PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【やめられない!】授乳中にじゃがりこを食べても問題ない?母乳への影響は?まとめました

授乳中のおやつ

授乳中って、おやつ選びにも不安がつきものですよね。人気のお菓子でもあるじゃがりこは、授乳中に食べても大丈夫なのでしょうか?

母乳の質を向上させるためにも、授乳中のママにはバランスの取れた食事が重要です。

今回の記事では、授乳中におけるじゃがりこの楽しみ方をはじめ、食生活で気をつけたいポイントをまとめました。
ほかにも、おやつの選び方など、健康な母乳を赤ちゃんに届けるために知っておきたい情報が盛りだくさんですよ。

授乳中のおやつ、じゃがりこは大丈夫?

授乳中には、おやつ選びにも気を遣うものです。食べ始めると手が止まらなくなると人気のじゃがりこは、授乳中に食べても良いのでしょうか。

ここからは、授乳への影響を含めて様々な角度から解説していきます。

授乳中の食事バランスの重要性

授乳期のママは、毎日バランスの良い食事を心がけたいところ。赤ちゃんにとって欠かせない栄養素は、まさにママの食事から得られるわけです。

ビタミンやミネラル、良質なタンパク質や脂質をバランスよく取り入れることが、赤ちゃんの健やかな成長につながっています。

しかし、毎日忙しい中で完璧な食事を心がけるのは、なかなか大変なこと。手早く食べられる食事やおやつを取り入れながら、1日全体で栄養バランスがとれるように心がけましょう。

じゃがりこのカロリーと栄養成分

じゃがりこと言えば、カリカリとした食感とお手軽さが魅力のスナック菓子。おいしいけれどカロリーは高めですし、塩分も含まれています。それでも、じゃがいも由来のビタミンCやカリウムなどの栄養も含まれている点は見逃せません。

じゃがりこは、あくまでもおやつ。メインの食事にするのではなく、他の食事内容を考慮しつつ楽しみましょう!

母乳への影響と適量

赤ちゃんに質の良い母乳を与えるためにも、食べるものの質や量は重要です。授乳中にじゃがりこを食べるときは、ママの赤ちゃんの健康を第一に考えて食べすぎには注意しましょう。

過剰摂取は、母乳の質にも影響を及ぼす恐れがありますから、楽しみつつも適量を守ることが大切と言えます。

授乳中におすすめのおやつ選び

授乳中にもおやつが欠かせない、そんなママにぴったりの情報をお届けします。

おやつ選びのコツから、授乳中に特に注意すべき水分補給まで詳しくご紹介していきますので、最後までしっかりご覧ください!

栄養価の高いおやつの選び方

毎日の授乳で体力を消耗しがちなママにとって、やはりおやつは毎日の楽しみの一つですよね。

栄養価の高いおやつは、母体だけでなく赤ちゃんの健康にも良い影響を与えてくれます。全粒粉のビスケットやナッツ類ならビタミンやミネラル、良質な油が含まれていますから、おやつにもおすすめです。ただ、ナッツはカロリー高めなので食べすぎには注意しましょう。

また、ドライフルーツは自然な甘さで満足感も得られます。ビタミンも豊富で、ママの心強い味方と言えますね。

おやつタイムは、栄養補給としても重要な時間です。せっかくなら、ママにも赤ちゃんにも良いものを選びたいですよね!

じゃがりこ以外のスナック菓子

授乳中とはいえ、じゃがりこのようなスナック菓子にはつい手が伸びてしまいますよね。

スナック菓子を食べるときは、塩分控えめのポップコーンや添加物が大幅にカットされているものを選びましょう。せんべいやおかきも、塩分控えめのものならより罪悪感なく楽しめますよ。

選ぶ際には成分表をチェックし、シンプルな原材料で作られているものを選ぶのがコツです。

かしこいおやつ選びは、授乳時のママと赤ちゃんの健康を守るうえで重要。おやつの選び方にはこだわっていきたいですね。

水分摂取の重要性

おやつと同じくらい大切なのが水分摂取。

授乳中のママには普段よりも多くの水分が必要とされています。ママの体内の水分が不足すると、乳腺が詰まって炎症を起こしてしまう可能性もあるんです。

実は、喉が渇いたと感じた時には、体はすでに水分不足に陥っています。一度に大量に飲むのではなく、こまめな水分摂取がおすすめ!おやつを食べる時も、お茶や白湯を一緒に摂ると良いですよ。

飲み物はもちろん、果物や野菜からも水分が摂れます。ビタミン補給にもなるので、おやつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

まずは、水分補給の習慣をしっかりと身につけましょう!

授乳中の食生活で気をつけたいこと

おいしいものを食べたい気持ちはよくわかりますが、授乳中の食事選びには少し配慮が必要です。赤ちゃんの健やかな成長を支えるためには、食材選びにも注意しなければなりません。

ここからは、授乳中のママが日常の食事で気を付けたいポイントを見ていきます!

母乳の質に影響する食品

授乳中は母乳が赤ちゃんの主な栄養源ですから、母乳の質に影響を及ぼす食品には注意しなければなりません。

カフェインの摂りすぎは赤ちゃんの睡眠に影響します。カフェインが含まれるチョコレートやコーヒーの摂取量には細心の注意を払いましょう。また、アルコールはわずかであっても赤ちゃんの発育に悪影響が出てしまいますので、授乳中は我慢するべきです。

高脂質の食品は、食べすぎると母乳の質を変えることがありますし、乳腺炎の原因とも言われていますよ。

赤ちゃんの体調を見ながら、バランスの良い食事を心がけましょう。

避けるべき食品とその理由

赤ちゃんの発育に悪影響を与える可能性のある食品は、できるだけ避けるべきです。たとえば、添加物が多く含まれている食品、保存料の使用が多い食品は赤ちゃんに影響する可能性があるため、できるだけ自然な素材のものを選ぶと良いですよ。

また、赤ちゃんのアレルギーの有無や反応には個人差があります。卵や牛乳、小麦が使用されている食品は、少量から摂取して様子を見るようにしましょう。

赤ちゃんの様子がいつもと違うと感じたら、食べるのをやめてすぐに医師の判断を仰ぐのがベストです。

授乳中の栄養補給のポイント

授乳期間中のママの体は、母乳を作るために普段よりも多くのエネルギーを必要とします。そのため、鉄分やカルシウム、オメガ3脂肪酸など、足りなくなりがちな栄養素を意識して摂取することが大切です。

貧血予防には鉄分が必須であり、骨の健康を維持するためにはカルシウムが欠かせません。また、オメガ3脂肪酸は赤ちゃんの脳の発達をサポートする効果があると言われていますよ。

不足しやすい栄養素の補給にも目を向けていくと、ママも赤ちゃんもより健康に過ごせるでしょう。

こちらの記事では、使わなかった出産祝いについてまとめております。
現在授乳中のママもぜひ体験談をコメントでお寄せくださいね!
ぶっちゃけ使わなかった出産祝いって何?SNSで集めてみました
友人や身内、会社関係の方から妊娠報告を受けると、嬉しい気持ちになりますよね。 でも、その反面「何を贈ればいいんだろう?」...

まとめ

授乳中のおやつ選びは、赤ちゃんに必要な栄養を与えるためにも重要です。じゃがりこを含むスナック菓子は適量を心がけ、食事でも栄養バランスに気を配りましょう。

普段食べている食品が、母乳の質に影響を与えてしまうこともあります。特に、アレルギーを引き起こしやすい食品や添加物が多い食品については、授乳中は避けると安心です。

さらに、毎日忙しい中でもこまめな水分補給は忘れずに!

当サイトでは、妊娠中のプレママから子育て中のママまで応援するべく、たくさんの情報をまとめています。ぜひ他の記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました