PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【妊娠中×ほうじ茶】安心して飲める?メリットは?徹底解説

ALLジャンル

妊娠中はほっと一息つきたくても、何を飲んでいいか迷いますよね。

実は、ほうじ茶が意外と優秀な味方になってくれるんです!
ほうじ茶は緑茶を焙煎したもので、独特の香ばしい香りとまろやかな味わいが特徴。
カフェイン含有量が比較的低いため、妊婦さんにも適していると言われているんです。

この記事では、妊娠中のほうじ茶摂取の安全性やメリット、そして気をつけるべきポイントまで、最新の研究結果を交えてわかりやすく解説していきます。

【こやま園】の公式サイトはこちら

妊娠中のほうじ茶摂取は安全?

妊娠中の飲み物選びに悩む方も多いでしょう。

特に、カフェインを含む飲み物については気をつけたいところ。

そこで、ほうじ茶の安全性について、カフェイン含有量や妊婦への影響など、詳しく見ていきましょう。

ほうじ茶のカフェイン含有量

ほうじ茶は、日本の伝統的な茶葉の一つで、その香ばしい香りと穏やかな味わいが特徴です。

妊娠中の方々にとって、カフェイン含有量は大きな関心事でしょう。

実は、ほうじ茶のカフェイン含有量は、他のお茶に比べてかなり少ないのです。

日本食品標準成分表2020年版(八訂)によると、ほうじ茶100mlあたりのカフェイン含有量は約20mgとされています。

これは、一般的なコーヒー(約60mg/100ml)の3分の1程度にすぎません。

つまり、ほうじ茶は妊婦さんにとっても比較的安心して飲める飲み物といえるでしょう。

ほうじ茶のカフェイン含有量が少ない理由は、その製法にあります。緑茶を高温で焙煎することで、カフェインの一部が分解されるのです。

この過程で、ほうじ茶特有の香ばしい香りも生まれます。

結果として、リラックス効果のあるテアニンは残しつつ、カフェイン量を抑えた飲み物となるのです。

ただし、個人差もあるため、妊娠中はカフェインの摂取には慎重になる必要があります。

医師や助産師に相談しながら、自分に合った摂取量を見つけることが大切です。

妊娠中のカフェイン摂取の目安

妊娠中のカフェイン摂取については、世界中の専門家が研究を重ねています。

その結果、WHO(世界保健機関)は、妊婦さんのカフェイン摂取量を1日200mg以下に抑えることを推奨しています。

この基準を踏まえると、ほうじ茶ならどのくらいの量まで飲んでも大丈夫なのでしょうか。

先ほど述べたように、ほうじ茶100mlあたりのカフェイン含有量は約20mgです。

単純計算すると、1日1.5L程度までなら安全に飲める計算になります。

これは、通常のマグカップ(約200ml)で7〜8杯分に相当します。

ただし、これはあくまで目安であり、個人の体質や妊娠の状態によって適切な摂取量は変わってきます。

妊娠中は、母体の代謝が変化し、カフェインの影響を受けやすくなる傾向があります。

また、胎児はカフェインを代謝する能力が未発達なため、母体が摂取したカフェインの影響を受けやすいのです。

そのため、妊娠初期や後期など、妊娠の時期によっても適切な摂取量は変わってくる可能性があります。

最初は少量から始め、体調の変化を観察しながら、自分に合った量を見つけていくことがおすすめです。

他のカフェイン入りの飲み物の摂取量も確認して、ほうじ茶の摂取量を決めるようにしましょう。

また、定期的に産婦人科医や助産師に相談し、適切なアドバイスを受けることも大切です。

ほうじ茶が妊婦に与える影響

ほうじ茶は、適量であれば妊婦さんにとって安全な飲み物といえます。

しかし、過剰摂取には注意が必要です。

2020年の日本産科婦人科学会のガイドラインでも、カフェインの過剰摂取に関する注意喚起がなされています。

過剰なカフェイン摂取は、胎児の低体重や早産のリスクを上昇させる可能性があるとされています。

これは、カフェインが胎盤を通過し、胎児の成長に影響を与える可能性があるためです。

特に、妊娠初期は胎児の器官形成が盛んな時期なので、注意が必要です。

一方で、適量のほうじ茶摂取には、妊婦さんにとって嬉しい効果もあります。

例えば、ほうじ茶に含まれるカテキンには抗酸化作用があり、体内の有害な活性酸素を除去する働きがあります。

また、テアニンにはリラックス効果があり、妊娠中のストレス軽減に役立つ可能性があります。

さらに、ほうじ茶は水分補給にも適しています。

妊娠中は体内の水分量が増加するため、十分な水分補給が必要です。

カフェイン含有量が少なく、香ばしくて飲みやすいほうじ茶は、水分補給の選択肢として優れています。

ただし、個人差があるため、ほうじ茶を飲んで体調の変化を感じた場合は、すぐに摂取を控えて医療機関に相談することが大切です。

妊娠中は体調の変化に敏感になり、普段は問題なかった食べ物や飲み物が合わなくなることもあります。

結論として、ほうじ茶は適量であれば妊婦さんにとって安全で、むしろ健康的な飲み物といえるでしょう。

ただし、個人の体質や妊娠の状態に応じて、適切な摂取量を見極めることが重要です。

医療機関と相談しながら、自分に合った飲み方を見つけていくことをおすすめします。

妊娠中にほうじ茶を飲むメリット

妊娠中の飲み物選びは悩ましいものですが、ほうじ茶には嬉しいメリットがたくさんあります。

つわり対策やリラックス効果、さらには貧血予防まで、ほうじ茶の魅力を詳しく解説していきましょう。

つわり対策に効果的

妊娠初期に多くの方が悩まされるつわり。

吐き気や食欲不振に苦しむ妊婦さんにとって、ほうじ茶は心強い味方となる可能性があります。

実は、ほうじ茶の香ばしい香りには、つわりによる吐き気を和らげる効果があるのです。

2018年の日本助産師会の調査でも、つわり対策としてほうじ茶を推奨する声が多数挙がっています。

その理由は、ほうじ茶の香りと味わいにあります。

焙煎によって生まれる独特の香ばしさは、吐き気を感じやすい妊婦さんにとっても受け入れやすく、むしろ胃を落ち着かせる効果があるのです。

さらに、ほうじ茶にはカフェインが少ないため、つわりで敏感になっている胃腸への負担も比較的小さいと言えます。

緑茶やコーヒーなど、カフェイン含有量の多い飲み物が苦手になる妊婦さんでも、ほうじ茶なら飲みやすいという声も多いのです。

ほうじ茶を使ったつわり対策の一例として、朝起きてすぐに少量のほうじ茶を飲む方法があります。

これにより、胃腸を穏やかに目覚めさせ、朝の吐き気を軽減できる可能性があります。

また、食事の前後に少量のほうじ茶を飲むことで、消化を助け、吐き気を和らげる効果も期待できます。

ただし、つわりの症状や程度には個人差があるため、ほうじ茶が合わない場合もあります。

その場合は無理をせず、医師や助産師に相談して、自分に合った対策を見つけることが大切です。

リラックス効果で不眠解消

妊娠中は、ホルモンバランスの変化や体型の変化、そして出産への不安など、様々な要因によって不眠に悩まされることが多くあります。

そんな時、ほうじ茶が心強い味方となってくれるのです。

ほうじ茶に含まれるテアニンには、リラックス効果があることが知られています。

日本睡眠学会の2019年の報告書でも、テアニンの睡眠改善効果について言及されています。

テアニンは、脳内のリラックス関連物質であるGABA(ガンマアミノ酪酸)の産生を促進する作用があり、これにより心身をリラックスさせ、質の高い睡眠をサポートする可能性があるのです。

さらに、ほうじ茶にはカフェインが少ないため、就寝前に飲んでも睡眠を妨げにくいという利点があります。

緑茶やコーヒーなど、カフェイン含有量の多い飲み物と比べると、ほうじ茶は夜遅くに飲んでも安心です。

妊娠中の不眠解消のためのほうじ茶の飲み方として、就寝1〜2時間前に温かいほうじ茶を少量飲むことをおすすめします。

温かい飲み物を飲むことで体が温まり、副交感神経が優位になることで、よりリラックスした状態で眠りにつくことができます。

また、ほうじ茶を飲みながら軽いストレッチやリラックス呼吸法を行うのも効果的です。

体をほぐしながら、ほうじ茶の香りを楽しみ、ゆったりとした時間を過ごすことで、心身ともにリラックスした状態で眠りにつくことができるでしょう。

ほうじ茶を飲んで逆に眠れなくなる場合は、飲む時間や量を調整したり、他のリラックス方法を試したりするなど、自分に合った方法を見つけることが大切です。

良質な睡眠は、妊婦さんの健康だけでなく、胎児の成長にも重要な役割を果たします。

ほうじ茶を上手に活用して、快適な睡眠環境を整えていきましょう。

鉄分の吸収を妨げにくい

妊娠中は鉄分の需要が高まるため、多くの妊婦さんが貧血対策に気を使います。

そのため、妊婦さんの多くが貧血のリスクに直面します。

ほうじ茶は煎茶に比べてタンニンが少なく、鉄分の吸収を妨げにくいのです。

タンニンは鉄分と結合して、その吸収を阻害する作用がありますが、ほうじ茶はその心配が少ないんです。

鉄分を含む食事と一緒にほうじ茶を飲んでも、栄養吸収への影響は最小限に抑えられます。

妊娠中の貧血予防に役立つ可能性があるので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

妊娠中のほうじ茶摂取における注意点

妊娠中のほうじ茶摂取は、多くの場合安全ですが、いくつかの注意点があります。

適切な飲み方や摂取量を知ることで、より安心して楽しむことができるでしょう。

ここでは、妊婦さんがほうじ茶を飲む際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

飲む時間帯に注意

妊娠中のほうじ茶摂取において、飲む時間帯は重要な考慮事項です。

ほうじ茶にはカフェインが含まれているため、就寝前の摂取には注意が必要です。

日本睡眠学会の2022年の調査結果によると、就寝前のカフェイン摂取は睡眠の質を低下させる可能性があることが明らかになっています。

妊娠中は良質な睡眠を取ることが非常に重要です。

胎児の発育や母体の健康維持のためにも、十分な休息が欠かせません。

そのため、ほうじ茶を楽しむ際は、夕方以降の摂取を控えめにすることをおすすめします。

代わりに、朝や昼間にほうじ茶を飲むことで、リラックス効果を得つつも、夜の睡眠に影響を与えることなく楽しむことができます。

また、夕方以降にほうじ茶が飲みたくなった場合は、カフェインレスのほうじ茶を選ぶのも一つの方法です。

カフェインレスタイプなら、就寝前でもより安心して飲むことができ、ほうじ茶特有の香ばしい香りや味わいを楽しめます。

妊娠中は体調の変化が大きいため、カフェインに対する感受性が通常時と異なる場合もあります。

自分の体調や胎児の様子を観察しながら、適切な摂取時間を見つけていくことが大切です。

温度管理に気をつける

妊娠中のほうじ茶摂取において、温度管理は非常に重要な要素です。

ほうじ茶は人肌程度に冷ましてから飲むのが安全とされています。

なぜ温度管理が重要なのでしょうか。

まず、妊娠中は体温調節機能が通常時と異なり、熱に対して敏感になっています。

そのため、熱すぎる飲み物を摂取することで、体調を崩したり、胎児に影響を与えたりする可能性があります。

また、高温の飲み物は食道や胃の粘膜を傷つける恐れがあり、つわりや胸焼けなどの症状を悪化させる可能性もあります。

妊娠中はこれらの症状に悩まされやすいため、なおさら注意が必要です。

適切な温度のほうじ茶を飲むためには、以下のような方法がおすすめです。

まず、淹れたてのほうじ茶をカップに注いだら、5分ほど置いてから飲み始めましょう。

また、電子レンジで温めなおす際は、設定時間を短めにして、飲む前に温度を確認することが大切です。

さらに、季節や体調に合わせて、温かいほうじ茶だけでなく、常温や冷たいほうじ茶を楽しむのも良いでしょう。

特に夏場や暑い日は、冷やしたほうじ茶が水分補給にぴったりです。

ただし、冷たすぎるほうじ茶は、体を冷やしてしまうため要注意です。

温度管理に気をつけることで、ほうじ茶を安全に、そして美味しく楽しむことができます。

自分の好みや体調に合わせて、適切な温度を見つけていきましょう。

他の飲み物とのバランスをとる

妊娠中のほうじ茶摂取において、他の飲み物とのバランスを取ることは非常に重要です。

日本栄養士会の2023年の妊婦向け栄養指導ガイドラインによると、ほうじ茶だけでなく、水やノンカフェイン飲料など、様々な飲み物をバランスよく摂取することが大切とされています。

まず、妊娠中は通常時以上に水分摂取が必要となります。

胎児の成長や羊水の維持、さらには母体の血液量増加に伴い、必要な水分量が増えるためです。

しかし、ほうじ茶だけに頼ると、カフェインの過剰摂取や栄養バランスの偏りが懸念されます。

多様な飲み物を取り入れることで、それぞれの特徴を活かした栄養摂取が可能になります。

例えば、水は純粋な水分補給に最適で、ミネラルウォーターを選べば微量ミネラルも摂取できます。

牛乳やヨーグルトドリンクはカルシウムの補給に役立ちます。

また、野菜ジュースは不足しがちなビタミンやミネラルの補給に効果的です。

ほうじ茶を楽しみつつ、他の飲み物とバランスを取る方法としては、1日の飲み物の種類と量を意識的に記録してみるのがおすすめです。

そうすることで、偏りがないか確認できます。

また、食事の際にはほうじ茶以外の飲み物を選ぶなど、意識的に変化をつけることも効果的です。

さらに、季節や体調に合わせて飲み物を選ぶのも良いでしょう。

夏場は冷たい麦茶や水分の多い果物ジュースを、冬場は温かいスープやホットミルクを取り入れるなど、柔軟に対応することが大切です。

バランスの取れた飲み物摂取は、母体と胎児の健康維持に欠かせません。

ほうじ茶の魅力を楽しみつつ、多様な飲み物を上手に取り入れていきましょう。

個人差を考慮する

妊娠中のほうじ茶摂取において、個人差を考慮することは非常に重要です。

カフェインの感受性には個人差があり、体調や胎児の様子を見ながら適量を判断することが重要とされています。

妊娠中は通常時と比べて体の変化が大きく、同じ人でも日によって体調が異なることがあります。

また、カフェインに対する感受性は個人によって大きく異なり、少量でも影響を受ける人もいれば、比較的多くても平気な人もいます。

さらに、妊娠の時期によっても適切な摂取量は変わってきます。

例えば、つわりの時期には香ばしい香りのほうじ茶が吐き気を和らげる効果がある一方で、後期になると胸焼けなどの症状が出やすくなり、ほうじ茶の摂取量を調整する必要が出てくるかもしれません。

個人差を考慮してほうじ茶を楽しむためには、以下のようなアプローチがおすすめです。

まず、少量から始めて、徐々に自分に合った量を見つけていくことが大切です。

また、飲んだ後の体調の変化を注意深く観察し、不快な症状が出た場合は摂取量を減らすか、一時的に控えるなどの対応をしましょう。

産婦人科医や助産師に相談するのも良い方法ですよ。

【こやま園】の公式サイトはこちら

まとめ

今回は、妊娠中のほうじ茶摂取について詳しく見てきました。

ほうじ茶は、適量であれば安全に飲むことができ、つわり対策やリラックス効果など、様々なメリットがあります。

カフェイン含有量が比較的少なく、WHO推奨の1日200mg以内に収まる量であれば、安心して楽しめるでしょう。

また、鉄分の吸収を妨げにくい特性や、水分補給に最適な点も魅力的です。

ただし、就寝前の摂取や温度管理には注意が必要です。

個人差も考慮しながら、バランスの取れた飲み物摂取を心がけることが大切ですね。

妊娠中の方々にとって、ほうじ茶は心強い味方となる可能性が高いでしょう。

当サイトでは、他にも妊娠中のママや子育て中のママに役立つ情報をたくさん用意しています。

ぜひ、他の記事もチェックしてみてくださいね。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

 

タイトルとURLをコピーしました