PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【妊婦さん×寿司】ダメと言われる理由は?食べさせてOKか解説します

妊娠中の食事

妊婦さんと一緒に食事をする時、どの食材なら安全か、気になりますよね。

今回は、妊婦さんとお寿司の関係について解説します。

避けた方がいいと思われがちなお寿司ですが、実は妊娠中でも楽しむ方法があるんです!

妊娠中にお寿司がダメと言われる理由や、安心して食べられるお寿司の選び方、注意点などを詳しく解説します。

妊娠中の食事制限については、家族やご友人も学んでおいて損はありません。

一緒に、美味しくて安全なお寿司の楽しみ方を見つけましょう!

妊婦さんにお寿司はなぜダメと言われるの?

妊婦さんは体調管理が大切。さらに食事にも制限がつきます。

お寿司は食べてはいけないと言われることも少なくありません。

でも、その理由をしっかりと理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。

ここでは、妊娠中にお寿司を食べることがなぜダメと言われるのか、その理由について詳しく解説していきます。

妊娠中は免疫力が低下している

妊娠中は、体の中で胎児が成長するために、母体の免疫力が低下する傾向にあります。

特に妊娠初期は、ホルモンバランスの変化によって免疫力の低下が顕著になります。

この時期に生魚を食べると、細菌や寄生虫による食中毒のリスクが高まってしまうのです。

例えば、リステリア菌は妊婦の感染率が高く、流産や早産、死産などの原因になることがあります。

また、ノロウイルスは胃腸炎を引き起こし、脱水症状から母子ともに危険な状態に陥ることがあります。

さらに、アニサキスは生魚に寄生することがあり、胃の痛みや吐き気、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

このように、妊娠中は免疫力が低下しているために、お寿司に含まれる細菌や寄生虫が体内で増殖しやすくなり、食中毒のリスクが高まるのです。

胎児への影響も大きいため、生魚を避けることが望ましいと言えるでしょう。

高濃度のメチル水銀は胎児への影響が大きい

お寿司によく使われるネタの中には、高濃度のメチル水銀を含むものがあります。

特に、クロマグロやメバチマグロ、キンメダイなどの大型魚は、メチル水銀が蓄積されやすい傾向にあります。

メチル水銀は、胎児の中枢神経系の発達に悪影響を及ぼすことが知られています。

具体的には、妊娠中にメチル水銀を多く摂取すると、胎児の脳の発達が妨げられ、神経障害や発達障害のリスクが高まると言われています。

特に妊娠初期は、胎児の中枢神経系が発達する重要な時期であるため、メチル水銀の影響を受けやすいのです。

妊娠中は、1週間あたりのメチル水銀摂取量を制限することが推奨されています。

国内では、妊婦の1週間あたりの摂取量を2.0μg/kg体重以下とすることが目安とされています。

大型魚を多く食べると、この上限値を超えてしまう可能性があるため、注意が必要です。

お寿司を食べる際は、メチル水銀の含有量が少ない小型魚を選ぶことが望ましいでしょう。

また、マグロなどの大型魚は、妊娠中の摂取量を控えめにすることが大切です。

胎児の健康を守るためにも、メチル水銀の摂取量に気を付けましょう。

ビタミンAの過剰摂取は胎児への影響が大きい

妊娠中のビタミンAの過剰摂取は、胎児の発育に悪影響を及ぼす可能性があります。

お寿司のネタの中には、ビタミンAを多く含むものがあるため、注意が必要です。

特に、ウナギやアナゴは、ビタミンAの含有量が非常に高いことで知られています。

ビタミンAは、胎児の正常な発育に欠かせない栄養素ですが、過剰に摂取すると、逆に胎児に悪影響を及ぼすことがあります。

具体的には、器官形成異常や奇形のリスクが高まると言われています。

妊娠初期は、胎児の器官が形成される大切な時期であるため、ビタミンAの過剰摂取による影響を受けやすいのです。

妊娠中のビタミンAの推奨摂取量は、1日あたり2,500IU程度とされています。

ウナギやアナゴは、この推奨量の数倍のビタミンAを含んでいることがあります。

そのため、妊娠中はウナギやアナゴの摂取量を控えめにすることが大切です。

ビタミンAは、胎児の健康にとって重要な栄養素ですが、過剰摂取には注意が必要です。

お寿司を食べる際は、ビタミンAの含有量が高いネタを避け、バランスの取れた食事を心がけましょう。

体調に合わせて、医師や栄養士に相談することも大切です。

妊婦さんも食べたい!問題なく楽しめる寿司ネタは?

妊婦さんは食べ物の制限が多いもの。

とは言っても、実は妊娠中でも安心して食べられるお寿司のネタはたくさんあるんです。

ここでは、妊娠中でも問題なく楽しめるお寿司のネタについて紹介していきます。

加熱されたネタ

妊娠中でも安心して食べられるお寿司のネタとして、加熱されたものがおすすめです。

加熱することで、細菌や寄生虫が死滅するため、食中毒のリスクを大幅に減らすことができます。

具体的には、エビ、タコ、ウナギ、アナゴなどが加熱されたネタとして人気です。

エビは、ビタミンやミネラル、タンパク質が豊富に含まれており、妊娠中の栄養補給に適しています。

また、タコは低カロリーでありながら、鉄分やビタミンB12が豊富に含まれています。

ウナギやアナゴは、ビタミンAが多く含まれているため、摂取量に注意が必要ですが、適量であれば妊娠中でも食べることができます。

加熱されたネタは、生のネタに比べて食感が変わることがありますが、食べ方を工夫することで美味しく楽しむことができます。

例えば、エビは天ぷらにしたり、タコは柔らかく煮たりすることで、食べやすくなりますし、ウナギやアナゴは、蒲焼きにすることで、香ばしい風味を楽しむことができます。

妊娠中でも、加熱されたネタを選ぶことで、お寿司を安心して楽しむことができます。

栄養バランスに気を付けながら、自分の好みに合ったネタを見つけてみてはいかがでしょうか。

魚介類以外のネタ

妊娠中は、魚介類以外のネタを選ぶことでも、お寿司を安心して楽しむことができます。

代表的なものとして、カッパ巻き、かんぴょう巻き、納豆巻き、卵焼きなどがあります。

これらのネタは、生ものを使用していないため、食中毒のリスクが低いと言えます。

カッパ巻きは、きゅうりを酢飯で巻いただけのシンプルなお寿司ですが、さっぱりとした味わいが特徴です。

かんぴょう巻きは、干し瓢を甘辛く煮たものを酢飯で巻いたお寿司で、コリコリとした食感が楽しめます。

納豆巻きは、納豆の粘り気とネバネバ感が味わえる一品です。

卵焼きは、甘みのある味わいが特徴で、お子様にも人気のネタです。

これらの魚介類以外のネタは、栄養面でも優れています。

きゅうりには、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれており、むくみ防止や便秘解消に役立ちます。

かんぴょうには、カリウムや食物繊維が多く含まれており、血圧の安定化や腸内環境の改善に効果的です。

納豆は、タンパク質や食物繊維、ビタミンK2が豊富に含まれており、骨の健康維持に役立ちます。

卵焼きには、良質なタンパク質が含まれており、胎児の成長に欠かせない栄養素です。

妊娠中は、魚介類以外のネタを上手に取り入れることで、バランスの取れた食事を楽しむことができます。

季節の野菜を使ったお寿司や、ヘルシーなネタを選ぶことで、妊娠中の体調管理にも役立ちます。

【結論】選び方や量を守れば食べてOK!

妊娠中でも、お寿司を安心して楽しむことができます。

加熱したものや、魚介類以外のネタを選ぶことで、食中毒のリスクを減らすことができます。

また、水銀やビタミンAの多い魚は、妊娠中の摂取量を参考に、量を調整することが大切です。

妊婦さんの周囲にいる人たちも、この機会に栄養バランスに気を配って、妊婦さんと一緒の食事にするのも良いでしょう。

妊娠中は、バランスの取れた食事を心がけ、栄養士や医師に相談しながら、お寿司を上手に取り入れていくことが望ましいです。

お寿司屋さんに行く際は、お店の衛生管理に気を配ることも大切です。

新鮮なネタを提供しているお店を選び、できるだけ注文してから提供されるお寿司を選ぶと良いでしょう。

また、自宅でお寿司を楽しむ場合は、衛生的な環境で調理することを心がけましょう。

妊娠中でも、お寿司の選び方や量に気を付けることで、安心して美味しく楽しむことができます。

妊婦さんと寿司を食べる際の注意点

妊婦さんが寿司を食べることは、完全にNGではありません。

注意点を守れば、妊娠中でも寿司を楽しむことができるのです。

ここでは、妊娠中に寿司を食べる際に気を付けたいポイントを詳しく解説します。

信頼できるお店を選ぶ

妊娠中に寿司を食べる際は、衛生管理が徹底されている信頼できるお店を選ぶことが何よりも大切です。

特に回転寿司では、新鮮なネタを使用しているかどうかがポイントになります。

回転レーンを何周もしている寿司は避け、新しく注文した寿司を選ぶようにしましょう。

また、店内の清潔感や従業員の衛生管理にも注意を払うことが重要です。

手洗いや調理器具の消毒などが適切に行われているかを確認し、少しでも不安を感じたら別のお店を選ぶようにしましょう。

妊娠中は食中毒のリスクが高まるため、安全性を最優先に考えることが大切なのです。

自宅でも工夫して楽しむ

外食が不安な場合、自宅で寿司を楽しむのもおすすめです。

自宅なら、使用する食材や調理環境を自分でコントロールできるため、安心して寿司を食べることができます。

加熱調理した海老やサーモン、卵焼きなどを用意し、酢飯と組み合わせれば、美味しい寿司が完成します。

ネタを加熱することで、食中毒のリスクを大幅に減らすことができるのです。

また、ネタの代わりに野菜を使ったベジタリアン寿司を作るのもおすすめです。

アボカドやキュウリ、人参などを巻いた寿司は、見た目も鮮やかで栄養バランスも良いですよ。

家族みんなで準備すれば、楽しいひと時が過ごせませますね。

医師や助産師に相談する

妊娠中の寿司について不安がある場合は、躊躇せずに医師や助産師に相談するのが賢明です。

専門家からアドバイスを受けることで、妊婦さんに合った食事の取り方がわかります。

特に、生ものを大量に食べてしまった後に体調が悪くなった場合は、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

下痢や嘔吐などの症状が出た場合は、食中毒の可能性があります。

早期発見・早期治療が何よりも大切なので、少しでも異変を感じたら速やかに受診することが重要です。

妊婦さんご自身だけでなく、周囲の方も気づいたらすぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

【妊娠中×お寿司】よくある質問

妊娠中の寿司に関する疑問や不安を抱えている方は多いでしょう。

ここでは、妊娠中の方からよく寄せられる質問に答えていきます。

妊娠中の寿司に関する正しい知識を身に付けて、妊婦さん生活を送りましょう。

Q. 妊娠超初期に生ものを食べてしまったらどうすればいい?

妊娠に気づかずに生ものを食べてしまったという妊婦さんも少なくありません。

そのような場合、まずは落ち着いて体調の変化に注意しましょう。

もし、腹痛や嘔吐、脱水などの症状が現れたら、すぐに医療機関を受診することが大切です。

食中毒の可能性があるため、早期発見・早期治療が何よりも重要なのです。

また、体調に変化がなくても不安を感じる場合は、医師に相談してみるのがおすすめです。

専門家からアドバイスを受けることで、安心して妊娠生活を送ることができます。

妊娠初期は特に食中毒のリスクが高まる時期なので、生ものは控えめにすることが賢明です。

ただし、一度の食事で大きな影響が出ることは稀なので、過度に心配する必要はありません。

正しい知識を身に付けて、冷静に対処することが大切ですよ。

Q. 妊娠後期なら妊婦さんと寿司を食べても大丈夫?

妊娠後期でも、生ものを避け、加熱されたネタを選ぶことが推奨されています。

妊娠後期は胎児の成長が著しい時期なので、安全性を最優先に考える必要があるのです。

特に、水銀やビタミンAが多く含まれる魚介類は避けるようにしましょう。

また、妊娠後期は体重管理も重要なポイントになります。

寿司は白米が多く使われているため、食べ過ぎには注意が必要です。

適量を心がけ、バランスの取れた食事を心がけましょう。

外食する際は、信頼できるお店を選ぶことも大切です。

衛生管理がしっかりしているお店なら、安心して寿司を楽しむことができますよ。

葉酸が多い寿司ネタはありますか?

葉酸は胎児の正常な発育に欠かせない栄養素で、妊婦さんが摂りたい栄養素の一つです。

寿司ネタの中では、ウニやホタテに比較的多くの葉酸が含まれています。

ただし、生のウニやホタテは避け、必ず加熱したものを選ぶようにしましょう。

加熱することで、食中毒のリスクを大幅に下げることができます。

また、寿司に欠かせない海苔にも葉酸が豊富に含まれています。

焼き海苔を巻いた巻き寿司は、栄養バランスが良いのでおすすめです。

ネタは十分に火を通し、調理器具は清潔に保つようにしましょう。

工夫次第で、妊娠中でも美味しく安全に寿司を楽しむことができますよ。

まとめ

妊娠中の方がお寿司を食べる際に注意が必要です。

免疫力の低下や、メチル水銀・ビタミンAの過剰摂取などのリスクがあるため、生ものは避けて加熱したネタを選ぶことが推奨されます。

魚介類以外のネタや、エビ・タコなどの加熱されたネタであれば、安心して楽しめるでしょう。

量を守り、信頼できるお店で食べることも大切ですね。

自宅でも工夫次第で安全にお寿司を楽しめます。

不安があれば、医師や助産師に相談するのがベストです。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<
タイトルとURLをコピーしました