PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

妊娠中に緑茶を飲んでも良い?カフェイン量は?注意すべきポイントまとめ

ALLジャンル

妊娠中は、飲み物一つでも気を使います。緑茶についても同様ではないでしょうか。

実は、緑茶には妊婦さんにとって嬉しい効果がたくさんあるんです。

この記事では、妊娠中の緑茶との付き合い方をわかりやすくお伝えします。

緑茶を飲んでリラックスしながら健康的なマタニティライフを送るコツを一緒に見ていきましょう。

カフェイン量の目安から、飲むタイミングのポイント、さらには妊婦さんにおすすめの緑茶の種類まで、気になる情報が満載ですよ。

【こやま園】の公式サイトはこちら

妊娠中は緑茶を飲んで良い?メリットはある?

妊娠中のお茶の選択に悩む方も多いのではないでしょうか。

実は、緑茶は適量であれば妊婦さんにも安心して飲めるお茶なのです。
ただし、注意点もありますので、詳しく見ていきましょう。

妊娠中の緑茶摂取は適量ならOK!

妊娠中の緑茶摂取については、適量であれば問題ありません。

妊婦さんにとって気になるのは、緑茶に含まれるカフェイン量でしょう。

妊娠中のカフェイン摂取量は1日200mg以下が目安とされています。

緑茶1杯(100ml)あたりのカフェイン量は約20mgですので、1日に10杯までなら安全圏内といえるでしょう。

ただし、個人差もありますので、体調や主治医の指示に従って調整することが大切です。

緑茶を楽しみながら、赤ちゃんとママの健康を守るバランスを取りましょう。

緑茶に含まれるカフェイン量の目安

緑茶のカフェイン含有量は、茶葉の種類や淹れ方によって異なります。

一般的な目安として、緑茶100mlあたりのカフェイン含有量は、煎茶やほうじ茶で約20mg程度です。

一方、玉露は若芽を使用しているため、同量でも約160mgとカフェイン量が多くなります。

妊娠中は玉露の摂取には特に注意が必要です。

また、茶葉の量や浸出時間によってもカフェイン量は変化しますので、濃さにも気を付けましょう。

自分好みの味を楽しみつつ、カフェイン摂取量をコントロールするコツは、薄めに淹れることです。

香りを楽しみながら、ゆったりとした気分で緑茶時間を過ごすのもおすすめです。

妊娠中に緑茶を飲むメリット

緑茶には、妊婦さんの心身をサポートする様々な成分が含まれています。

その代表格が、抗酸化作用で知られるカテキンです。

カテキンは体内の酸化ストレスを軽減し、細胞を守る働きがあります。

また、リラックス効果のあるテアニンも緑茶の魅力的な成分の一つです。

テアニンは、ストレス軽減や質の良い睡眠をサポートしてくれます。

適量の緑茶摂取は、妊婦さんの健康維持やストレス軽減に役立つ可能性があります。

さらに、緑茶に含まれるビタミンCは、免疫力の向上や鉄分の吸収を助ける効果があります。

ただし、過剰摂取は避け、バランスの取れた食生活の中で緑茶を楽しむことが大切です。

香り豊かな一杯で、心と体をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

妊娠中の緑茶摂取で注意すべきこと

緑茶を飲むことで多くの健康効果が期待できますが、妊娠中は特に気を付けるべきポイントがあります。

カフェイン摂取量やタイミング、飲む量など、いくつかの注意点を押さえておくことで、安心して緑茶を楽しむことができます。

一つずつ確認していきましょう。

カフェインの摂りすぎを避ける

妊娠中のカフェイン過剰摂取は、低出生体重児のリスクを高める可能性があるため、注意が必要です。

妊婦のカフェイン摂取量は1日当たり200mgまでに抑えることが懸命とされています。

緑茶のカフェイン量は淹れ方や茶葉の種類によって異なりますが、一般的な煎茶なら1日10杯程度までが目安となります。

ただし、緑茶以外のカフェイン含有飲料や食品も摂取している可能性があるので、総合的に考えることが大切です。

例えば、チョコレートやコーヒー味のアイスクリームなども、少量ですがカフェインを含んでいます。

緑茶を楽しみつつ、他の食品からのカフェイン摂取にも気を配りましょう。

また、緑茶を濃く淹れると、カフェイン量が増加してしまいます。

薄めに淹れて、香りを楽しみながら飲むのがおすすめです。

飲むタイミングに注意する

緑茶に含まれるタンニンは、鉄分の吸収を阻害する性質があります。

妊娠中は貧血になりやすいため、特に注意が必要です。

緑茶1~2杯程度なら影響は少ないとされていますが、貧血気味の妊婦さんは要注意です。

食事の直前直後の緑茶摂取は避け、食事と緑茶の間に1時間程度の間隔を空けるのが理想的です。

例えば、朝食後に歯磨きをして、家事や身支度をしてから緑茶を楽しむといった具合です。

また、鉄分を多く含む食品と一緒に緑茶を飲むのも避けましょう。

レバーやほうれん草などの鉄分豊富な食材を食べる際は、緑茶以外の飲み物を選ぶのがよいでしょう。

緑茶の代わりに、ビタミンCを含むオレンジジュースなどを飲むと、鉄分の吸収を助けることができます。

緑茶を楽しみながら、栄養バランスにも配慮することで、健康的な妊娠生活を送ることができます。

飲む量を調整する

妊娠中期以降は、過剰な水分摂取がむくみの原因になる可能性があります。

緑茶は利尿作用があるため、適度な水分補給には良いのですが、飲みすぎには注意が必要です。

尿の色や量を観察しながら、水分摂取量を調整しましょう。

健康的な尿の色は、薄い黄色から麦わら色程度です。

透明に近すぎたり、濃すぎたりする場合は、水分摂取量の見直しが必要かもしれません。

また、1日の飲水量の目安は、妊娠前の体重+妊娠週数×10mlとされています。

例えば、妊娠前の体重が50kg、妊娠20週の場合、(50+20)×10=700mlが1日の飲水量の目安となります。

ただし、これはあくまで目安であり、気温や活動量によっても必要な水分量は変わってきます。

のどの渇きを感じたら適度に水分を摂るようにし、緑茶だけでなく、水やノンカフェインのハーブティーなども取り入れて、バランスよく水分補給をすることが大切です。

妊娠中に楽しめる緑茶

妊娠中も緑茶を楽しみたい方に朗報です。

カフェインを控えめにしたり、楽しみ方を工夫することで、安心して緑茶を味わえます。

ここでは、妊婦さんにおすすめの緑茶の種類や飲み方をご紹介します。

水出し緑茶

水出し緑茶は、妊婦さんにとって理想的な飲み方の一つです。

通常のお湯で淹れる方法と比較して、カフェイン含有量を抑えられるのが最大の魅力。

さらに、水出しならではのまろやかな味わいと爽やかな香りを楽しめるのも嬉しいポイントです。

茶葉を水に浸して冷蔵庫で3〜8時間ほど置くだけで作れます。

時間をかけてゆっくり抽出することで、カフェインの溶出を最小限に抑えられます。

夜寝る前に仕込んでおけば、翌朝には美味しい水出し緑茶の出来上がり。

暑い季節には特におすすめで、清涼感あふれる一杯が妊婦さんの気分をリフレッシュしてくれるでしょう。

また、水出し緑茶は渋みが少なく、飲みやすいのも特徴です。

妊娠中は味覚が敏感になることがありますが、水出し緑茶なら苦みや渋みが気になりにくいので、安心して楽しめます。

ぜひ、お気に入りの茶葉で試してみてください。

デカフェ緑茶

デカフェ緑茶は、カフェインを気にせず緑茶本来の味わいを楽しみたい妊婦さんにぴったりの選択肢です。

通常の緑茶からカフェインを90%以上除去しているため、安心して飲むことができます。

緑茶特有の香りや旨味はそのままに、カフェインだけを大幅にカットしているのが特徴です。

最近では、多くのお茶メーカーがデカフェ緑茶を販売しており、スーパーやドラッグストアでも手に入りやすくなっています。

中には、有機栽培の茶葉を使用したものや、高級茶葉を使ったデカフェ緑茶もあるので、好みに合わせて選べるのも魅力的です。

デカフェ緑茶は、通常の緑茶と同じように淹れることができるため、日常的に緑茶を楽しんでいた方も、妊娠中でも違和感なく飲み続けられます。

夜遅くに飲んでも睡眠に影響が出にくいので、リラックスタイムのお供としても最適。

妊娠中のストレス軽減にも一役買ってくれるでしょう。

玄米茶

玄米茶は、緑茶に炒った玄米を加えたお茶で、妊婦さんにも安心して楽しめる一杯です。

緑茶の割合が少なくなるため、カフェイン含有量が通常の緑茶よりも低くなります。

さらに、玄米特有の香ばしい香りと、まろやかな味わいが特徴で、妊娠中の気分転換にぴったりです。

玄米茶には、緑茶由来のカテキンや玄米由来の食物繊維などの栄養素が含まれています。

これらの成分は、妊婦さんの健康維持に役立つ可能性があります。

特に食物繊維は、妊娠中に起こりがちな便秘の改善に効果が期待できます。

また、玄米茶は温かく飲んでも冷やして飲んでも美味しいのが特徴。

季節や気分に合わせて楽しめるのも魅力的です。

暑い日には水出し玄米茶にして、さっぱりとした味わいを楽しむのもおすすめ。

妊娠中のむくみが気になる方は、冷やした玄米茶を適量飲むことで、水分補給とむくみ対策を同時に行えるかもしれません。

妊娠中も、工夫次第で安心して緑茶を楽しむことができます。

水出し緑茶、デカフェ緑茶、玄米茶など、様々な選択肢がありますので、自分に合った飲み方を見つけてみてください。

【こやま園】の公式サイトはこちら

まとめ

妊娠中の緑茶摂取は適量であれば問題ありません。

1日のカフェイン摂取量を200mg以下に抑えることが大切です。

緑茶には抗酸化作用やリラックス効果があり、妊婦さんの健康維持に役立ちます。

ただし、カフェインの過剰摂取や鉄分の吸収阻害には注意が必要でしょう。

水出し緑茶やデカフェ緑茶を選ぶことで、より安心して楽しむことができます。

また、飲むタイミングや量にも気を配ることが大切ですね。

妊娠中のママさんたちは、自分の体調に合わせて緑茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、他にも妊娠中のプレママや子育て中のママに役立つ情報をたくさんご用意しています。

ぜひ、他の記事もチェックしてみてくださいね。


 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました