PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中の生卵!食べても良いの?安全な量と注意点は?情報まとめ

ALLジャンル

妊娠中、食べ物についての悩みは尽きませんよね。

特に、生卵を摂取することについては、そのリスクと安全性が気になるポイントの一つだと思います。

私も妊娠中は「生卵、食べても大丈夫なの?」と、頭を抱えたことがあります。

そこで今回は、妊娠中の生卵摂取について、そのリスクや注意点を詳しくお伝えしたいと思います。

あなたの不安を解消し、安心した妊娠生活を送るお手伝いができれば幸いです。

一緒に見ていきましょう。

妊娠中の生卵摂取のリスク

妊娠中は、身体が敏感になっているため、食事にも特に気をつけたい時期ですよね。

特に「生卵」については、どうなのでしょうか?生卵は、栄養価が高く、美味しいという理由から、私たちの食卓に欠かせない食材の一つですが、妊娠中の摂取には注意が必要なのです。

サルモネラ菌による食中毒の危険性

まず、生卵には「サルモネラ菌」が存在する可能性があります。

これが原因で食中毒を起こすと、激しい下痢を引き起こすことがあります。

妊娠中は免疫力が低下しているため、感染リスクが高まります。

また、食中毒による激しい下痢は子宮収縮を引き起こし、

早産や流産のリスクが高まるのです。

恐ろしいですよね?

他の食中毒原因菌との関連

また、生肉や生ハム、加熱されていないチーズなどに含まれる「トキソプラズマ」や「リステリア菌」も注意が必要です。

これらも生卵と同様に、妊娠中は十分加熱した食材やメニューにすることが重要なのです。

「十分加熱」とは、具体的にどれくらいなのでしょうか?その詳細については、

後の章で説明しますね!

妊娠中に避けるべき食べ物

妊娠中って、なんでも食べたい気分になることってありますよね!?でも、その「なんでも」の中には、お腹の中の赤ちゃんにとって良くない食べ物も含まれているんです。

それは一体何でしょう?

妊娠中の吉野家メニュー!安心して食べられる選び方とは
妊娠中、どの吉野家のメニューが安心して食べられるのか探していますか?この記事では、妊娠中の栄養バランスと吉野家のメニューを比較し、適切な選び方をご提案します。

生もの(刺身、生肉など)の摂取制限

まず一つ目にご紹介するのは、「生もの」です。

これには、刺身や生肉などが含まれます。

これらの食品は、加熱が不十分であるため、トキソプラズマ感染症のリスクがあります。

この感染症、一度感染すると、早産や流産、さらには胎児の眼や脳の障害を引き起こすこともあるんです・・・!だから、お寿司屋さんで刺身を見るとついつい食べたくなっちゃいますよね?でも、妊娠中はぐっと我慢して、焼き魚や炙りなど、しっかりと加熱されたメニューを選ぶようにしましょうね。

加熱をしていないフレッシュチーズの摂取制限

次に、加熱をしていないフレッシュチーズです。

これも妊娠中は避けた方が良い食べ物の一つ。

「えっ、チーズもダメなの!?」と思うかもしれませんが、これにはしっかりとした理由があるんです。

それは、リステリア菌による食中毒を予防するため

リステリア菌は、加熱をしていないチーズに含まれていることが多く、妊娠中の女性が感染すると、早産や流産のリスクが高まるんです・・・。

だからこそ、妊娠中は加熱をしていないチーズは避けて、パスタなどの料理に使われているような、しっかりと加熱されたチーズを選びましょうね!

調理場所や調理器具の消毒

そして最後に、食べ物だけでなく、「調理場所や調理器具」も注意が必要なんです。

「えっ、それも!?」と思うかもしれませんが、これも大事なポイント。

調理場所や調理器具には、食中毒の原因となる菌やウイルスが潜んでいることがあります。

特に妊娠中は免疫力が低下しているため、感染しやすくなってしまうんです。

だからこそ、調理場所や調理器具はこまめに消毒し、清潔に保つことが大切。

これにより、食中毒を予防することができるんですよ。

妊娠中の生卵摂取の代替方法と注意点

お腹の中の赤ちゃんと一緒に楽しむ食事、その中でも「生卵」についての話題に入ります。

妊娠中は免疫力が下がるため、生卵の摂取はリスクが高いとされていますが、それでもやっぱり美味しい卵料理を食べたい!そんな方のために、安全に楽しむ方法をお伝えします。

温泉卵や半熟卵のケース

さて、皆さんは「温泉卵」や「半熟卵」は妊娠中でも大丈夫だと思いますか?実はこれらの卵料理、産婦人科医の監修のもと解説されているんですよ。

生卵と違い、温泉卵や半熟卵は一定の温度で加熱されているため、サルモネラ菌のリスクは低くなります。

ただし、完全に菌が死滅するわけではないので、まだリスクゼロとは言えません。

そこで大切なのが次のポイントです。

加熱調理が十分な食材やメニューの選択

「加熱調理が十分な食材やメニュー」を選ぶことが大切なんです。

例えば、75℃以上で加熱すれば菌は死滅すると言われています。

オムレツやスクランブルエッグなど、しっかりと火を通した卵料理は安心して食べられますよ!ただし、火を通す際は中までしっかりと加熱することがポイントです。

外側だけではなく、中までしっかりと加熱しましょうね。

信用のできるお店で新鮮な食材を選ぶ

そして、もう一つ大切なのが「信用のできるお店で新鮮な食材を選ぶ」ことです。

新鮮な食材は菌の繁殖が少なく、食中毒のリスクを低減することができます。

体調が良い時だけ食べるように注意しましょう。

以上が妊娠中の生卵摂取の代替方法と注意点になります。

妊娠中は赤ちゃんと一緒に安全に美味しい食事を楽しむことが何より大切ですね。

これからも一緒に妊娠生活を楽しみましょう!

まとめ

妊娠中は体調や食生活が直接赤ちゃんに影響する重要な期間です。

特に生卵摂取は、サルモネラ菌などの食中毒リスクがあり、注意が必要です。

また、生肉や加熱不十分なフレッシュチーズも同様に避けるべき食品となります。

しかし、全ての生食材を避ける必要はありません。

温泉卵や半熟卵、十分に加熱された食材やメニュー、新鮮な食材を選ぶ信頼できるお店など、安全に摂取できる方法もあります。

妊娠中の食事は、自分自身と赤ちゃんの健康を守るためにも、

情報を知り、適切な選択をすることが大切です。

このサイトでは、妊娠中のあなたのための情報を他の記事でも提供しています。

ぜひチェックしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました