PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

ノンアルコールチューハイは授乳中もOK?赤ちゃんや母乳への影響は?まとめました

ALLジャンル

授乳中でもお酒が飲みたくなる時、ありませんか。

授乳中はアルコールは厳禁。

そんな時、ノンアルコールチューハイなら安心して楽しめるかもしれないんです!

今回は、授乳中のノンアルコールチューハイについて、赤ちゃんや母乳への影響、選び方のポイントまで詳しくお伝えします。

さらに、おすすめの商品もご紹介しちゃいますよ。

ノンアルコールチューハイは授乳中に飲んでも大丈夫?

授乳中のママにとって、お酒を控えることは赤ちゃんの健康のために重要です。

でも、時には気分転換が必要なときもありますよね。

そんなときに注目したいのが、ノンアルコールチューハイです。

果たして、授乳中でも安心して楽しめるのでしょうか。確認していきましょう。

ノンアルコールチューハイとは

ノンアルコールチューハイは、お酒好きのママたちにとって、まさに救世主のような存在です。

通常の酎ハイやハイボールの風味を見事に再現しながら、アルコール度数が0.00%という、驚きの飲み物なんです。

果汁や炭酸水を巧みに使用して、本物のお酒さながらの味わいを楽しめるんですよ。

まるで魔法のような飲み物ですが、実は科学の力で生み出された、ママにやさしい飲料なんです。

リラックスしたいけど、赤ちゃんのことを考えるとアルコールは控えたい…そんなジレンマを解決してくれる、頼もしい味方と言えるでしょう。

【結論】授乳中もノンアルコールチューハイを飲んでOK!

嬉しいお知らせです!アルコール度数0.00%のノンアルコールチューハイなら、授乳中のママも安心して楽しむことができます。

赤ちゃんへの影響を心配せずに、大人の雰囲気を味わえるなんて、素敵ですよね。

ただし、注意点もあります。

全てのノンアルコール飲料が完全にアルコール0%というわけではありません。

中には微量のアルコールを含むものもあるので、必ず表示をチェックしましょう。

0.00%と明記されているものを選ぶのが賢明です。

また、飲みすぎには注意が必要です。

ノンアルコールと言っても、糖分やカロリーが含まれているものもあるので過剰摂取はNG。

適量を守って楽しむことで、より健康的に過ごせますよ。

ノンアルコールチューハイの選び方

ノンアルコールチューハイを選ぶ際は、ちょっとしたコツがあります。

まず最も重要なのは、原材料表示をしっかりチェックすること。

アルコール度数が確実に0.00%であることを確認しましょう。

次に、味の好みも大切です。

レモンサワー風やウーロンハイ風など、様々な種類があるので、自分の好みに合ったものを探してみてください。

中には、ビタミンやミネラルを添加した健康志向のものもありますよ。

また、糖分や甘味料の量にも注目しましょう。

カロリーオフタイプを選んだり、果汁100%のものを薄めて飲んだりするのも良いアイデアです。

パッケージデザインも楽しみの一つ。

おしゃれなデザインのものを選べば、気分も上がりますよ。

赤ちゃんのお世話に忙しい毎日だからこそ、ちょっとした贅沢を楽しむのも大切です。

ノンアルコールチューハイは赤ちゃんや母乳に影響する?

ノンアルコールチューハイは授乳中でも飲めることがわかりました。

では、赤ちゃんや母乳への影響はないのでしょうか。

安全性を確保しつつ、楽しく飲むためのポイントをご紹介します。

【要注意】ノンアルコール=アルコールゼロではないことも!

ノンアルコールと聞くと、完全にアルコールが含まれていないと思いがちですが、実はそうとは限りません。

アルコール度数が1%以下であれば、法律上「ノンアルコール飲料」として販売できるのです。

つまり、0.5%や0.3%といったわずかなアルコールが含まれていても、「ノンアルコール」と表示されることがあるんです。

微量でもアルコールが含まれていると、母乳への影響が出てしまう恐れがあります。

赤ちゃんの健康を第一に考えて、アルコール度数0.00%の表記を確認しましょう。

ラベルをよく確認し、「アルコール0.00%」の表記があるものを選びましょう。

お店で楽しむ場合は、メニューの表記を確認するか店員さんに確認を取るようにすると安心です。

ちょっとした注意で、安心して楽しむことができますよ。

アルコールによる影響

アルコール度数「0%」や「0.0%」と表示されている飲料でも、実は微量のアルコールが含まれている可能性があります。

これは製造過程で完全にアルコールを除去することが難しいためです。

この微量のアルコールが赤ちゃんやママに影響を与える可能性は、極めて低いと言えます。

しかし、個人差もあるので、完全に影響がないとは言い切れません。

特に新生児や低体重児の場合は、より慎重になる必要があります。

万が一、アルコール度数の高いものを間違って飲んでしまった場合でも、過度に心配する必要はありません。

授乳を3〜4時間ほど控えれば、母乳中のアルコール濃度は大幅に低下します。

ただし、頻繁に飲むことは避けましょう。

糖分やカフェインによる影響

ノンアルコールチューハイを選ぶ際は、アルコール以外の成分にも注目する必要があります。

特に気をつけたいのが、糖分とカフェインです。

糖分の過剰摂取は、ママの体重増加や赤ちゃんの虫歯リスクにつながる可能性があります。

また、カフェインは母乳を通じて赤ちゃんに影響を与える可能性があるため、適量を守ることが大切です。

授乳中のカフェイン摂取量は、1日200mgまでに抑えることが推奨されています。

これは、コーヒー約2杯分に相当します。

ノンアルコールチューハイにカフェインが含まれている場合は、1日の摂取量に注意しましょう。

糖分やカフェインの含有量が気になる場合は、水やお茶で薄めて飲むのもおすすめです。

自分で濃さを調整できるので、赤ちゃんへの影響を最小限に抑えつつ、リフレッシュできますよ。

授乳中におすすめのノンアルコールチューハイ

授乳中のママでもノンアルコールチューハイなら安心して飲むことができます。

ここでは、特におすすめの3種類のフレーバーをご紹介します。

爽やかな味わいで気分転換にぴったりですよ。

ノンアルコールレモンサワー

レモンの爽やかな香りと酸味が特徴的なノンアルコールレモンサワーは、授乳中のママにおすすめの一杯です。

炭酸の刺激がアルコール感を演出し、まるで本物のレモンサワーを飲んでいるかのような錯覚さえ覚えます。

さらに、レモンに含まれるクエン酸は、授乳によって消耗しがちな体力の回復を助けてくれる嬉しい効果も。

夏の暑い日はもちろん、冬の乾燥した時期にも喉を潤す最適な選択肢となるでしょう。

本物のレモン果汁が含まれているものも一つの選択肢。

気分転換したいときや、ほっと一息つきたいときに、ノンアルコールレモンサワーを手に取ってみてはいかがでしょうか。

ノンアルコール梅サワー

梅酒の風味を楽しめるノンアルコール梅サワーも、授乳中のママにおすすめの一品です。

梅の甘酸っぱさと炭酸のさっぱり感が絶妙なハーモニーを奏で、口の中に広がる豊かな味わいに思わず笑みがこぼれます。

梅に含まれるクエン酸には疲労回復効果があるとされており、育児に奮闘する毎日の中で、心身ともにリフレッシュできる魔法のドリンクと言えるでしょう。

また、梅には整腸作用もあるため、産後の体調管理にも一役買ってくれます。

ノンアルコール梅サワーは、そのまま飲むのはもちろん、少量の炭酸水で割ってより爽やかな味わいにアレンジしたり、飲み方のバリエーションも豊富。

気分や季節に合わせて、自分好みの飲み方を見つけてみるのも楽しいですよ。

ノンアルコールハイボール

ウイスキーの風味を再現したノンアルコールハイボールは、大人の味わいを求める授乳中のママにぴったりの一杯です。

本物のハイボールさながらの香りと、さっぱりとした喉ごしが特徴で、まるでバーで飲んでいるような気分を味わえます。

ウイスキーの複雑な風味をノンアルコールで表現するのは至難の業ですが、最近の商品は驚くほど本物に近い味わいを実現しています。

炭酸の刺激がアルコール感を演出し、ストレス発散にも効果的。

夜のリラックスタイムや、友人とのホームパーティーなど、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

氷をたっぷり入れたグラスに注ぎ、レモンのスライスを添えれば、見た目も本格的。

ノンアルコールながら、大人の雰囲気を楽しめる一杯です。

授乳中でもお酒を飲んでいるような気分を味わいたい時に、ぜひ試してみてください。

まとめ

ノンアルコールチューハイは授乳中のママにとって安全な選択肢となります。

アルコール度数0.00%の製品を選ぶことで、赤ちゃんや母乳への悪影響を心配せずに楽しむことができるでしょう。

ただし、製品選びの際は原材料表示を必ず確認し、アルコール度数が本当に0.00%であるかを慎重に見極めることが大切です。

また、糖分やカフェインの摂りすぎにも注意が必要です。

授乳中のカフェイン摂取量は1日200mgまでに抑えることが推奨されています。

レモンサワーや梅サワー、ハイボールなど、様々な種類のノンアルコールチューハイがあり、授乳中のママも気分転換を楽しめます。

妊娠中や子育て中のママの皆様、当サイトではほかにも役立つ情報をたくさんご用意しております。

ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね。

当サイトでは、授乳中のノンアルコール情報を多数掲載しております。

ぜひこちらの記事もご覧ください。

授乳中も安全ってホント?ノンアルコール飲料の摂取ガイド

「授乳中の飲み物」カテゴリを見てみる

「授乳中の食事」カテゴリを見てみる


 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました