PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

授乳中に「アイスの実」を食べる際の注意点は?母乳への影響も解説します

授乳中のアイス

授乳中、ふと甘いものが食べたくなる瞬間ってありますよね。アイスの実は冷たくてさっぱりした甘さで、ほっと一息つきながら楽しめるおやつと言えるでしょう。

でも、授乳中に食べるスイーツは赤ちゃんにも影響を与えるかもしれません。

今回の記事では、授乳中にアイスの実を安心して楽しむためのポイントや、母乳への影響、さらには代わりに楽しみたいおすすめのおやつまで、詳しく解説していきます。

甘いものに目がないママも、おやつタイムを安全に楽しめる方法を一緒に見ていきましょう。

授乳中のアイスの実摂取について知っておきたいこと

授乳中は、おやつとしてアイスクリームなどの冷たいスイーツを食べたくなることもありますよね。アイスの実は、フルーツ感覚で楽しめるとして多くのママに人気の氷菓です。

ただし、母乳を通じて赤ちゃんに与える影響については、少し気をつけなければならない点もあることを覚えておきましょう。

母乳への影響とは?

赤ちゃんが健やかに成長できるように、食事内容に気を配っているママも多いでしょう。特に授乳中は、ママが摂取する食品が直接母乳に影響するため、食べ物一つにも注意しなければなりません。

アイスの実をはじめとする冷菓は体を冷やしますし、砂糖や添加物が含まれています。食べすぎてしまうと赤ちゃんの体にも影響を及ぼすことがあるため注意しましょう。

また、砂糖の摂取は赤ちゃんの発育に影響を与えるだけでなく、ママの血糖値の急激な変動に繋がることもあります。授乳期間はこのような成分の摂取にも気を付けましょう。

アイスの実の成分とは?

アイスの実は、味わいもさっぱりしていてカロリーが低め。新鮮な果物をそのまま食べているような味わいが楽しめる氷菓です。

ただし、アイスの実には果汁や果肉だけでなく、砂糖や水あめといった甘味料が含まれていることを忘れてはいけません。授乳中のママが摂っても基本的に問題ない成分ですが、過剰摂取には注意しましょう。

アイスの実を食べるときには成分表記を確認し、含まれる添加物や甘味料の量をチェックすることが大切です。ママの体調や赤ちゃんの健康を守るためにも、製品を選ぶ際には成分リストを確認するくせを付けておくと良いでしょう。

食べる際の注意点

アイスの実は、食べ過ぎに注意して少しずつであれば、授乳中のママでも食べられます。ただし、ひんやりしていて体を冷やす食べ物なので、食べるタイミングや量には要注意です。

ご存じの方も多いと思いますが、アイスの実は手で触らずにひとつずつ食べられるように、パッケージが工夫されていますよ!砂糖を摂りすぎると血糖値が急上昇しやすくなるため、アイスの実はひとつずつ小分けにして楽しむのがおすすめです。

何個か食べたいときには、温かい飲み物と一緒に楽しむと体の冷えも防げます。

授乳中にアイスの実を食べたい時の対処法

特に新米ママは、授乳中に不安なことがたくさんあるでしょう。

授乳中でも、いくつかのポイントに気を付ければアイスの実を楽しめますよ!さらに、授乳中にはバランスの取れた食生活が大切なので、続いて詳しく解説します。

授乳中に安全にアイスを楽しむ方法

授乳中のママは、何を食べるのにも気を遣いますよね。特に甘いものが好きなママでも、実際食べていいのかと考えると慎重になるはず。私自身、その気持ちはよくわかります!

アイスの実を選ぶ時は、成分表示をしっかり確認することが重要です。添加物や砂糖の量にも目を光らせましょう。

濃いぶどうや濃いももなど、気分に合わせて楽しめるのもアイスの実の魅力ですね。さっぱり美味しいけれど、一度に食べる量はほどほどに。

授乳中の食事バランスとアイスの実

バランスのとれた食事は、授乳中のママには欠かせないものです。アイスの実を食べる時も、その日1日の食事をトータルで考えるようにするとよいでしょう。

授乳中は、毎日の食事でたんぱく質、脂質、鉄分、カルシウム、葉酸などをしっかり摂取して、赤ちゃんだけでなくママ自身の健康も守っていきましょう。

アイスの実を楽しむ日は、他の食事で野菜やたんぱく質をしっかり摂ると栄養のバランスが取りやすくなります。我慢しすぎるとつらいですから、成分をチェックしつつたまには楽しむことも大事ですよ。

アイスの実以外のおすすめスイーツ

授乳中だって甘いものが食べたい!と思っているママは多いのではないでしょうか。アイスの実ももちろん美味しいですが、もっと体にいいスイーツもありますよ。

手作りスイーツなら、添加物や砂糖を使わずに作ることもできて安心して楽しめます。フルーツを凍らせてアイスキャンディー風にするのも良いですし、ナッツを使ったスイーツは栄養価が高く、自然な甘さを楽しめます。

授乳中は、ママの口にするものが赤ちゃんに大きく影響する時期です。手軽に作れてグルテンフリーや砂糖不使用のレシピもたくさんあるので、せひ作ってみてください。

授乳中の食生活で気をつけたいこと

授乳期は、赤ちゃんの成長にとって欠かせない母乳を提供する大切な時期です。ママの食事が赤ちゃんの健康に直結するため、普段以上に気をつけるべき点が多くあります。

具体的にはどんなことに気を付けるべきか、一緒に見ていきましょう。

授乳中に避けるべき食品

授乳中のママは、食べ物の選び方にも注意したいところです。

アルコールは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすと広く知られており、もちろん授乳中にはNG!

アルコールだけでなく、コーヒーや紅茶、そしてチョコレートなどに含まれるカフェインにも注意が必要です。授乳中には1日の摂取上限の目安を超えないようにしましょう。

さらに、アレルギー反応を引き起こす可能性のある食品にも目を光らせて。卵や乳製品、小麦、ナッツ類などは、赤ちゃんのアレルギーの原因になる可能性があります。

ママにアレルギーがなくても、まずは少量から摂取するようにして、赤ちゃんの様子が普段と違うと感じたら摂取をやめて医師に相談しましょう。

授乳中の栄養バランスの重要性

栄養バランスは、授乳中のママと赤ちゃんの健康を支える基盤です。

たんぱく質は筋肉や細胞の材料となるだけでなく、赤ちゃんの成長を促すとも言われています。脂質はエネルギーの源となるもので、鉄分は血液を作るのに不可欠。カルシウムは骨や歯の発育に欠かせず、葉酸は細胞分裂を助ける役割を担っています。

これらの栄養素は、母乳を介して赤ちゃんにも届けられるため、積極的に摂取することが大切です。

野菜や果物、全粒穀物、肉類、魚類など様々な食材からこれらの栄養素をバランスよく取り入れることが理想と言えます。

授乳中の水分補給の重要性

授乳ママにとって水分補給はとても大切なポイント。母乳の88%が水と言われており、母乳を作るためにも十分な量の水分を摂ることが重要なんです。

さらに、水分不足は私たちママの体にも良くないため、意識して水やお茶などの飲み物を摂りましょう。ただし、ここで気をつけたいのがカフェインの摂取。

水分摂取では、ハーブティーや麦茶などのカフェインが含まれていない飲み物を選ぶと良いでしょう。

授乳期間を母子ともに穏やかに過ごすためにも、毎日の水分補給を心がけていきましょうね。

こちらの記事では、使わなかった出産祝いについてまとめております。
現在授乳中のママもぜひ体験談をコメントでお寄せくださいね!
ぶっちゃけ使わなかった出産祝いって何?SNSで集めてみました
友人や身内、会社関係の方から妊娠報告を受けると、嬉しい気持ちになりますよね。 でも、その反面「何を贈ればいいんだろう?」...

まとめ

この記事では、授乳中にアイスの実を食べる際の注意点について解説しました。

授乳中でも、食べすぎに注意すればアイスの実を食べてOKです。パッケージの成分表示をチェックして、体を冷やさないようにひとつずつゆっくり楽しみましょう。

さらに、食生活全体で栄養バランスを考慮することや、水分補給も重要なポイントと言えます。他のスイーツを選ぶ場合も、栄養価の高いものを選ぶのがおすすめです。

妊娠中や子育て中のママを応援する当サイトでは、役立つ情報を多数掲載しています。ぜひ他の記事もご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました