PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【妊婦さん×ヨーグルト】おすすめの食べ方は?注意点もご紹介します

ALLジャンル

妊娠中のママさんにとって、ヨーグルトは間違いなく頼りになる味方ですよね。

栄養価が高く、便秘解消にも役立つヨーグルト。

でも、食べ方や選び方には注意が必要なんです。

今回は、妊婦さんにおすすめのヨーグルトの食べ方と、摂取する上での注意点をご紹介します。

ヨーグルトを上手に取り入れて、妊娠生活を健康的に過ごしましょう!

妊婦さんにヨーグルトがおすすめな理由

妊娠中は体調管理や栄養バランスに気を配る必要がありますよね。

そんな妊婦さんにおすすめなのが、ヨーグルトです。

ヨーグルトには妊娠中に必要な栄養素がたっぷり含まれているだけでなく、便秘解消や胎児の健康にも良い影響を与えてくれる優れものなんです。

ここでは、妊婦さんにヨーグルトがおすすめな理由を詳しく見ていきましょう。

ヨーグルトは栄養価が高い

ヨーグルトは、カルシウムやたんぱく質といった妊娠中に特に必要とされる栄養素が豊富に含まれています。

カルシウムは胎児の骨や歯の発育に欠かせない栄養素ですし、たんぱく質は母体の筋肉を維持するためにも重要です。

また、ヨーグルトに含まれるビタミンB群は、妊娠中の貧血予防にも役立ちます。

妊娠中は栄養バランスを整えることが大切ですが、ヨーグルトを毎日の食事に取り入れることで、手軽に必要な栄養素を補給することができるのです。

さらに、ヨーグルトに含まれるプロバイオティクスは腸内環境を整え、便秘解消にも一役買ってくれます。

妊娠中は体調の変化に敏感になりがちですが、ヨーグルトを食べることで体の中から健康をサポートしてくれるでしょう。

妊娠中の便秘解消に役立つ

妊娠中は、ホルモンバランスの変化や子宮の圧迫によって便秘になりやすいことをご存知でしょうか。

便秘は妊婦さんにとって非常に辛い悩みの一つですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌が腸内の善玉菌を増やし、便通を改善してくれます。

ヨーグルトの乳酸菌は、腸内の悪玉菌を抑制し、腸の働きを活発にする効果があります。

また、ビフィズス菌は腸内の環境を整えるだけでなく、免疫力を高める働きもあるので、妊娠中の健康維持にも役立ちます。

便秘に悩む妊婦さんは、ぜひヨーグルトを毎日の食事に取り入れてみてください。
ただし、加糖ヨーグルトは糖分が多いので、無糖のプレーンヨーグルトを選ぶのがおすすめです。

胎児の健康にも良い影響がある

ヨーグルトに含まれる栄養素は、胎児の健康にも良い影響を与えてくれます。

特にカルシウムは、胎児の骨や歯の形成に重要な役割を果たします。

妊娠後期になると、胎児は1日に約250〜300mgのカルシウムを必要とするため、母体のカルシウム不足は胎児の発育に悪影響を及ぼす可能性があります。

ヨーグルトを毎日食べることで、効率的にカルシウムを摂取できるのです。

また、ヨーグルトに含まれるプロバイオティクスは、母体の免疫力を高める働きがあります。

妊娠中は免疫力が低下しやすいですが、プロバイオティクスを摂取することで、感染症のリスクを下げることができるでしょう。

さらに、プロバイオティクスが胎児の免疫システムの発達を促す可能性もあると言われていますよ。

妊婦さんにおすすめのヨーグルトの食べ方

ヨーグルトは栄養価が高く、妊娠中の健康維持に役立ちます。

でも、毎日同じようにヨーグルトを食べていると飽きてしまうかもしれません。

そこで、ここでは妊婦さんにおすすめのヨーグルトの食べ方をご紹介します。

フルーツやナッツを加えたり、スムージーにしたり、料理に取り入れたりと、アレンジ次第で毎日でも飽きずにヨーグルトを楽しむことができますよ。

プレーンヨーグルトのフルーツ・ナッツ添え

プレーンヨーグルトは、加糖ヨーグルトと比べてカロリーが低く、糖分の摂りすぎを防げるのでおすすめです。

プレーンヨーグルトにお好みのフルーツやナッツを加えれば、より栄養バランスの取れた食事になります。

例えば、バナナやキウイ、ベリー類などのフルーツを加えると、ビタミンやミネラルが補給できます。

また、くるみやアーモンドなどのナッツを加えれば、食物繊維や良質な脂肪も摂取できるでしょう。

フルーツやナッツは、ヨーグルトに変化を与えてくれるので、飽きずに楽しむことができます。

妊娠中は貧血になりやすいので、鉄分の多いプルーンやあんずを加えるのもおすすめです。

ヨーグルトスムージー

ヨーグルトをミキサーにかけてスムージーにするのも、おすすめの食べ方の一つです。

ヨーグルトに、バナナやベリー類、ほうれん草などの野菜を加えてミキサーにかければ、簡単にヘルシーなスムージーができあがります。

スムージーにすることで、ヨーグルトの栄養素にくわえて、フルーツや野菜のビタミンやミネラルも一緒に摂取できるのが嬉しいポイントです。

忙しい朝でも、スムージーなら手軽に栄養補給ができますね。

また、妊娠中は水分補給も大切ですが、ヨーグルトスムージーなら水分補給にもなるので一石二鳥です。

ヨーグルトに飽きてしまった時は、ぜひスムージーにしてみてください。

キウイやパイナップルなどの酸味のあるフルーツを加えれば、さっぱりとした味わいになりますよ。

ドレッシングやディップソース

ヨーグルトは、そのままで食べるだけでなく、料理に取り入れるのもおすすめです。

特に、ヨーグルトを使ったドレッシングやディップソースは、野菜をたっぷり食べるのに最適です。

ヨーグルトに、お好みのハーブやスパイス、レモン汁などを加えて混ぜるだけで、ヘルシーなドレッシングのできあがりです。

サラダにかければ、いつもの野菜がより美味しく感じられるでしょう。

また、ヨーグルトにガーリックやディルなどを加えてディップソースにすれば、野菜スティックや蒸し野菜のお供にぴったりです。

野菜不足になりがちな妊娠中でも、ヨーグルトソースがあれば野菜をモリモリ食べられます。
ヨーグルトを料理に活用することで、食事全体の栄養バランスを整えることができますよ。

妊娠中のヨーグルト摂取に関する注意点

妊娠中はヨーグルトの栄養価の高さから積極的に摂取したくなりますが、いくつか注意点があります。
過剰摂取を避けたり、加糖ヨーグルトより無糖タイプを選んだりすることが大切です。また、妊娠中は食中毒のリスクにも十分気を付ける必要がありますよ。

過剰摂取を避ける

妊娠中はヨーグルトに含まれるカルシウムやたんぱく質などの栄養素が胎児の成長に欠かせないため、積極的に摂取したくなるものです。
しかし、過剰摂取は逆効果となる可能性があります。

ヨーグルトのカロリーは意外と高く、食べ過ぎるとカロリーオーバーや糖分の摂りすぎにつながります。

特に妊娠後期は体重管理が重要なので、1日あたりの適量を守ることが大切です。

一般的に、妊婦さんにおすすめのヨーグルト摂取量は1日200〜300gとされています。

この量を目安に、他の乳製品からのカルシウム摂取量も考慮しながら調整しましょう。
ヨーグルトは食べ過ぎるとお腹を壊したり、むくみの原因にもなったりするので注意が必要です。
栄養バランスの取れた食事を心がけ、間食としてヨーグルトを楽しむのが賢明な選択と言えるでしょう。

加糖ヨーグルトより無糖タイプを選ぶ

ヨーグルトを選ぶ際は、加糖タイプより無糖タイプを選ぶことをおすすめします。

加糖ヨーグルトには砂糖が多く含まれているため、糖分の摂りすぎにつながる可能性があります。

妊娠中は血糖値が上がりやすく、妊娠糖尿病のリスクも高まるので、できるだけ加糖ヨーグルトは避けたいところです。
無糖ヨーグルトは砂糖が入っていないため、カロリーを抑えつつ乳酸菌やカルシウムなどの栄養素を効率的に摂取できます。
甘味が欲しい場合は、フルーツやはちみつを加えるのがおすすめです。

自分でトッピングを工夫することで、飽きずに楽しくヨーグルトを食べ続けられます。

妊娠中の食事作りに無糖ヨーグルトを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

食中毒のリスクにも気を付ける

妊娠中はホルモンバランスの変化により免疫力が低下しやすく、食中毒のリスクが高まります。

ヨーグルトは乳製品であるため、取り扱いに注意が必要です。

賞味期限切れのヨーグルトや、常温で長時間放置されたヨーグルトは食中毒の原因となる可能性があります。

ヨーグルトを購入する際は、必ず加熱殺菌されたものを選ぶようにし、生乳を使用したヨーグルトは避けた方が無難です。

また、開封後は必ず冷蔵庫で保管し、なるべく早く消費するようにしてください。

ヨーグルトに異変が見られたり、臭いがおかしかったりする場合は、迷わず廃棄しましょう。

妊娠中は食中毒になるとお腹の張りや下痢などの症状が出やすく、切迫早産のリスクも高まります。

ヨーグルトに限らず、食品全般の衛生管理に気を配り、安全に食べられるものを選ぶことが大切です。

外食や加工食品の購入時も、原材料や製造元をしっかりチェックするよう心がけましょう。

まとめ

このように、妊娠中にヨーグルトを食べることは、カルシウムやたんぱく質、プロバイオティクスの摂取につながり、母体と胎児の健康に良い影響を与えます。

便秘解消や免疫力向上にも役立つでしょう。

ヨーグルトを食べる際は、プレーンヨーグルトにフルーツやナッツを加えたり、スムージーにしたり、ドレッシングやディップソースに活用したりと、バリエーション豊かに楽しむことができます。

ただし、過剰摂取や加糖ヨーグルトの選択、食中毒のリスクには注意が必要ですね。

妊娠中のヨーグルト摂取は、適量を守り、無糖タイプを選び、衛生面に気を付けることで、安心して栄養補給ができるのではないでしょうか。

当サイトでは、他にも妊娠中のママや子育て中のママに役立つ情報を多数掲載しておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました