PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

授乳中に使える薬はある?安全に使用するためのポイントは?

ALLジャンル

「授乳中に薬を飲んでも大丈夫なの?」こんな不安を抱えているママさん、私もかつてそうでした。

赤ちゃんの健康を第一に考えるあまり、自分の体調不良を我慢してしまうこともあったんです。

でも、実は授乳中でも安全に使える薬があるんですよ。

このページでは、授乳中のママが安心して使える薬の種類や、注意点について詳しくお伝えします。

薬の正しい知識を身につけて、赤ちゃんとママ、両方の健康を守りましょう。

ここでは、授乳中の薬の選び方や使用上のポイント、さらには専門家への相談方法まで、幅広くカバーしていきます。

ママの不安を少しでも和らげられたら嬉しいです。

【こやま園】の公式サイトはこちら

授乳中のママが安心して使える薬って?

授乳中のママにとって、薬の服用は大きな不安の種になります。

赤ちゃんへの影響を心配するのは当然です。

しかし、実は授乳中でも使える薬は意外と多いんです。

安全に使用するためのポイントを、一緒に見ていきましょう。

授乳中でも大丈夫な薬はある

授乳中のママにとって朗報!実は、多くの薬が授乳中でも安全に使用できるんです。

例えば、よく知られている解熱鎮痛薬のアセトアミノフェン(カロナール)やイブプロフェン(ブルフェン)は、授乳中でも問題なく使用できる薬の代表格。

また、抗菌薬のペニシリン系も、一般的に授乳中の使用が認められています。

気になる方は、国立成育医療研究センターが公開している「授乳中に安全に使用できると考えられる薬」のリストをチェックしてみるのもおすすめです。

このリストを見れば、どんな薬が授乳中に使えるのか、一目瞭然です。

ただし、個人差もあるので、必ず医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。

外用薬は意外と使える!

実は、外用薬は授乳中でも使えるものが多いんです。

湿布薬、軟膏、点眼薬、点鼻薬などの外用薬は、飲み薬と比べて体内への吸収量が少なく、母乳への移行量もごくわずか。

そのため、多くの外用薬が授乳中でも安全に使用できるんです。

例えば、花粉症でお悩みのママも、点眼薬や点鼻薬を使用できる可能性が高いですよ。

また、腰痛や肩こりに悩まされているママも、痛み止めの湿布を使用できることが多いんです。

外用薬なら、赤ちゃんへの影響を最小限に抑えながら、ママの症状を和らげることができるんですね。

注意が必要な薬もある

授乳中に使える薬が多いとはいえ、全ての薬が安全というわけではありません。

薬の種類によっては、授乳中の使用に注意が必要なものもあるんです。

例えば、一部の抗うつ薬や抗てんかん薬、甲状腺ホルモン剤などは、赤ちゃんへの影響が心配されるため、慎重に使用を検討する必要があります。

だからこそ、服薬を伴う治療を受ける際は、必ず医師に授乳中であることを伝えましょう。

そして、その薬を服用しながら授乳を続けても大丈夫かどうか、しっかり確認することが大切です。

医師は、授乳中のママと赤ちゃんの両方の健康を考慮して、最適な治療法を提案してくれるはずです。

授乳中の薬で注意したいこと

授乳中に薬を使用する際は、いくつかの注意点があります。

ママの体調管理と赤ちゃんの健康を両立させるためには、これらのポイントを押さえておくことが大切。

安全に薬を使用するためのコツをご紹介します。

服用タイミングに気を付ける

授乳中に薬を飲む場合、そのタイミングが重要になってきます。

特に、鎮痛剤など食後に限らず服用できる薬の場合は、授乳直後に飲むのがおすすめ。

なぜなら、次の授乳までの間に薬の血中濃度が下がり、母乳への移行量を最小限に抑えられるからです。

例えば、頭痛薬を飲む必要がある場合。

赤ちゃんにおっぱいをあげた直後に服用すれば、次の授乳までの3〜4時間の間に、体内の薬の濃度がぐっと下がります。

そうすることで、赤ちゃんが飲む母乳に含まれる薬の量を、できるだけ少なくすることができるんです。

ただし、薬の種類によっては、食事と一緒に飲む必要があるものもあります。

そのため、必ず医師や薬剤師の指示に従って、適切なタイミングで服用するようにしましょう。

赤ちゃんの様子をよく観察する

薬を服用した後は、赤ちゃんの様子を注意深く観察することが非常に重要です。

なぜなら、赤ちゃんは大人と比べて薬の影響を受けやすく、わずかな変化でも健康に影響を及ぼす可能性があるからです。

具体的には、次のような症状に注目しましょう。

  • 赤ちゃんが母乳を飲まなくなる
  • 異常な眠気が見られる
  • 機嫌が急に悪くなる
  • 夜泣きが増える
  • 痙攣が起きる
  • 下痢になる
  • 発疹が出る

これらの症状が見られた場合は、薬の影響である可能性があります。

万が一、気になる症状が現れたら、すぐに医療機関に相談することが大切です。

早めの対応が、赤ちゃんの健康を守る鍵となります。

ママの直感を大切にして、少しでも変だなと感じたら、遠慮なく医師に相談してくださいね。

【自己判断はNG】医師や薬剤師に相談する

授乳中の薬の使用で最も重要なのは、自己判断を避けることです。

「この薬なら大丈夫だろう」と思っても、実際には赤ちゃんに影響を与える可能性があります。

逆に、「怖いから薬を飲むのをやめよう」と決めつけてしまうと、ママの健康状態が悪化してしまうかもしれません。

そのため、薬の使用や中止を決める際は、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

専門家は、ママと赤ちゃんの両方の健康を考慮して、最適なアドバイスをしてくれます。

例えば、授乳中でも安全な代替薬を提案してくれたり、服用方法や注意点を詳しく説明してくれたりします。

また、国立成育医療研究センターの「妊娠と薬情報センター」では、授乳中の薬に関する電話相談を受け付けています。

専門家に直接相談できる心強い味方ですので、ぜひ活用してみてください。

不安なことがあれば、遠慮なく相談するのがベストな選択です。

授乳中の薬についてよくある質問

授乳中のママさんにとって、薬の使用は気がかりな問題の一つです。

風邪薬や以前処方された薬、歯科治療での麻酔など、日常生活で直面する可能性の高い場面について、詳しく見ていきましょう。

Q. 風邪薬は授乳中でも飲めますか?

風邪薬の中には、授乳中でも使用可能なものが多くあります。

ただし、すべての風邪薬が安全というわけではありません。

症状や授乳状況によって、適切な薬が異なる場合もあるので、自己判断は避けましょう。

まずは医療機関を受診し、授乳中であることを伝えた上で、医師の診断を受けることをおすすめします。

軽症の場合は、薬局やドラッグストアで薬剤師に相談するのも良い方法です。

専門家のアドバイスを受けることで、赤ちゃんへの影響を最小限に抑えつつ、ママの体調を改善できる適切な薬を選ぶことができます。

一般的に、アセトアミノフェンなどの解熱鎮痛剤は授乳中でも比較的安全とされています。

ただし、抗ヒスタミン薬や咳止めなど、成分によっては注意が必要なものもあるので、必ず専門家に確認しましょう。

Q. 以前処方された薬が自宅に残っています、飲んで大丈夫ですか?

以前処方された薬が残っているからといって、自己判断で服用するのは危険です。

たとえ同じ症状だと感じても、授乳中の体は通常時とは異なる状態にあります。

そのため、薬の効果や副作用が変わる可能性があるのです。

まずは、その薬を処方した医師に連絡を取りましょう。

現在の状況を説明し、授乳中でも服用可能かどうか確認することが大切です。

医師は、薬の種類や授乳状況を考慮して、適切なアドバイスをくれるはずです。

もし、薬局やドラッグストアで購入した市販薬の場合は、薬剤師に相談するのが賢明です。

薬剤師は、その薬の成分や授乳中の使用に関する最新の情報を持っているので、安全な使用方法を教えてくれるでしょう。

また、薬の保管期限にも注意が必要です。

期限切れの薬は効果が低下していたり、場合によっては有害になっていることもあるので、使用は控えましょう。

定期的に薬箱の中身をチェックし、期限切れの薬は適切に処分することをおすすめします。

Q. 歯科治療で使う麻酔は大丈夫ですか?

歯科治療は避けられないものですよね。

幸いなことに、歯科で一般的に使用される局所麻酔薬(例:リドカインなど)は、授乳中でも比較的安全とされています。

これらの麻酔薬は、ごく微量しか母乳に移行しないため、赤ちゃんへの影響はほとんどないと考えられています。

ただし、安心して治療を受けるためには、いくつか注意点があります。

まず、治療前に必ず歯科医師に授乳中であることを伝えましょう。

そうすることで、より安全性の高い薬剤を選択してもらえます。

また、使用する麻酔薬の種類や量を調整してもらえる可能性もあります。

さらに、治療後の痛み止めについても相談しておくと良いでしょう。

多くの場合、アセトアミノフェンなどの比較的安全な鎮痛剤が処方されますが、念のため授乳への影響を確認しておきましょう。

麻酔の影響で一時的に口の感覚が鈍くなることがあるので、治療直後の授乳には注意が必要です。

このように、歯科治療での麻酔は基本的に心配ありませんが、常に歯科医師とコミュニケーションを取り、安全な治療を心がけることが大切です。

【こやま園】の公式サイトはこちら

まとめ

授乳中のママにとって薬の使用は悩ましい問題です。

しかし、安心して使える薬も多く存在します。

アセトアミノフェンやイブプロフェンなどの解熱鎮痛薬、ペニシリン系の抗菌薬は一般的に安全とされています。

外用薬も意外と使えるものが多いのでしょう。

ただし、服用のタイミングや赤ちゃんの様子の観察など、注意すべき点もあります。

自己判断は避け、必ず医師や薬剤師に相談することが大切でしょう。

風邪薬や歯科治療の麻酔なども、専門家に相談すれば安全に使用できる場合が多いようです。

授乳中のママの皆様、薬の使用に不安を感じたら、ためらわずに専門家に相談してくださいね。

当サイトでは、妊娠中のプレママから子育て中のママまで幅広く応援しています。

他にも役立つ情報が満載ですので、ぜひチェックしてみてくださいませ。


 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました