PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

ノンアルコールカクテルは授乳中も飲める?徹底検証

ALLジャンル

授乳中の赤ちゃんのためにカクテルを我慢しているママさんに朗報です。

実はノンアルコールカクテルなら授乳中でも楽しめる可能性があるんです。

この記事では、安全性やどのような種類があるのかなど、授乳中のノンアルコールカクテル摂取について徹底検証しました。

安全性や選び方のポイント、おすすめのレシピまで、ママさんが安心して楽しめる情報が満載です。

さらに、ノンアルコールカクテルを楽しむことで得られるメリットもご紹介しますよ。

授乳中のノンアルコールカクテルは安全?気になる情報まとめ

授乳中のママにとって、お酒はNG。

でも、ノンアルコールカクテルなら大丈夫なのでしょうか?安全性や注意点、おすすめの種類まで、気になる情報をまとめてみました。

ぜひ参考にしてください。

ノンアルコールカクテルとは

ノンアルコールカクテルは、その名の通りアルコールをほとんど含まない飲み物です。

見た目や味わいは本物のカクテルそっくりですが、お酒が苦手な方や健康上の理由でアルコールを控えている方でも楽しめる、素敵な代替品なんです。

「モクテル」という呼び方を聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

これは「mock(模造の)」と「cocktail」を組み合わせた造語で、まさにノンアルコールカクテルのことを指します。

フルーツジュースやハーブ、炭酸水などを巧みに組み合わせて作られるので、見た目も味も本格的。

お洒落な雰囲気を味わいたい時にぴったりです。

授乳中のノンアルコールカクテル摂取は安全?

授乳中のママにとって、赤ちゃんの健康はとても大切ですよね。

アルコール度数が0.00%のノンアルコールカクテルであれば、授乳中でも安全に楽しむことができます。
ただし、全てのノンアルコールカクテルが完全に安全というわけではありません。
中にはアルコールが微量に入っているものもあります。
アルコール度数が1%未満であれば、「ノンアルコール」と表記できてしまうためです。

また、カフェインを含む原料、例えばコーヒー豆や茶葉などを使用したものもあるので、そういった飲み物は摂取量に注意が必要です。

カフェインの過剰摂取は赤ちゃんの睡眠リズムに影響を与える可能性があるからです。

ですので、カフェインを含むノンアルコールカクテルを選ぶ際は、1日の摂取量を考慮するようにしましょう。

安全性を確保しつつ、ほっと一息つける時間を大切にしましょう。

ノンアルコールカクテル選びで気を付けること

ノンアルコールカクテルを選ぶ際、最も重要なのは原材料表示の確認です。

先述したように「ノンアルコール」と表示されていても、微量のアルコールを含んでいる場合があるんです。

そのため、必ずアルコール度数が0.00%であることを確認しましょう。

また、カフェインや糖分の含有量にも注意が必要です。

カフェインは前述の通り、赤ちゃんの睡眠に影響を与える可能性があります。

糖分の過剰摂取は、ママの体重管理や赤ちゃんの将来的な味覚形成にも関わってくる可能性があります。

でも、心配しすぎる必要はありません。
適度な範囲で楽しむ分には問題ありません。むしろ、ストレス解消や気分転換になる素敵な飲み物なんです。

ただ、飲み過ぎには注意しましょうね。

水分補給のメインは水やノンカフェインのお茶にして、ノンアルコールカクテルは特別なご褒美として楽しむのがいいでしょう。

授乳中におすすめのノンアルコールカクテル

授乳中のママにもおいしく楽しめるノンアルコールカクテルがたくさんあります。

爽やかな味わいのものから、フルーティーなものまで、様々な種類が楽しめますよ。

今回は、ご家庭でも簡単に作れるレシピや、便利な市販品までご紹介します。

モヒート

爽やかな香りと清涼感が魅力的なモヒートは、ノンアルコールでも十分に楽しめる一杯です。

作り方はとってもシンプル。

ミントの葉とライム半個を軽くすりつぶし、炭酸水150mlと氷を加えるだけ。

ビタミンCが豊富なライムを使用しているので、美容や健康面でもうれしい効果が期待できます。ミントの香りには、リラックス効果もあるんですよ。

暑い日や疲れを感じた時に、このさっぱりとした飲み物で気分をリフレッシュできます。

赤ちゃんのお世話で忙しい合間に、ほっと一息つくのにぴったりですね。

また、見た目も涼しげで美しいので、インスタ映えする写真を撮りたい方にもおすすめです。

ノンアルコールだから罪悪感なく楽しめるのも魅力的。

ママ友とのホームパーティーなどでも、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

グレープフルーツジントニック

グレープフルーツジントニックは、さっぱりとした酸味と程よい苦みが特徴的な大人の味わいです。

グラスにノンアルコールジン、グレープフルーツジュース、トニックウォーターを入れて混ぜるだけで完成します。

見た目も本物のカクテルそっくりで、お酒が飲めない時期でもちょっと贅沢な気分を味わえます。

グレープフルーツには、ビタミンCやクエン酸が豊富に含まれているので、疲労回復や美肌効果も期待できるんですよ。

ただし、グレープフルーツには薬との相互作用がある場合もあるので、もし薬を服用中の方は、念のため医師や薬剤師に確認してからお楽しみください。

トニックウォーターのキニーネには、筋肉の痙攣を和らげる効果があるとも言われています。

出産後の体調管理にも良いかもしれませんね。

暑い季節にも楽しめる一杯ですよ。

ノンアルレモンサワー

レモンサワーといえば、日本人にとってはおなじみの飲み物ですよね。

このノンアルコールバージョンなら、授乳中のママも安心して楽しめます。

グラスにはちみつ、ノンアルコールのスピリッツ、レモン果汁を入れてよく混ぜます。

そこに氷を入れて炭酸水を注ぎ、軽く混ぜれば完成です。

はちみつには抗菌作用があり、のどの痛みを和らげる効果も期待できます。また、レモンに含まれるビタミンCは、疲労回復や美肌効果にも良いとされています。

授乳中は体力を使うので、こういった栄養面でのメリットも嬉しいですね。

炭酸水の量を調整すれば、好みの甘さに仕上げられるのも魅力的。

暑い日には炭酸をたっぷり入れて、喉越しの良い爽やかな味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ノンアルコールなので、昼間でも罪悪感なく楽しめるのが嬉しいポイントです。

市販のノンアルコール飲料

忙しいママにとって、自宅で手軽に楽しめる市販のノンアルコール飲料は強い味方です。

例えば、サントリーの「のんある気分」やアサヒビールの「スタイルバランス」は、種類が豊富で気分に合わせて選べるのが魅力的。

カクテルのような味わいで、本格的な雰囲気を楽しみながら乾杯できます。

「のんある気分」シリーズには、レモンサワーテイストやカシスオレンジテイストなど、様々なフレーバーがあります。

カロリー、糖質ゼロなのも嬉しいポイントです。

「スタイルバランス」も、モヒートテイストやジントニックテイストなど、本格的なカクテルの味わいを再現しています。

睡眠サポートや、素肌サポートといった美容や健康を補助してくれるシリーズも展開されています。

これらの商品は、アルコール0.00%なので安心して楽しめます。

冷蔵庫に常備しておけば、急な来客時にも対応できて便利ですよ。

【授乳中×ノンアルコールカクテル】ママが楽しむメリットは?

授乳中のママにとって、ノンアルコールカクテルを楽しむことには意外なメリットがあります。

リフレッシュや水分補給はもちろん、社交の場での参加しやすさなど、様々な面でポジティブな効果が期待できるのです。

授乳中のリフレッシュになる

育児に奮闘する毎日、ママたちの心と体には大きな負担がかかっています。

そんな中で、ノンアルコールカクテルを楽しむことは、素敵なリフレッシュの機会となります。

見た目も味わいも本物のカクテルに劣らない魅力的な一杯は、ちょっとした贅沢気分を味わえるでしょう。

例えば、爽やかなモヒートやフルーティーなサングリアなど、お気に入りの一杯を見つけて楽しむことで、日々の育児ストレスから一時的に解放されるかもしれません。

また、家事や育児の合間にほんの少しだけ「私時間」を作り、お気に入りのグラスでノンアルコールカクテルを楽しむことで、心にゆとりが生まれる効果も期待できます。

気分転換やリラックスの時間を持つことは、育児を頑張るママの心身の健康維持にとって非常に重要です。

ノンアルコールカクテルを楽しむことは、そんなママたちの心の栄養剤となり得るのです。

水分補給ができる

授乳中のママにとって、適切な水分補給は赤ちゃんの健康にも直結する重要な課題です。

母乳の約87%は水分で構成されているため、授乳中は通常以上に水分を摂取する必要があります。

ノンアルコールカクテルは、単なる水分補給以上の楽しみを提供してくれます。

フルーツジュースやハーブを使用したカクテルなら、ビタミンやミネラルの補給にもなりますし、炭酸水をベースにしたものなら、さっぱりとした喉ごしで気分も爽快に。

ただし、カフェインや糖分の含有量には注意が必要です。

カフェインは赤ちゃんの睡眠リズムに影響を与える可能性があるため、コーヒーや紅茶を使用したカクテルは控えめにしましょう。

また、糖分の取りすぎは体重管理の観点からも避けたいところ。

甘さ控えめのレシピを選んだり、自家製で砂糖の量を調整したりするのがおすすめです。

水やお茶だけでなく、ノンアルコールカクテルも上手に取り入れることで、楽しみながら水分補給ができるのです。

社交の場にも参加しやすくなる

授乳中はアルコールを控えなければならないため、飲み会や宴会などの社交の場に参加しづらいと感じるママも多いでしょう。

しかし、ノンアルコールカクテルがあれば、そんな悩みも解消できます。

周囲の人々がお酒を楽しんでいる中、ママだけがお茶やジュースを飲んでいると、なんとなく肩身の狭い思いをしてしまう場合もありますよね。

でも、グラスに注がれたノンアルコールカクテルなら、見た目も雰囲気も通常のお酒と変わりません。

周囲に気を遣わせることなく、自然に会話の輪に加わることができるでしょう。

また、自宅での食事会やホームパーティーなどでも、ノンアルコールカクテルは大活躍します。

ゲストにも喜ばれる美味しくてオシャレな一杯を用意することで、ホストとしての満足感も得られます。

さらに、お酒を飲まない人や車の運転がある人など、様々な事情を持つゲストへの配慮にもなるため、みんなで楽しめる雰囲気づくりにも一役買ってくれるのです。

社交の場に気軽に参加できることは、ママの精神的な健康維持にもつながります。

ノンアルコールカクテルは、そんなママたちの社会参加を後押しする強い味方となってくれるでしょう。

まとめ

今回は、授乳中のママさんにとって気になるノンアルコールカクテルについて詳しく見てきました。

アルコール度数0.00%のノンアルコールカクテルは、授乳中でも安心して楽しむことができます。

ただし、原材料表示をしっかりチェックすることが大切ですね。

自宅で簡単に作れるモヒートやグレープフルーツジントニックなど、おすすめのレシピも紹介しました。

市販のノンアルコール飲料も種類が豊富で、気分に合わせて選べるのが魅力的です。

授乳中のリフレッシュや社交の場での活用など、ノンアルコールカクテルには様々なメリットがあります。

子育て中のママさんにとって、適度なリラックスはとても重要。

ノンアルコールカクテルを楽しみながら、心身ともにリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、他にも妊娠中のプレママや子育て中のママさんに役立つ情報をたくさんご用意しています。

ぜひ、他の記事もチェックしてみてくださいね。

当サイトでは、授乳中のノンアルコール情報を多数掲載しております。

ぜひこちらの記事もご覧ください。

授乳中も安全ってホント?ノンアルコール飲料の摂取ガイド

「授乳中の飲み物」カテゴリを見てみる

「授乳中の食事」カテゴリを見てみる


 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました