PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

授乳中に飲んで大丈夫なお酒なんてあるの!?なんでお酒はダメなの?

ALLジャンル

新たな命を産んだあなた、その喜びと共に授乳期間の大変さも経験していることでしょう。

そんな中、ふと「ちょっとだけリラックスしたいな…」と、お酒を飲みたくなる瞬間が訪れるかもしれません。

しかし、「授乳中にお酒を飲んで大丈夫なの?」と、不安に思うママもいらっしゃるはず。

私自身もその一人でした。

そこで今回は、授乳中のお酒について調査してみました。

お酒が母乳にどのような影響を与えるのか、また飲むならどのお酒が良いのか、さらには飲酒後の授乳タイミングはどうすべきなのか…。

一緒に見ていきましょう。

授乳中のお酒の影響

皆さん、「授乳中にお酒は飲んでも大丈夫なの?」と疑問に思ったことはありませんか?授乳期間は、ママたちにとって自分の体だけでなく、赤ちゃんの体にも影響を及ぼす可能性があるため、特に気をつけたい時期ですよね。

まずは、お酒がどのように母乳に影響を及ぼすのか、そのメカニズムを見ていきましょう。

母乳に移行するアルコール

なんと、アルコールは摂取すると急速に母乳へ移行するんです。

お酒を飲んだ後、そのアルコールがどれほど速く母乳に移行するか、ちょっとビックリしますよね!

さらに、母乳に含まれるアルコール濃度は、ママの血中濃度とほぼ同じとされています。

つまり、ママがお酒を飲むと、そのアルコールがそのまま母乳に移行し、赤ちゃんに与えられる可能性があるのです。

赤ちゃんへの影響

そして、何より心配なのが赤ちゃんへの影響ですよね。

「赤ちゃんがアルコールを取り入れてしまうの?」と、思われるかもしれませんが、残念ながらその可能性はあります。

特に、大量のアルコールを摂取した後に授乳をすると、赤ちゃんが傾眠状態になる可能性があると言われています。

妊娠中のチーズ選び!安全な種類と注意点
妊娠中に安全にチーズを楽しむ方法について解説します。栄養豊富なチーズの選び方と、避けるべき種類の知識を提供し、あなたの妊娠生活を支援します。
このような影響を考えると、授乳中のお酒は慎重になるべきだと感じますよね。

授乳中に飲めるお酒の選び方

授乳中でも飲むことができるお酒、あるのでしょうか?あるとしたら、どんなお酒がいいのでしょうか?授乳中のママたちの心の中には、そんな疑問がきっと渦巻いていますよね。

私もそうでした。

でも、安心してください。

授乳中でも飲むことができるお酒は「ある」んです!

低アルコール飲料の利用

まず、私がオススメするのは「低アルコール飲料」です。

特に2%程度の低アルコール飲料がベスト。

アルコール度数が低ければ低いほど、体内でアルコールが分解される時間も短くなるからです。

お酒を飲んだあと、授乳までの時間を最小限にしたいなら、低アルコール飲料がおすすめですよ!

ノンアルコール飲料の活用

そして、次にオススメするのが「ノンアルコール飲料」です。

これならアルコール0.00%!だから、赤ちゃんへの影響を一切気にすることなく、お酒を楽しむことができます。

ストレス発散に、飲酒気分を味わいたいときに、ノンアルコール飲料は大活躍しますよ。

安心して授乳中も楽しめる、まさにママの味方ですよね!

授乳中の飲酒の注意点

お待たせしました!今回は、ママたちが気になる「授乳中の飲酒」についての注意点をお伝えします。

これから紹介するポイントを押さえて、お子様との大切な授乳時間を守りつつ、ママ自身のリフレッシュタイムも大切にしてくださいね。

飲酒後の授乳タイミング

まず大切なのが「飲酒後の授乳タイミング」です。

お酒を飲んだ後、体内でどのくらいの時間でアルコールが分解されるのか知っていますか?実は、

飲酒後30〜90分で血中アルコール濃度が最大になるんです。

つまり、この時間帯は授乳を避けるべき・・・ということになりますね。

でも、待てよ!30〜90分って、赤ちゃんのおっぱいタイムとかぶることもあるかもしれない・・・そんな時はどうしたらいいの??大丈夫、安心してください。

アルコールは体内で自然と分解されますから、その「分解されるまで」授乳を避ければOKなんです。

適度な飲酒量と頻度

次に気をつけたいのが「適度な飲酒量と頻度」。

授乳中でも、授乳間隔や量をきちんと計算すれば多少のお酒を飲むことは可能なんです。

ただし、ここで言う「適度な飲酒量と頻度」とは、一体どのくらいなのでしょうか?

これはママそれぞれの体調や体質、また赤ちゃんの授乳間隔などによります。

無理に我慢する必要はありませんが、「適切なお酒との付き合い方」を心がけて、リフレッシュタイムを楽しみましょう!

以上、「授乳中の飲酒の注意点」についてお伝えしました。

ママたちが健やかな母乳育児を送れるよう、お酒との上手な付き合い方を身につけてくださいね。

次回も、皆さんの母乳育児ライフを応援する情報をお届けします!

まとめ

新たな命を育む喜びとともに、我慢しなければならないことも多い授乳期間。

しかし、知識を持つことで、それらの制約も少しは楽になるはずです。

授乳中のお酒の影響について理解し、適切な選択をすることで、赤ちゃんに影響を与えずに自分自身のリフレッシュも大切にしましょう。

低アルコール飲料やノンアルコール飲料を上手に活用し、飲酒後の授乳タイミングを理解し、適度な飲酒量と頻度を守ることが求められます。

私たちの日々の選択が、赤ちゃんの健やかな成長を支えるのです。

私の記事が、皆さんの授乳生活に少しでも役立つことを願っています。

このサイトには、さらに詳しい情報がたくさん掲載されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました