PR
◆ステマ規制にもとづく表示◆    

当サイトは記事および固定ページ内に「アフィリエイト(成果報酬型)広告」「純広告(広告費用を頂いて掲載するもの)」「アドセンス広告(クリック報酬型)」等の広告・案件を含むことがあります。2023年10月1日からはじまった消費者庁による「ステマ規制」にあわせ、広告は「広告です」としっかり表記できるサイトづくりをおこなっています。もし万が一問題のある表記がございましたら、お手数ですがお問い合わせページよりお知らせください。ASP・案件元の方は、このようにステマ規制や優良誤認等の対策も可能な編集部となっておりますので、安心してご依頼お待ちしております!

【#妊娠中のお茶】飲んでOK?注意点は?徹底解説

ALLジャンル

妊娠中も美味しくリラックスできるお茶タイム、でもちょっと不安になっちゃいますよね。

カフェインが気になるのはもちろん、妊娠中はどのお茶が安全なのか、疑問がわいてきます。

そこでこの記事では、妊娠中に飲んでOKなお茶の選び方や注意点について詳しく解説していきます。

お茶好きなプレママも、これを読めば安心して楽しめるはずですよ。

【こやま園】の公式サイトはこちら

妊娠中のお茶は飲んでも大丈夫?

妊娠中は胎児のために普段以上に健康管理に気を遣う時期です。

そんな中で、お茶を飲むことは問題ないのでしょうか。

お茶は日本人にとって身近な飲み物であり、リラックス効果や健康効果も期待できるため、妊娠中も飲みたいと考える方は多いかもしれません。

ここでは、妊娠中のお茶についての疑問や注意点を詳しく解説していきます。

妊娠中もお茶は飲んでOK!

妊娠中は胎児に悪影響を及ぼす可能性のあるものを避けるべきです。
お茶に関しては適量であれば問題ありません。

むしろ、お茶に含まれる成分によって、妊婦さんの体調管理に役立つ効果も期待できるのです。

例えば、お茶に含まれるテアニンには、リラックス効果やストレス軽減効果があるとされています。

妊娠中は心身ともに不安定になりがちですが、お茶を飲むことでリラックスできれば、母体にも胎児にも良い影響を与えられるでしょう。

また、お茶に含まれるビタミンやミネラルは、妊娠中に不足しがちな栄養素を補ってくれる働きもあります。

ただし、飲み過ぎには注意が必要です。

適量を心がけ、体調と相談しながら飲むようにしましょう。

妊娠中に安心して飲めるお茶

妊娠中は胎児への影響を考慮して、カフェインの摂取量を控えめにする必要があります。

そのため、カフェインを含まないお茶を選ぶのがおすすめです。

例えば、麦茶やたんぽぽ茶、なたまめ茶などは、妊娠中でも安心して飲むことができます。

これらのお茶は、カフェインを含まないだけでなく、体を温める効果や、むくみを解消する効果も期待できます。

特に麦茶は、妊娠中の水分補給に最適です。

ミネラルやビタミンB群が豊富に含まれており、体調管理に役立ちます。

たんぽぽ茶は、利尿作用があるため、むくみ解消に役立ちます。

なたまめ茶は、ノンカフェインでありながら、風味豊かで香ばしいお茶です。

栄養素も豊富で鉄や亜鉛、マグネシウムなどのミネラル類だけでなく、良質のたんぱく質を含んでおり、血行や水分の代謝を促進してくれます。

妊娠中の気分転換にぴったりでしょう。

【こやま園】の公式サイトはこちら

妊娠中に避けたいお茶

一方で、妊娠中は避けたほうが良いお茶もあります。

その代表格が、カフェイン入りのお茶です。

紅茶や緑茶、ウーロン茶などは、カフェインを含んでいるため、多量に摂取すると胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。

妊娠中のカフェイン摂取量は、1日200mg以下に抑えるのが望ましいとされています。

カフェイン入りのお茶を飲む場合は、1杯あたりのカフェイン量を把握し、摂取量を調整することが大切です。

また、ハーブティーの中にも、妊娠中に避けたほうが良いものがあります。

例えば、ペパーミントやローズヒップ、ラズベリーリーフなどは、子宮収縮作用があるとされているため、摂取量に注意が必要です。

ハーブティーを飲む際は、原材料をチェックし、安全性の高いものを選ぶようにしましょう。

心配な場合は、医師や助産師に相談することをおすすめします。

妊娠中の水分摂取の基本

妊娠中は体の変化に伴い、水分の必要量が増えるため、積極的に水分補給を行うことが大切です。

しかし、飲み方を間違えると、かえって体に負担をかけてしまうこともあります。

ここでは、妊娠中の水分摂取の基本について解説します。

正しい知識を身につけて、健やかな妊娠生活を送りましょう。

こまめに水分補給を行う

妊娠中は、体の水分量が増加するため、こまめな水分補給が欠かせません。

特に妊娠後期は、胎児の成長に伴って母体の水分需要が高まるため、意識的に水分を摂る必要があります。

ただし、一度に大量の水を飲むと、体に負担がかかってしまいます。

急激な水分摂取は、胃腸への負担が大きく、むくみや不快感の原因にもなります。

また、夜間のトイレが増えて睡眠の質が低下することも。

そのため、妊娠中は、ゆっくりと少量ずつ、こまめに水分を摂ることが大切です。

目安としては、1日に1.5〜2リットルの水分を、朝昼晩の食事時や間食時に分けて摂取するのがおすすめです。

喉が渇いていなくても、意識的に水分補給を心がけましょう。

ただし、飲み過ぎにも注意が必要です。

体に負担をかけないよう、自分のペースで無理なく水分を摂ることが肝心です。

体の冷やしすぎは避ける

妊娠中は、体温調節機能が低下するため、体を冷やしすぎないように注意が必要です。

特に妊娠初期は、ホルモンバランスの変化により、体温が不安定になりやすい時期です。

冷たい飲み物を摂り過ぎると、体を冷やしてしまい、胎児にも悪影響を及ぼす可能性があります。

また、冷えは血行不良を招き、むくみやだるさの原因にもなります。

そのため、妊娠中は、常温または温かい飲み物を選ぶのがおすすめです。

特に水分補給の中心となる白湯やお茶は、体を温める効果が期待できます。

暑い季節は、つい冷たい飲み物を飲みたくなりますが、氷を入れすぎたり、冷蔵庫で長時間冷やしたりするのは避けましょう。

飲み物の温度は、体温に近い35〜40度程度が理想的です。

体を冷やさないよう、飲み方にも気をつけることが大切ですね。

果物やスープでも水分を摂る

妊娠中は、お茶以外にも、果物やスープなどの水分を多く含む食品を積極的に摂ることをおすすめします。

果物は、水分だけでなく、ビタミンやミネラル、食物繊維など、妊娠中に必要な栄養素が豊富に含まれています。

特にスイカやメロン、ぶどうなどの果物は、水分量が多いので、夏場の水分補給に最適です。

また、果物に含まれるクエン酸は、疲労回復効果があるので、妊娠中の体調管理にも役立ちます。

スープは、野菜や肉、魚介類など、さまざまな食材の栄養が摂れる上に、水分補給にも最適な食品です。

また、体を温める効果もあるので、冷え性の改善にも役立ちます。

ただし、塩分の取り過ぎには注意が必要です。

薄味を心がけ、毎日の食事に上手に取り入れましょう。

妊娠中のお茶摂取で注意したい成分は?

妊娠中は体調管理が何より大切ですが、お茶を飲む際にも気をつけたい成分があります。

お茶に含まれる成分の中には、赤ちゃんの健康に影響を及ぼす可能性があるものもあるのです。

そこで、妊娠中のお茶摂取で注意したい代表的な成分について詳しく解説していきましょう。

カフェイン

カフェインは、コーヒーやお茶、コーラなどに含まれる覚醒作用のある成分です。

妊娠中のカフェイン摂取は、胎児の心拍数を上昇させたり、体重増加を抑制したりする可能性があります。

また、カフェインの過剰摂取は流産のリスクを高めるとの研究結果もあります。

妊娠中は1日200mg以下のカフェイン摂取に留めるのが望ましいとされています。

紅茶や緑茶などのカフェイン含有量は、1杯あたり30〜60mg程度なので、1日3〜4杯程度までなら問題ありません。

ただし、個人差もあるので、体調に合わせて調整することが大切です。

デカフェ茶やノンカフェインのお茶を選ぶのもおすすめです。

タンニン

タンニンは、お茶の渋み成分として知られるポリフェノールの一種です。

タンニンには、抗酸化作用や抗菌作用などの健康効果がありますが、過剰摂取は鉄分の吸収を阻害してしまう可能性があります。

妊娠中は貧血になりやすいため、鉄分の吸収を妨げるタンニンの摂りすぎには注意が必要です。

また、タンニンは胃酸の分泌を促進するので、つわりの時期や胃痛がある場合は避けた方が無難でしょう。

タンニンを多く含むお茶としては、紅茶や烏龍茶が挙げられます。

妊娠中は1日1〜2杯程度にとどめ、濃い目のお茶は控えめにするのがポイントです。

ポリフェノール

ポリフェノールは、お茶に含まれる代表的な機能性成分で、抗酸化作用や抗炎症作用などの健康効果が注目されています。

特に緑茶に多く含まれるカテキンは、がん予防や生活習慣病の予防に役立つとされています。

妊娠中も適量のポリフェノール摂取は、母体と胎児の健康維持に好影響を与えるでしょう。

ただし、妊娠後期の過剰摂取には注意が必要です。

動物実験では、妊娠後期のポリフェノールの過剰摂取が、胎児の動脈管早期収縮を引き起こす可能性が指摘されているのです。

妊娠後期は、ポリフェノールの豊富な濃い目のお茶は控えめにし、ほどほどの量を心がけましょう。

【妊婦さん×お茶】よくある質問

妊娠中のお茶の飲み方について、妊婦さんの間でもよく疑問や不安の声が聞かれます。

お茶は日常的に飲む飲み物だからこそ、安全性が気になるところですよね。

ここでは、妊婦さんがお茶について抱きがちな3つの質問にお答えしていきます。

Q. カフェインレスのお茶はすべて安心して飲めますか?

カフェインレスのお茶は、妊娠中の水分補給に適していますが、すべてのお茶が安心できるわけではありません。

中には、ハーブティーの中でも妊娠中に避けた方が良いものがあるのです。

例えば、ペパーミントやローズヒップ、ラズベリーリーフなどは、子宮収縮作用があるとされており、特に妊娠後期は控えめにした方が無難です。

また、エキナセアやカモミールなどは、アレルギー反応を引き起こすリスクがあります。

自分の体質に合わないお茶は、妊娠中でなくても避けるべきでしょう。

カフェインレスでも、原材料や飲む量には気をつけたいですね。

心配な場合は、かかりつけの産婦人科医や助産師に相談して、安心できるお茶を選ぶのがおすすめです。

Q. カフェイン入りのお茶を飲むと胎児に影響はある?

カフェイン入りのお茶を飲むことで、胎児への影響が気になるママも多いでしょう。

実際、カフェインの過剰摂取は、胎児の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

具体的には、カフェインの刺激で一時的に胎盤の血管が収縮し、胎児への酸素や栄養の供給が減少するのです。

また、胎児の心拍数が増加したり、胎動が活発になったりすることもあります。

ただし、これらの影響は一時的なもので、適量のカフェイン摂取であれば心配ありません。

問題なのは、妊娠中にカフェインの過剰摂取が継続することです。

すると、胎児の発育不全や低体重児のリスクが高まるといわれています。

妊娠中のカフェイン摂取量は、1日200mg以下にとどめるのが賢明です。

不安を感じたり、体調の変化があったりする場合は、産婦人科で相談しましょう。

Q. お茶の飲み過ぎが原因で貧血になることはある?

妊娠中は貧血になりやすいので、お茶の飲み過ぎで貧血が悪化するのでは?と心配する妊婦さんもいるかもしれません。

確かに、お茶に含まれるタンニンやカフェインには、鉄分の吸収を阻害する働きがあります。

しかし、適量のお茶であれば、貧血の原因になることはほとんどありません。

問題は、濃い目のお茶を大量に飲み続けることです。

例えば、1日1リットル以上の濃い緑茶を飲み続けると、鉄分の吸収率が下がり、貧血のリスクが高まります。

また、食事と一緒にお茶を飲むと、タンニンが食事中の鉄分と結合して吸収を妨げてしまうので、食事中のお茶は控えめにするのが良いでしょう。

普段から貧血気味の妊婦さんは、お茶の飲み方には気をつけたいですね。

1日の摂取量を調整し、食事の1時間以上前後を避けてお茶を楽しむのがおすすめです。

まとめ

妊娠中のお茶について、飲み方や注意点を確認してきました。

基本的に、ノンカフェインのお茶を選べば心配ありません。

麦茶やたんぽぽ茶、なたまめ茶などがおすすめですよ。

一方で、カフェインの入ったお茶は控えめにすることが大切。

1日のカフェイン摂取量は200mg以下を目安にしましょう。
また、お茶以外の水分補給も大切です。

こまめな水分補給を心がけ、果物やスープなども積極的に取り入れると良いでしょう。

お茶の成分については、カフェインやタンニン、ポリフェノールなどに注意が必要。

適量なら嬉しい働きもありますが、とくに妊娠後期の過剰摂取は避けましょう。

心配なことがあれば、かかりつけ医や助産師に相談してくださいね。

当サイトでは、妊娠・出産のお悩みについて様々な記事を用意しています。

ぜひチェックしてみてください。

 

\プレママ・新人ママ絶対みて!/
使ってよかった!
ママをもっと楽しめる!!
特集記事【ママの味方になるサービス大集合】


<こんなサービス紹介中>

お子様向け冷凍宅配食事サービス

3歳でIQを140以上に育てる幼児教育
その他随時更新中! 


>>【記事&コメントを読むにはこちら】<<

タイトルとURLをコピーしました