PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中のじゃがりこ!安心して食べられるの?

ALLジャンル

妊娠中、あなたが今一番食べたいものは何ですか?もしかしたら、あのパリパリとした食感と塩気がクセになる「じゃがりこ」が無性に食べたくなる瞬間、ありませんか?しかし、妊娠中は体調や栄養バランスに特に気をつけたい時期。

だからといって、我慢ばかりが正解ではありません。

本記事では、妊娠中の「じゃがりこ」に対する悩みから、安心して食べられる方法までを一緒に見ていきましょう。

あなたの「食べたい!」という気持ちを大切にしながら、健康的なマタニティライフを送るためのヒントをお伝えします。

妊娠中のじゃがりこに対する悩み

妊娠中の塩辛いものへの欲求

皆さん、妊娠初期に「塩辛いものを食べたくなる」なんて経験ありませんか?私もそうでした!なぜか妊娠中は塩っぽい味が恋しくなるんですよね・・・笑。

そして、そんな時に思い浮かぶのが「じゃがりこ」

おいしいじゃがりこはスナック菓子の一つで、パクパクと食べてしまうとついつい塩分が気になりますよね。

皆さんも「美味しいけど、塩分は大丈夫かな?」と思ったこと、ありますよね?

妊娠中のスナック菓子の摂取について

それに、妊娠中はつわりで食事がなかなか取れなかったり、体調が思うようにならなかったりする中、「たまにスナック菓子を食べたい」という欲求、ありますよね?でも、心の中で「でも、体に悪そう・・・」と思ってしまうこと、私だけじゃないはず!実は、

適度な摂取なら全然大丈夫なんです

でも、「適度な摂取」って具体的にどれくらいなの?と思いますよね。

妊娠中のおやつ選び

そして、妊娠中に食べるおやつ選び。

これも一苦労ですよね。

「妊娠中に食べるおやつは、栄養バランスを考慮することが重要」なんて、よく耳にしますよね。

でも、「栄養バランスを考慮する」って、具体的にどういうこと?どんなおやつを選べばいいの?と、混乱してしまいますよね。

じゃがりこの摂取に関する注意点

おやつの選び方は、妊娠中の女性にとってはとても重要なテーマですよね。

その中でも「じゃがりこ」、美味しいですよね!でも、妊娠中の摂取について気になる方も多いのではないでしょうか。

妊娠中のおやつの摂取量

まずは、おやつの摂取量について考えてみましょう。

厚生労働省の「食事バランスガイド」では、妊婦さんのおやつは1日200kcal以下が目安となっています。

これは、妊娠中の体重管理や栄養バランスを考えると、大変参考になる情報ですよね。

じゃがりこは一袋約200kcalなので、これを目安に摂取量を調整しましょう。

でも、一袋全部食べちゃうと、その日のおやつ分がなくなっちゃいますよね・・・笑。

塩分に注意

次に、じゃがりこの塩分についてです。

じゃがりこは、スナック菓子の一つとして塩分が多いことで知られています。

妊娠中は特に塩分の摂取量に注意が必要なので、じゃがりこを食べる際には、その点を忘れずに!一般的に、妊婦さんの1日の塩分摂取量の目安は6g程度。

じゃがりこ一袋には約1gの塩分が含まれていますから、これを考慮に入れて摂取量を調整しましょう。

毎日じゃがりこを食べるのはちょっと控えめに、ということになりますね。

妊娠高血圧症への懸念

最後に、妊娠高血圧症への懸念についてお話しします。

スナック菓子の摂取が多いと、塩分摂取が増え、それが妊娠高血圧症のリスクを高める可能性があると言われています。

妊娠高血圧症は、妊娠中のママと赤ちゃんにとって大きなリスクをもたらす可能性があるので、これは避けたいですよね。

そのため、じゃがりこを食べる際も、そのリスクを考えて、適度な摂取を心がけましょう。

どうしても食べたいときは、一袋を半分にして、食べる量をコントロールするのも一つの方法ですよ!

妊娠中のじゃがりこを楽しむ方法

妊娠中、じゃがりこが食べたくてたまらない!でも、塩分や摂取カロリーについて心配・・・そんなあなたへ、安心してじゃがりこを楽しむ方法をご紹介します。

適量を意識して摂取

「じゃがりこ、美味しいけど、食べ過ぎちゃったかな?」そんな経験、ありますよね。

でも大丈夫!

適量を意識することで、安心してじゃがりこを楽しむことができます。

一袋全部食べるのではなく、少しずつ味わうようにしましょう。

それだけで、摂取カロリーや塩分の過剰摂取を防ぐことができますよ。

バラエティ豊かなおやつを選ぶ

「じゃがりこばかり食べていて、栄養バランスが心配・・・」そんなあなたには、バラエティ豊かなおやつ選びをおすすめします。

じゃがりこ以外にも、果物やヨーグルトなどの「体に優しいおやつ」も摂取することで、バランスの良い食生活を送ることができます。

また、じゃがりこ自体もさまざまなフレーバーがあるので、飽きずに楽しむことができますね。

医師や管理栄養士と相談

「でも、本当に大丈夫??」そんな不安がある方は、

医師や管理栄養士と相談

してみてください。

妊娠中の食事やおやつについての専門的なアドバイスをもらうことで、より安心してじゃがりこを楽しむことができます。

自分の体調や妊娠状況に合わせたアドバイスがもらえるので、一人で悩むよりもずっと安心ですよね。

【これ買ってよかった】出産前後のママおすすめ商品を紹介します
出産を控えている時期は、ママにとっても特別なものです。大切な時期を快適に過ごすためには、適切な商品選びがとても重要になってきます。 今回は、出産前後のママから「買ってよかった」の声が多い商品をピックアップしてご紹介します。 先輩ママの経験に...

まとめ

妊娠中の食事は、自分だけでなく、お腹の中の赤ちゃんの健康にも直結する大切な要素です。

特にスナック菓子の摂取については、塩分の摂りすぎに注意しながら、適度な量を楽しむことが重要となります。

じゃがりこに限らず、おやつ選びには栄養バランスを考慮することが大切です。

また、何か気になることがあれば、

医師や管理栄養士と相談することを忘れずに。

自分の体調や欲求を大切にしながら、健康的な妊娠生活を送りましょう。

更に詳しい情報は、このサイトの他の記事でも提供していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました