の原因になる可能性があるため、注意が必要なのです。

また、脂質の摂取量が多くなると、妊娠高血圧症候群のリスクが高まることも。

できるだけヘルシーな具材を使ったカレーを心がけつつ、食べる量も適量を心がけましょう。

一般的に、妊婦さんの一日の塩分摂取量は7g未満が目安とされています。

カレーを食べる際は、一日の塩分量を考慮しながら、バランスの良い食事を心がけることが大切ですよ。

また、カレーと一緒に食べる付け合わせにも気をつけたいものです。

ナンやライスは、食べ過ぎると糖質の摂取量が多くなってしまいます。

付け合わせは、サラダなどの野菜を中心に選ぶと良いでしょう。

カレーはとてもおいしい料理ですが、妊婦さんは適量を楽しむことを心がけましょうね。

食中毒に注意する

カレーは、作り置きしておいて2〜3日かけて食べるという方も多いですよね。

でも、妊娠中は食中毒のリスクにも十分注意しなくてはいけません。

特に夏場は、細菌が繁殖しやすい季節。

カレーを作る際は、清潔な環境で調理することが大切です。

使う食材は新鮮なものを選び、包丁やまな板などの調理器具もしっかりと洗浄しておきましょう。

また、作ったカレーはなるべく早めに食べ切ることを心がけてくださいね。

残ったカレーを保存する場合は、清潔な保存容器に入れ、冷蔵庫で保管します。

できれば、翌日中には食べ切るようにしましょう。

冷蔵庫から取り出したカレーは、しっかりと温め直すことも忘れずに。

カレーに生卵を入れる習慣のある方もいるかもしれませんが、妊娠中は避けた方が無難です。

生卵にはサルモネラ菌などの食中毒のリスクがあるため、注意が必要なのです。

トッピングは、温泉卵やゆで卵などに変更してみてはいかがでしょうか。

食中毒は、妊婦さんや赤ちゃんにとって大きなリスクとなります。

カレーを安心しておいしく食べるためにも、衛生面には十分に気をつけましょう。

体調がすぐれないときは避ける

カレーは、健康的な妊婦さんにとっては食べてOKな料理ですが、体調がすぐれない時は避けた方が良い場合もあります。

特に、妊娠初期のつわりがひどい時期は、香辛料の刺激に耐えられないこともあるでしょう。

無理してカレーを食べると、むかつきや胃の不快感を引き起こしてしまうかもしれません。

また、カレーの香りに敏感になっている時期もありますよね。

部屋中にカレーの匂いが充満するのは、ちょっと苦痛に感じてしまう妊婦さんもいるでしょう。

そんな時は、カレーを我慢して、自分の体調に合った食事を優先することが大切です。

胃腸の調子が悪い時も、カレーは避けた方が良いかもしれません。

また、油分の多いカレーは、胃もたれや下痢を引き起こす可能性があるのです。

体調が回復してきたら、少しずつカレーを楽しむようにしましょう。

妊婦さんにとって、食事は赤ちゃんの健やかな成長を助けるとても大切なもの。

カレーも、体調と相談しながら、おいしく食べられる時に楽しむことが何より大切です。

妊娠中におすすめのカレーレシピ

妊娠中は食事に気を遣う必要がありますが、適切に作ったカレーなら安心して楽しめます。

体に優しい材料を選び、香辛料の量を調整すれば、おいしくて栄養バランスの取れたカレーが完成します。

ここでは、妊娠中でも安心して食べられるカレーレシピをご紹介します。

野菜たっぷりのカレー

妊娠中は野菜不足になりがちですが、カレーなら手軽に野菜を摂取できます。

ルーに野菜を加えるのはもちろん、盛り付けの際にもトッピングすれば、彩りも良くなり食欲がそそられます。

季節の野菜を上手に取り入れるのがポイントです。

例えば、夏ならトマトやナス、ズッキーニなどの夏野菜を使ったカレーがおすすめ。

ビタミンやミネラルが豊富なうえ、水分量も多いので、夏バテ防止にも役立ちます。

冬ならかぼちゃやさつまいもなど、ホクホクとした食感の野菜を加えると、体を温めてくれる効果も期待できます。

野菜の切り方にもこだわってみましょう。

大きめにカットすれば食感が楽しめ、小さめにすれば野菜の甘みが引き立ちます。

マンネリ化を防ぎたいなら、いつもとは違う野菜を加えてみるのも面白いですね。

野菜たっぷりのカレーなら、おいしく栄養補給ができるはずです。

豆腐や鶏肉を使ったヘルシーカレー

カレーには脂質や塩分が多く含まれているイメージがありますが、材料を工夫すればヘルシーに仕上げることができます。

特におすすめなのが、豆腐や鶏肉を使ったカレーです。

豆腐は低カロリーでありながらタンパク質が豊富。
消化にも良いので、妊娠中の体調管理にぴったりの食材です。

絹ごし豆腐をルーに加えてなめらかにしたり、木綿豆腐を具材として加えたりと、アレンジの幅も広がります。

一方、鶏肉は脂肪分が少なくあっさりとした味わいが特徴。

妊娠中は脂っこいものが苦手になる人も多いので、鶏肉を使ったチキンカレーもおすすめです。

また、鉄分も豊富に含まれているので、貧血予防の効果も期待できます。

豆腐や鶏肉を上手に取り入れれば、ヘルシーでありながらボリューム満点のカレーを楽しめるでしょう。

カレーうどん・そうめん

カレーといえばご飯と一緒に食べるのが定番ですが、麺類と組み合わせるのもおすすめです。

特に、うどんやそうめんは胃腸への負担が少なく、妊娠中でも食べやすい食材。

カレーうどんなら、具だくさんのカレーをうどんにかけるだけで完成します。

つるつるとしたのど越しのうどんに、スパイシーなカレーがよく絡みます。

麺の量を調整すれば、小腹が空いた時のちょっとした間食にもなります。

一方、カレーそうめんは、冷たいそうめんにカレーをかけて食べる夏ならではの一品。

辛さがマイルドになり、食欲のない時期でもすっきりと食べられます。

そうめんのツルツル感とカレーの香り豊かな味わいが絶妙にマッチします。

麺の種類を変えるだけで、いつものカレーもまた違った味わいを楽しめるはずです。

妊娠中は同じ食事が続くと飽きてしまいがちですが、カレーうどんやカレーそうめんなら、新鮮な気分で食べられること間違いなしです。

まとめ

このように、妊婦さんもカレーを適量楽しむことができます。カレーは食欲増進やつわりの時期の栄養補給、冷え性改善などのメリットがあるでしょう。

一方で、

香辛料の入れすぎや食べ過ぎ、食中毒や体調管理には注意が必要ですね。

妊娠中は、野菜たっぷりのカレーや、豆腐・鶏肉を使ったヘルシーカレー、カレーうどんやそうめんなどのアレンジレシピもおすすめです。

体調と相談しながら、おいしく楽しくカレーライフを送ってくださいね。

当サイトには、他にも妊娠中の食事について詳しく説明した記事がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてください。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました